Event is FINISHED

ワリス・ノカン、チェン・ユーチン、高山明 / Port B『北投/東京 ヘテロトピアが交わる場所』

Description
*開始・終了時間が連日異なる場合がありますので、ご注意下さい。
システムの都合上23時終了と表示されておりますが、公演は各回約2時間(最終日は約2時間半)を予定しています。

北投と東京、二つの異郷と複数の物語が交錯する 3晩の朗読とレクチャーパフォーマンス

Port Bが2013年に発表したツアーパフォーマンスを発展させ続け、2015年に演劇アプリとしてリリースした「東京ヘテロトピア」。現在19箇所の訪問地に増殖し、東京における「アジア」の歴史が複層的に浮かび上がる演劇的仕掛けだ。

その台北バージョンとして台湾国際ビデオアート展の一環で制作されたバイクタクシーツアー「北投ヘテロトピア」では、かつて日本統治時代に開発された温泉地を舞台に、台湾原住民文学を代表するワリス・ノカンと、台湾の新世代文学の旗手・チェン・ユーチン、そして日本から作家の管啓次郎と温又柔が合わせて7つのテキストを執筆。現在も連日上演が続けられ話題を集めている。
今回、ワリス・ノカンとチェン・ユーチンがあらたに東京を訪れ「東京ヘテロトピア」の新訪問地のテキストを執筆・発表するのに合わせ、文学と演劇、東京と北投が交わる3晩の異なるプログラムが開催される。そこに通底するのは、高山自身が問いかける演劇論/劇場論だ。演劇史を遡り、メディアとしての演劇/劇場の未来が、レクチャーパフォーマンス形式で語られることになるだろう。


【各回内容】
1月27日(金) 19:00開演
・チェン・ユーチン 『老兵ポケモンGO』と東京ヘテロトピア作品朗読+温又柔による日本語訳の朗読
・高山明 レクチャーパフォーマンス

1月28日(土) 17:00開演
・ワリス・ノカン 『キパタウ社にやって来たパタウ』と東京ヘテロトピア作品朗読+管啓次郎による日本語訳の朗読
・高山明 レクチャーパフォーマンス

1月29日(日) 17:00開演
・温又柔 『汚れてなどいません』朗読+チェン・ユーチンによる中国語訳の朗読
・管啓次郎 『北投、犬の記憶』朗読+ワリス・ノカンによる中国語訳の朗読
・トークセッション『北投/東京—ヘテロトピアの交わる場所』
 出演:ワリス・ノカン、チェン・ユーチン、管啓次郎、温又柔、スー・フランキー、シュウ・ファンツー、高山明
 司会:林立騎
  • 上演言語: 日本語・中国語(逐次通訳つき)
  • レクチャーパフォーマンス・出演:高山明
  • 朗読/トークセッション・出演:ワリス・ノカン、チェン・ユーチン、管啓次郎、温又柔、スー・フランキー、シュウ・ファンツー、高山明
  • リサーチ・司会:林立騎
  • 翻訳:及川茜、下村作次郎
  • 音響:稲荷森健
  • リサーチ通訳:劉詩蕾
  • リサーチ協力:本柳享、西本健吾
  • 助成:台北駐日済文化代表処 台湾文化センター
  • 協力:鳳甲美術館
◆シアターコモンズ詳細はこちら!◆

【日時】
1月27日(金) 19:00開演 レクチャーパフォーマンス+朗読
1月28日(土) 17:00開演 レクチャーパフォーマンス+朗読
1月29日(日) 17:00開演 朗読+トークセッション

【会場】
台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター
〒105-0001 港区虎ノ門1-1-12 虎ノ門ビル2F
会場お問合せ: 03-6206-6180

【参加方法】
無料・要予約(先着順)

【参加条件/注意事項】
*連日出演者および内容が異なります。(高山明によるレクチャーパフォーマンスは同内容となります。)演目内容をご確認の上、ご予約下さい。
*定員 各回100名
*イベント参加費は無料ですが、当日ご寄付にご協力をいただいております。

【アーティスト・プロフィール】
ワリス・ノカン
台湾のタイヤル族の作家。1990年代、原住民文化に関する『猟人文化』誌の発行などを通じ創作に変化が生れ、タイヤル族の文学スタイルが打ち出された。多くの重要な文学賞を受け、1996年、「伊能再踏查」で時報文学奨新詩類評審奨を受賞。邦訳書に『台湾原住民文学選3 永遠の山地 ワリス・ノカン集』(草風館、2003年)。

チェン・ユーチン
台湾生まれの新鋭作家。父は福建出身の栄誉国民(元国民党退役軍人)、母はインドネシア華僑。国立台湾大学戯劇学科を卒業後、劇本創作修士課程修了。27歳の時の小説『少女フビライ』を機に、『印刻文学生活(INK)』誌の表紙を最年少で飾る。著作は『聯合文学』、『上海文学』、『萌芽』誌などに収録。

高山明(たかやま・あきら)
演出家。演劇ユニットPort B(ポルト・ビー)主宰。実際の都市を使ったインスタレーション、ツアーパフォーマンスなど、既存の演劇の枠組を超えた活動を世界各地で展開、演劇的発想・思考によって様々なジャンルでの可能性の開拓に取り組んでいる。

林立騎(はやし・たつき)
翻訳者、演劇研究者。おもに戯曲や演劇理論を翻訳。ノーベル賞作家エルフリーデ・イェリネクの『光のない。』(白水社)で第5回小田島雄志翻訳戯曲賞。2005年より高山明の作品制作に参加。Port Bでは『ヘテロトピア』シリーズ、Port観光リサーチセンターでは「メディア・パフォーマンス」シリーズのリサーチを担当する。

温又柔(おん・ゆうじゅう)
小説家。1980年台北生まれ。3才より東京在住。「日本育ちの台湾人」という観点から、言葉とアイデンティティーの問題と向きあって創作を行う。著書に『台湾生まれ日本語育ち』、『来福の家』(ともに白水社)。

管啓次郎(すが・けいじろう)
1958年生まれ。詩人、批評家、明治大学理工学部教授(批評理論)。主な著書に『コロンブスの犬』『狼が連れだって走る月』『オムニフォン』『斜線の旅』など。詩集として『Agend'Ars』4部作がある。スロヴェニア、セルビア、コソヴォ、エクアドルなど、海外の詩祭での朗読多数。主な翻訳にアルトー『手先と責苦』、ルクレジオ『ラガ』、ベンダー『レモンケーキの独特なさびしさ』など。

主催|シアターコモンズ実行委員会
台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター
ゲーテ・インスティトゥート 東京ドイツ文化センター
フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
特定非営利活動法人 芸術公社

共催|港区 平成28年度港区文化プログラム連携事業
パートナー|SHIBAURA HOUSE

ーーーーー
このイベントに関わる、お客様にご記入頂いた個人情報は、本公演に関わる目的にのみ使用し、他の目的には使用致しません
ーーーーー


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-12-26 13:02:57
More updates
Jan 27 - Jan 29, 2017
[ Fri ] - [ Sun ]
7:00 PM - 11:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター
Tickets
【無料】1月27日(金)19:00 レクチャーパフォーマンス+朗読 FULL
【無料】1月28日(土)17:00 レクチャーパフォーマンス+朗読 FULL
【無料】1月29日(日)17:00 朗読+トークセッション FULL
Venue Address
港区虎ノ門1-1-12 虎ノ門ビル2F Japan
Organizer
シアターコモンズ
2,092 Followers