ガオ流グラフィッックレコード

Description

ガオリュウ(高柳の中国語読み)という名前で
多くの場でダイアログ・ファシリテーターをしてきました。ワークショップや会議、講演の場でファシリテーションの一つとして行ってきた可視化について、「ガオ流」と称してワークショップを行います

日時:2016/12/18(日)13:00 - 16:00(開場:12:00予定)
※facebookの障害で時々日時が海外時間に変わるコトがありますので、日時はこの詳細部の記載が確実です
会場:東京ハート(最寄駅:JR高田馬場、副都心線西早稲田)
住所:東京都新宿区西早稲田2-18-21 羽柴ビル 401号
人数:6名
料金:5000円(税込)
ファシリテーター:ガオリュウ(高柳謙)

【このワークショップで得られるコト】
 ・参加者の目的にあった可視化スキル
 ・様々な描く手法の違い
 ・ファシリテーションとの相互作用
 ・落書き帳(1冊)

【このワークショップで得られないコト】
 ・イラストの描き方
 ・あらかじめ用意されたテキスト
 ※ワークショップでは参加者に合わせた内容で講義をします。

場での可視化はその場で求められるコトに合わせて様々な形で描かれ、活用されるようになってきました。ファシリテーショングラフック、グラフィックレコード、ホワイトボードへの会議議事録、講演のメモとして落書き帳に描いてみたり。これらは全て後で観賞だけをするためのものではなくて、目的によって描かれ方、書き取るポイント、聞いたものをどう表出するかなど様々に違っていますし、イラストで描く人もいれば、文字と矢印などで構成する人もいます。

今回のワークショップでは、ガオ流の基本的となる文字と線(矢印や円)で構成する描き方で行います。現在想定している描く場は、以下の通りです。

・ワークショップや対話の場で描き、活用する
・対話や会議で「カオス」な状態を描きとる
・講演内容を描きとる
・描く練習方法を知りたい

【プロフィール】
 高柳謙(ダイアログデザイン)

 企業向け研修コンサルタント兼ファシリテーター。主に企業外の活動でファシリテーターとしての活動を行っていたが、2012年からファシリテーションを用いたチーム(プロジェクト単位での)研修を企業内で実施。研修を現場の課題の解決と実験の場として扱い、研修で失敗して現場に活かすプログラムに組み上げていった。
2015年に5月に独立し、現在は企業研修の内製化のコンサルタントから研修作成から研修のファシリテーターまでを行っています。また研修ファシリテーターの育成や、チームビルディングとしての対話の場づくりをしている。

Event Timeline
Sun Dec 18, 2016
1:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京都 新宿区東京都新宿区西早稲田2丁目18-22 羽柴ビル401 東京ハート
Tickets
一般(5000円)会場払い
Venue Address
東京都新宿区西早稲田2-18-21 Japan
Organizer
ファシリテーターズ・インタビュー
9 Followers