Event is FINISHED

雷ストレンジャーズ 演劇ジェット紀行 オーストリア編「緑のオウム亭ー1幕のグロテスク劇ー」

Description
出演
浅井伸治(劇団チョコレートケーキ)、廣田高志(文学座)、辻しのぶ、伊東弘美、氏家恵、霜山多加志(雷ストレンジャーズ)、松村良太(雷ストレンジャーズ)、今井勝法(theater045syndicate)、白川哲次、山形敏之(劇団銅羅)、五十嵐優、永田正行、田村往子、佐藤ばびぶべ、古屋友樹
脚本
アルトゥル・シュニッツラー
三輪玲子
上演台本・演出
小山ゆうな
サイト
http://kamist.main.jp/

ー物語ー
1789年7月14日、バスティーユ襲撃の夜、パリの地下酒場『緑のオウム亭』では、奇妙な即興芝居が客に供されている。芝居に登場するのは、詐欺師、泥棒、人殺し……見物人は、怖いもの見たさで興味津々の貴族の常連客。外界に迫りくる現実から隔離された地下室内で、スリリングでリアルすぎる「犯罪人ごっこ」に興じているだけだったはずが、いつしか誰もが芝居と現実の境界を見失い、やがて、外では革命が、そして中では……<三輪玲子>
ー作者【アルトゥル・シュニッツラー】ー
ウィーンのユダヤ系医師の息子として生まれ、自らも医師から転身した劇作家・小説家、アルトゥル・シュニッツラー(Arthur Schnitzler 1862-1931)。緻密に心理を浮かび上がらせてタブーに触れる革新的作風で一世を風靡した。『緑のオウム亭』(1899年)は、当時、ウィーン上流階級の退廃を揶揄したものとして検閲の不興を買い、代表戯曲『輪舞』(1900年)も風俗を乱すものとして上演・出版禁止となった。 <三輪玲子>
ー助成ー
芸術文化振興協会
ー後援ー
オーストリア大使館
スタッフ
美術:大島広子 衣裳:樋口藍 照明:成瀬一裕 音響:川崎理沙 舞台監督:高橋良直  
ドラマトゥルク:庭山由佳 制作:高橋俊也(THEATRE-THEATER) 宣伝美術:相澤竹夫 宣伝美術(イラスト):筧 昌也

主催
有限会社パレナージュ

Fri Mar 3, 2017
3:00 PM - 4:45 PM JST
Add to Calendar
Venue
小劇場B1
Tickets
前売り 一般 SOLD OUT ¥4,300
前売り 学生 SOLD OUT ¥2,800
前売り 高校生以下 SOLD OUT ¥1,500
Venue Address
日本, 〒155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目8−18 Japan
Organizer
雷ストレンジャーズ kaminaristrangers
95 Followers