Event is FINISHED

第1回 最期まで口から食べられる街づくりフォーラム全国大会

Description

最期まで口から食べることを楽しむ街づくり

~見つける、つなぐ、結果を出す、そして広める~


 私たち新宿食支援研究会は、食支援を「本人・家族の口から食べたいと言う希望がある、もしくは身体的に栄養ケアの必要がある人に対して①適切な栄養摂取 ②経口摂取の維持 ③食を楽しむことを目的としてリスクマネジメントの視点を持ち、適切な支援を行っていくこと」と定義しています。多種多様な人たちが対象であり、支援者でもあります。このような食支援は専門職だけでは実践できません。一般市民の方たちも巻き込んで初めて「最期まで口から食べられる街」が出来上がるのです。そうです。街づくりこそ今求められていることなのです。

 今回は日本の食文化を基盤に活動し、全国から注目を浴びている「京滋摂食嚥下を考える会」の荒金英樹代表をお招きし、新宿とは異なる「口から食べられる街づくり」を学びます。「戦略の新宿」と「文化の京滋」。全く異なる2チームのすべてを吸収してください。そして自分たちの地域における街づくりに活かしてください。私たち全員の願いは「最期まで口から食べられる国、日本」なのですから。


【プログラム】

10:00 開会あいさつ

    来賓挨拶 唐澤 剛 氏(内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局 地方創生総括官)

10:20 基調講演 荒金英樹先生 「食支援による京の町づくり」

11:50 昼休憩

13:2013:50 新宿流「最期まで食べることを楽しむ街づくり」実践法

13:5015:20 多職種フォーラム「最期まで口から食べるためにすべきこと」

15:4016:30 パネルディスカッション


展示ブースでは多数の企業展示、また新宿食支援研究会のワーキンググループの展示、ポスター発表など行います。介護食の試食、車椅子の試乗など体験的に学べるコーナーを用意いたします。


【荒金英樹先生略歴】

1992年京都府立医科大学医学部卒業、京都府立医科大学第一外科。1993年済生会京都府病院外科。1996年京都府立医科大学消化器外科。2000年愛生会山科病院外科医長。2004年愛生会山科病院消化器外科部長 。


【参加費】3800円(ただし当日支払いの場合は5000円)
ご入金後の返金は致しかねますのでご了承ください。

【撮影・録音について】
 ・報道機関等、許可を得た方以外の会場内での撮影・録音は禁止となります。
 尚、報道機関および許可を得た方による撮影・取材等に関して、本フォーラムの記録用および撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。
【飲食について】
 会場内は、飲食禁止となっております。ご昼食は近隣のお店をご利用ください

最新情報はこちらでご確認ください。
http://shinnshokukenn.org/mysite2/forum.html

お問い合わせはこちらへお願いいたします。
info@winwin-japan.com


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#266786 2017-08-03 10:50:17
More updates
Sun Sep 3, 2017
10:00 AM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京富士大学二上講堂
Tickets
前売りチケット SOLD OUT ¥3,800
Venue Address
東京都新宿区下落合1-9-6 Japan
Organizer
最期まで口から食べられる街づくりフォーラム全国大会
382 Followers