Event is FINISHED

ギャラリートーク付特別鑑賞会 デトロイト美術館展

Description
【開催日程】
・12/2(金)・12/9(金)

【開催時間】
・各日程 18:30〜約1時間

※注意事項
ギャラリートークは、その時間にデトロイト美術館展に入場されている全ての方が参加可能です。
参加ご希望の方は、デトロイト美術館展の参加チケットをご購入ください。

【ギャラリートーク付特別鑑賞会】

当展を担当する上野の森美術館学芸員が

出品作品やその作家、デトロイト美術館のコレクションなどについて

実際の作品を囲みながら解説をするギャラリートークを開催することが決定しました。


ギャラリートークをするのは、展覧会オリジナル図録の執筆も担当した

上野の森美術館の学芸員。


実際の作品を鑑賞しながら解説を聞くことで
今まであまり知られていなかった作品の魅力や
描かれた背景などが、より新鮮に目に映ることでしょう。

ギャラリートークへの参加は、
その時間に入場されている全ての方が参加可能です。

アートファンも、初めて展覧会を訪れる方も、
是非この機会に参加してみてください。



注意事項
・参加ご希望の方は、デトロイト美術館展の参加チケットをご購入ください。
・イベント開催時間に入場されている全ての方が自由に参加できます。
・ギャラリートークは約45~60分程度を予定しています。
・終了時刻は多少前後する場合がございます。
・座席はございません。
・展示室内の集合場所については当日館内放送でご案内いたします。
・他のお客さまと譲り合って、ご参加くださいますようお願い申し上げます。


デトロイト美術館展~大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち~
■みどころ
デトロイト美術館の充実したコレクションの中から、モネ、ドガ、ルノワール、ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌ、マティス、モディリアーニ、ピカソほか、まさにヨーロッパ近代絵画の「顔」ともいうべき巨匠たちの名画が一挙来日。

■大西洋を渡った最初のゴッホとマティス

最初にヨーロッパから大西洋を渡り、アメリカに来た作品は、世界一有名な自画像のひとつである、フィンセント・ファン・ゴッホの「自画像」と、アンリ・マティスの「窓」です。
本展では、〈大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち〉という副題のとおり、この2点も紹介いたします。

■日本初公開作品15点。巨匠たちの名画52点が集結。
19世紀後半〜20世紀にかけて名を馳せたヨーロッパ絵画の巨匠たちの名作が一挙に来日。
2005年にデトロイト美術館に所蔵されるまで一般に公開されることがなかったピカソの名作「読書する女性」をはじめ、全52点中15点が日本初上陸の作品です。

【会場】
上野の森美術館 〒110-0007 東京都台東区上野公園 1-2
アクセス:JR上野駅 公園口より 徒歩3分/東京メトロ・京成電鉄上野駅より 徒歩5分

【料金】
一般¥1,600 高校・大学生¥1,200 小・中学生¥600
※小学生未満は無料
※障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名様は無料(要証明)

【お問い合わせ】
イベント内容に関するお問い合わせ:
ハローダイヤル 03-5777-8600(全日/8:00~22:00)

チケット購入に関するお問い合わせ:
ピーティックス 0120-777-581(営業時間: 10:00 ~ 18:00  ※年末年始、GWを除く)

Dec 2 - Dec 9, 2016
[ Fri ] - [ Fri ]
6:30 PM - 7:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Venue Address
東京都台東区上野公園 1-2 Japan
Directions
JR上野駅 公園口より 徒歩3分
東京メトロ・京成電鉄上野駅より 徒歩5分
Organizer
デトロイト美術館展
1,128 Followers