Event is FINISHED

lasershopping #1

Description

それが武器にネジ止めまたは接続されるデバイスを持っている場合、腕の保護法に該当します。ユニバーサルまた支持体には、そのような装置と見なすことができます。彼はそのようなデバイスを持っていない場合は、腕の保護法に該当しません。彼は腕の保護法に該当しない場合は、所持は厚さに関係なく、合法です。
ドイツの中で、自由に以上は5mW(クラスIIIb族およびIV)で最強のレーザーポインター 緑を販売することはできません。 (最良のEU外)の購入は、しかし、また、輸入は合法です。順序として上海や米国から何の問題もなく可能です。
これがないドイツのようにレーザーコースを探すため興味深いことに、それは、レーザーが税関を通過したときのみです。レーザーの習慣によって発見され、以下のステップがとられる:バイヤーは、彼が商品を検査する税関に請求書/文書に到着する必要があることが通知された手紙を受け取ります。パッケージを開くと商品を検査し、広範囲にテストされています。 CEマーキングおよび/または欧州規格を警告レーザーの欠落、輸入が許可されていません。レーザーは、お金が失われ、破壊されます。税関は買い手が、商品が正常に動作することが可能であるかどうか、および安全要件を満たすことができるかどうかを決定します。 3つのオプションがあります。買い手は不適当として知覚されます。レーザはその後、お金が失われ、破壊され、合法ではない結果は以下の通り。これは、最も一般的なケースです。買い手は有用であると認識されています。彼は、レーザーポインター 5mWを保つかもしれないが、それはおそらく、警察に登録する必要があります。このケースは非常に稀です。買い手は、安全でないとしてマークされます。税関は管轄地区当局は、ケースを決定することを決定します。

超強力レーザーポインター
5からmWのレーザー/レーザーは、公共買いで動作するべきではありません。レーザーの違反が破壊され、法的帰結は、通常は従いません。操作の5 mWの下では公共の場で許可されています。プライベートモードは常に限り誰もが即座に危険にさらされないように、許可されています。
偶然に関連する眼の損傷と目を削除するなどして、負傷または損傷以上1ミリワットの誰かとレーザーを使用した場合、被害者は民事レベルの加害者は、例重症度に応じて、過失傷害または過失の重大な人身事故のために訴訟を起こすことがあります。レーザーポインター 30mWバイザーは、いずれの場合も、損害賠償/補償の支払いに破壊されてしまうわずかな結果です。
飛行機や車のオペレーターのライト、意図的であろうとなかろうと、追随するかどうか、彼はまた、原因(空気)トラフィックで危険な(おそらく過失)介入に検察官によって訴えられることができます。レーザーは、どのような場合に破壊され、高い罰金がわずかな結果です。ほとんど、しかし、刑を判断。
5000mW高出力グリーンレーザー 星空観察 マッチに点火 超高出力青色レーザーポインター懐中電灯
ビームがどこから来たのか、パイロットが判断できないという議論は、現在の航空機センサーにインストールされているので、正確に強いレーザー火災による計算の起源は、判定は通常過失放火され、適用されません厳しい罰金はわずかな結果です。レーザーは、レーザー(ポインタ)nのドイツの法的状況からそれをだ、どのような場合にあります。しかし、私はまた、警告を発行したいと思います。関税は、彼らは通常の光をに簡単に生成されているので、それはレーザーポインター500mWに来るとき実際にはない無駄ではとても疑わしいですが、キロ程度のファンアウト顕著できない場合、または弱めバンドルされ、高エネルギー光照射。レーザーは目に非常に危険であり、肌のために注意が必要です。可能な健康(後半)あなたのための放射線の影響などを考えてみて:あなたはあなたが適切と責任、それを処理し、することができます確信している場合にのみ、以上の1ミリワットのレーザーを購入します。あなたは、レーザー/レーザーポインターを購入する前に、徹底的に自分自身を通知します。

Fri Dec 9, 2016
12:00 PM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
グリーンレーザーポインター高出力
Venue Address
123 Japan
Organizer
lasershopping
1 Follower