Event is FINISHED

安藤礼二×大澤聡×杉田俊介×東浩紀「『現代日本の批評 1975-2016』再考——共同討議全3回完結記念」 @sat_osawa @sssugita @hazuma

Description

【イベント概要】

一般発売前からSNSなどで大きな話題を呼んだ『ゲンロン4』。この本で、『ゲンロン』創刊から3回にわたって行われた特集「現代日本の批評」がついに完結した。
1975年から2016年までの論壇を、ゲンロンはどのように評価したのか。そこで何が語られたのか。これから語るべきことは何か。本イベントでは、特集「現代日本の批評」をあらためて総括する。「現代日本の批評」の討論には参加していない批評家の安藤礼二と杉田俊介による、この特集に対する問題提起をうけて、大澤聡、東浩紀はどう答えるのか。ポスト「現代日本の批評」の批評はどうなっていくのか。現在の日本の批評を担う4人が、批評の歴史、そして現在と未来について、熱く議論を戦わす金曜の夜。

コロンビア大学出版会より日本の批評アンソロジーを刊行するという、まさに“外部からの要請”に乗じて、共同討議「近代日本の批評」(『季刊思潮』『批評空間』)は派生的に企画されました。不可視の密室空間で奇形的な進化をとげてきた近代日本の批評の来歴を英語圏に開示するというミッションがそこにはあったわけです(くだんのアンソロジー全5巻は未刊行におわってしまいますが)。

では、このたび完結した共同討議「現代日本の批評」(『ゲンロン』)の出発点にはどんなモチベーションが存在したのでしょうか。日本語圏の内部でさえ、批評の正統性や蓄積がすっかり不可視のものとなりはて、磁場も読者も文脈も物語も拡散しきった、この惨憺たる言論状況の立てなおしを図ることこそがミッションとして念頭にあったように思います。討議のなかでも発言しましたが、少なくともぼく自身がプロジェクトの企画立案をしたときのモチーフはそこにこそありました。現在と未来の「新しい読者たち」にプラットフォームをきちんと用意することが意識されていた。

最低限のデータとフレームさえ整備しておけば、あとは各自好き勝手に歴史を掘り進めていくだろうし(ぼくはそう信じています)、討議に足りなかったラインを発展的にどんどん引き入れていってくれるんじゃないか。そう願いながら3回の討議にいどみました。ある種の読者にはいわずもがなの事項も過剰に言語化してあります。「近代日本の批評」とおおきく態度が異なるのはその点でしょう(それと、厭味やあてこすりの少なさ)。

40年にわたる現代の批評史をいっきに駆けぬけ、長大な討議と年表にまとめてしまったいま、ぼくたちは次なるステージの課題にとりかかる地点に立っています。けれど、そのまえに、共同討議をフォローアップしておくことで新たな思考への助走にしようというのが、今回のイベントの趣旨です。じつは、「近代日本の批評」完結直後の『批評空間』(第Ⅰ期3号)には、「「近代日本の批評」再考――第三項の崩壊と母系制への回帰」と題した共同討議が掲載されています(単行本版には未収録)。それに準じたわけです。

そちらは本編で展開しきれなかった部分を補完する内容になっていたのですが、今回のイベントでは、討議メンバーではない安藤礼二さんと杉田俊介さんをゲストにお迎えし、「現代日本の批評」の成果をつぶさに検討してみたいと思います。本編とはまた異なる視角からこの40年が語りなおされることでしょう。おふたりには、それぞれ基調報告をいただき、それを受けて4人で討議を進める予定です。

……なんて書いてしまうと、ごりごりに形式ばった濃厚イベントに思われるかもしれません。いや、じっさい、おざなりの刊行記念イベントなどではまったくありえず、きっと本気の検討会となるにちがいありません。とはいえ、ここゲンロンカフェで行なうからには緩急自在、多岐にわたる種々のトピックが飛びかう愉快な対話の現場にもなるはずです。会場でお待ちしています。(大澤聡)


私は、「現代日本の批評」の骨格となっている柄谷行人を中心とする批評史の整理にやや違和感を覚えています。
浅田彰が否定してしまった、吉本隆明や澁澤龍彦の諸著作が80年代初頭に相次いで文庫化されました。そこに私の批評の原点があるように思います。
極私的な80年代、90年代史を語りながら、「現代日本の批評」のオルタナティヴを提出したいと思っています。(安藤礼二)



【登壇者プロフィール】

安藤礼二(あんどう・れいじ)

1967年、東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。文芸評論家、多摩美術大学美術学部准教授、同芸術人類学研究所所員。2002年「神々の闘争──折口信夫論」で群像新人文学賞優秀賞受賞。著書に『神々の闘争 折口信夫論』(講談社、2004年、芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞)、『光の曼陀羅 日本文学論』(講談社、2008年、大江健三郎賞および伊藤整文学賞受賞)など。また『折口信夫文芸論集』『天皇論集』『芸能論集』『対話集』(いずれも講談社文芸文庫)の編集を担当する。最新刊『折口信夫』(講談社、2014年)はサントリー学芸賞、角川財団学芸賞を受賞。


大澤聡(おおさわ・さとし)

1978年生まれ。批評家/メディア研究者。近畿大学文芸学部准教授。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。日本学術振興会特別研究員を経て現職。各種媒体にジャーナリズムや文芸に関する論考を発表。著書に『批評メディア論』(岩波書店)。編著に『三木清教養論集』(講談社文芸文庫)。


杉田俊介(すぎた・しゅんすけ)

1975年生まれ。批評家。自らのフリーター経験をもとに『フリーターにとって「自由」とは何か』を刊行するなど、ロスジェネ論壇に関わった。また20代後半より障害者ヘルパーをしてきた。近刊に『非モテの品格——男にとって「弱さ」とは何か』(集英社新書)がある。他の著書に『無能力批評』『宮﨑駿論』『長渕剛論』など。


東浩紀(あずま・ひろき)

1971年生まれ。東京都出身。哲学者・作家。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。株式会社ゲンロン代表、同社で批評誌『ゲンロン』を刊行。著書に『存在論的、郵便的』(新潮社、第21回サントリー学芸賞)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(講談社)、『弱いつながり』(幻冬舎)など多数。



【チケットについて】

  • チケット料金は税込価格です。
  • ゲンロン友の会会員証または学生証のご提示で、当日の入場受付時に500円のキャッシュバックをいたします。会員割引と学生割引の併用はできません。学生証は国立公立学校または学校法人が発行したものに限ります。
  • お支払い後のキャンセルは受け付けることができません。あらかじめご了承ください。


【入場・座席について】

  • 開場は開演1時間前の18時となります。
  • 座席はチケットの申し込み順ではなく、当日ご来場いただいた順のご案内となります。
  • 座席は人数分ご用意しておりますが、ご来場の時間によっては見づらい席になる可能性がございます。お早めのお越しをおすすめいたします。
  • ゲンロン友の会上級会員(クラス30以上)の方は、クラスに従って座席予約のサービスがございます。ご利用の方は会員番号を明記のうえ、info@genron.co.jpにご連絡ください。


【そのほか】

  • イベントは延長となることがございます。途中、10分程度の休憩を挟みます。
  • イベント中、客席は禁煙となります。
  • 未成年の方、車でご来場の方にはアルコールを提供できません。
  • 18歳未満の方は23時以降の参加はできません。
  • 保護者が同伴しない18歳未満の方は22時以降の参加はできません。
  • 本イベントはインターネットでの動画配信を予定しております。ご来場のお客様は映像に映り込む可能性がございます。
  • イベント中の無断録画・録音はご遠慮ください。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#217876 2017-01-12 13:14:32
More updates
Fri Jan 13, 2017
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
前売券 1ドリンク付 ※当日、友の会会員証/学生証提示で500円キャッシュバック SOLD OUT ¥2,600
友の会会員限定最前列席 前売分 1ドリンク付、共有サイドテーブル・電源あり ※ キャッシュバックはありません ※複数予約される場合はお連れの方が会員でなくても結構です SOLD OUT ¥2,600
Venue Address
東京都西五反田1-11-9 司ビル6F Japan
Directions
JR・都営浅草線・東急池上線五反田駅西口から徒歩3分 東急池上線大崎広小路駅から徒歩4分 五反田駅西口を出て左側(池上線寄り)の通りを大崎広小路方面に直進し、橋を渡った先にある「天下一品」「松屋」と同じビルの6Fです。
Organizer
ゲンロンカフェ
9,132 Followers