Event is FINISHED

ウォールストリートジャーナルが2日で読めるようになる方法

Description
洋書やウォールストリートジャーナルが2日で読めるなんて
【そんな訳ないでしょう】と思いませんでしたか?

今や「英語ができない」というのは「パソコンが使えない」のと同じになってしまいました。

「英語業務」はもはや特別な人がやることではありません。そしてお気づきかもしれませんが、「グローバル人材」はウォール・ストリート・ジャーナルを駆使して仕事をしています。
「グローバル人材」は年収が200万円高いのです。(統計出所JAC)

だから、もしそれが本当だとしたら聴いてみる価値はあると思いませんか?英語学習には根性・精神論が溢れています。6ヶ月、1万語、一年間、熱血、深夜、1000時間など。

たとえば、こんな塾や勉強法もありますね。
根性・精神論に惑わされて、完璧主義にはまって、あれもこれも徹底してやらねばならぬと思い込み何年間も自爆する人、目標を見失う人、涙する人は多いです。

仕事のための英語を、最速で、しかも楽しく勉強できないか?
英語も重要だが、仕事の中身の方が重要。そちらに時間をかけたい、というのが本音です。

所詮、英語はツールです。英語学習よりも仕事で実績を上げるのが本筋です。「これさえ勉強すれば、英語が理解できる方法」はないのでしょうか?

誰もがそう思いますが、そのような方法は今まで開発されませんでした。

ところがTORAELではほぼ全員2日でウォール・ストリート・ジャーナルを読めるようになっています。
なぜ突然「2日でウォール・ストリート・ジャーナルが読めるようになる方法」が実現したのでしょうか?
今回、英会話バーLanCulはTORAEL代表の竹末研一さんをお招きし、この驚きのメゾット「ウォールストリートジャーナルが2日で読めるようになる方法」のダイジェストをあなたにお伝えします。

【講師】TORAEL代表 竹末研一
大阪大学および同大学院卒。幼少期をインターナショナル・スクールの多言語環境(英語、アラビア語、タイ語、中国語)にて過ごす。大学・大学院で世界最速のスーパー・コンピューターによる科学技術計算(数値流体力学)。大企業(JAL)にて英語を用いた巨大システム統計分析と数十億円規模の海外契約業務(米国,ドイツ,アイルランド,中国)を実施。その経験を生かしてコンピューター言語解析(iPhone Siriの技術)を用いた英語最速理論®を確立し日本人ビジネスマンが最短2日でウォール・ストリート・ジャーナルを読めるようになる講座を開発し『最速理論で、世界をとらえる。』TORAEL®を創業。これまでに数百人が学ぶ。ウォール・ストリート・ジャーナル東京総局長やThe Economist東京支局長とも対談。

Event Timeline
Wed Nov 13, 2013
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
英会話バーLanCul (ランカル)
Tickets
一般 ¥5,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-26-25 アーロム下北沢B1F Japan
Organizer
英会話バー&カフェLanCul (ランカル)
656 Followers