紙漉き体験!(ランチつき)

Description

手漉き和紙体験 、原料となる"楮"散策 地の旬な食材を使った"椀ものや 木のか"特製「箱膳ランチ」のパッケージ!


今も東京で唯一残る、軍道地方の伝統、手漉き和紙の技術。

東京の里山にて江戸時代中頃より、側に綺麗な川があるなど適切な環境のおかげで山沿いの小さな村々で紙漉きが行なわれました。中でも乙津村字軍道が盛んであったので、その地名から「軍道紙」と名づけられ、今も継承され続けている手漉き和紙の文化。
「あきる野ふるさと工房」にて勤務後独立し、楮の栽培・加工・流通の仕組みづくりをしながら美術系大学和紙講座担当、デモンストレーション・ワークショップを行っている紙しごと双清、中川幸子さんが講師を勤め、軍道での楮散策と紙漉き体験を実施します!


体験では「①チリ入り半紙1枚と無地半紙2枚」or「②無地ハガキ6枚」のどちらかを選んでいただきます!

※オプションで行灯を作りたい場合は①の"無地半紙2枚"を使用します。


[流れ]

1. 武蔵五日市駅に9:00に集合、車で楮散策へお連れします。

軍道には今もたくさんの楮が。


2. 古民家「壱番館」1F、"五日市 体験茶や"にて、漉くまでのいろいろな工程を体験!貴重です!

3.いよいよ紙漉き!

チリ入りはこのように素敵なブックカバーにもできます!


4. 12:00〜 椀ものや木のかで特製ランチ

二十四節気にならい、地の旬な食材をふんだんに使って素材の味を最大限に生かし丁寧に丁寧に作られた箱膳ランチが楽しめます!

お店で解散となります。(駅徒歩2分)


※以下、オプションメニューです!


・木工体験!(現地で現金にてお支払い)

古民家「壱番館」1F、"五日市 体験茶や"にて組み木の"行灯"づくり(漉いた半紙2枚使用します

+3,000円

自分で組んで、自分で漉いた和紙を貼った「行灯」を、お持ち帰り!!


・茶屋利用(現地で現金にてお支払い)

ドリンク 200円引き

お菓子 100円引き

以下、代表的なメニューの紹介です。

当店オリジナルスイーツ「炭どらやき」

かつて炭の市で栄えた五日市。炭が持つチカラを見直しました。

このどら焼きには本当に炭が練り込まれています。炭の持つ吸着効果により、体内の汚れを取ってくれます。

小山園さんの"和光"を味わっていただきます。


[連絡事項]

武蔵五日市駅へ9:00に集合してください。

[注意事項]

・ちょっとした散策と作業をしますので、動きやすく多少汚れてもよい服装でいらしてください。

Event Timeline
Sat Dec 24, 2016
9:00 AM - 1:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
五日市 体験茶や
Tickets
紙漉き&ランチ ¥7,776

On sale until Dec 22, 2016, 12:00:00 AM

Combini / ATM payment will be closed at the end of Dec 21, 2016.

Venue Address
東京都あきる野市五日市1 Japan
Organizer
[五日市 体験茶や] 体験イベント
185 Followers