2016年最後のオトナの政治経済~他人事を自分事にしていく技術~

Description
2016年12月の71回目のオトナの政治経済です。

「社会を変えよう」といきり立っても、国内外の仕組みを知らなければいけません。70億人以上の人たちが繰り広げる世界中のストーリーから大事な考えや人間のシステムの理解をしてこそ、はじめて課題解決を仕掛けられる準備が整うと思います。

オトナとして知っておくべき政治経済を通じた思考力トレーニングでもあり、優秀な課題解決者としての教養・素養・常識としてこの授業があります。

高校・中学の関係者の方には”先生を育成する”という観点から無料でご招待させて頂いておりますので、気になられた方は個別にメールをください。
ryosuke.s@very50.com

また、2017年春MoG参加希望者も無料にさせていただきます。個別にご連絡ください。
ryosuke.s@very50.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【内容】
・トランプ米国大統から見える米国の分断と今後
・キューバへの影響
・シリコンバレーのイノベーションの源泉とトランプ
・米国のパリ条約脱退の影響と影
・フィリピンのいま(ソーシャルビジネスの前線)

他、旬で重要な学びがあるテーマを厳選してお届けする3時間です!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

講義内容は順次お届けしますが、会員の皆さまからもご希望の情報をお伺いしたうえでテーマを取り上げていければと思っています。

※内容は当日まで旬の情報をお届けするために分かりません。上記は目安で変更の可能性もあります。




・本講義の目的

国内外問わず社会で起きている様々な政治経済の動きから

(1)現在の事象のニュースでは分からない情報分析
(2)その情報の意味合いとモノの考え方
(3)未来に対して「自分ならどうするか?」という当事者意識を持ち未来への“問いかけ“

これら1~3を通して「思考停止をしない」訓練をするのがこの講座の狙いです。

【参加者の方に期待していること】

(1)無知 → 常識への変化
 “知らなかった“を”知っている“(知識としてのinput)に変える。

(2)無関心 → 知的好奇心
 周囲に起きている事件が自分の生活や仕事に如何に影響があるかを知り興味が出てくる。

(3)無関与 → 責任感/論理思考
 ニュースに対する見方が、これまでは「ただ見ているだけ」だったのが、「自分で気づき解決法を考える&関わりたくなる」(output)に変える。


菅谷亮介

very50 CEO

菅谷亮介 (Ryosuke Sugaya)1979年 東京都生まれ。
very50代表理事。高校生時に大手音楽会社主催のオーディションに合格しプロのkeyboardistとしてエンターテイメント業界に携わる。大学に進学後は、学業と音楽の仕事の傍らカンボジアを中心に、世界中の医療分野における国際協力に奔走。その後、大学卒業と同時に音楽を仕事として続けることをやめ日系自動車関連メーカー、米国戦略コンサルティングファームを経て現職に至る。08年6月より日本と世界の問題を教育の力で解決をする仕組みを作るためにvery50を起ち上げ世界中(主にアジア)で様々なプロジェクトを手掛ける。


Event Timeline
Sat Dec 10, 2016
6:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東池袋第四区民集会室
Tickets
社会人 ¥2,000
学生 ¥1,000
学校教師・高校生以下

Combini / ATM payment will be closed at the end of Dec 9, 2016.

Venue Address
東京都豊島区東池袋4丁目32−15 Japan
Organizer
NPO法人very50
152 Followers