都市の未来と芸術祭を考える3夜連続トークシリーズ 「0場(ゼロバ)」

Description

都市の未来と芸術祭を考える3夜連続トークシリーズ「0場(ゼロバ)」では、国内外のクリエイターやアーティスト、識者を招き、アートと社会の関係性の未来に関してのトークを行う。

  • 第1夜:12月6日(火)「テクノロジーとパフォーミングアーツ」
  • 林千晶(ロフトワーク共同創業者、代表取締役)×宮城聰(演出家/アジア舞台芸術人材育成部門プロデューサー/ SPAC-静岡県舞台芸術センター 芸術総監督)
今年からバイオ研究のコミュニティ「バイオクラブ」を立ち上げる一方、茨城県北芸術祭のコミュニケーションディレクターを務めた林千晶と、パフォーミングアーツの現場で様々な身体性に向き合ってきた宮城聰が、太古から続く「芸術祭」というフォーマットからパフォーミングアーツとバイオテクノロジーの掛け合わせまで、様々な可能性を語り合う。

  • 第2夜:12月7日(水)「ナイトカルチャー」
  • 伏谷博之(タイムアウト東京代表取締役)×齋藤貴弘(弁護士)
6/23に施行された風営法の改正により、限定的ではあるがナイトクラブの深夜営業が可能になった。世界の成熟都市では、深夜帯の文化と経済が都市経済のドライバーとして注目を浴びており、本年4月にはアムステルダムに各都市のナイトカルチャーの代表が集う初の「ナイトメイヤーサミット」が行われ、日本からも渋谷区の「ナイトアンバサダー」であるZEEBRA氏と風営法改正のロビー活動を率いた弁護士の斎藤貴弘が参加した。ライブエンタテインメント業界のみならずホテルや飲食業、そして都市と文化の関係性においても大きく影響のある新しい経済圏について、先のロビー活動で活躍した齋藤貴弘氏と、ロンドンから始まり世界の都市にネットワークを持つタウンガイド「タイムアウト東京」代表取締役の伏谷博之が、深夜の文化と莫大な成長の可能性を持つ深夜の文化・経済について語り合う。

  • 第3夜:12月8日(木)「街を掘る」
  • 島原万丈(HOME’S総研 所長)×今和泉隆行(地理人研究所)

都市を「センシャス・シティ[官能都市]」という感性指標から俯瞰し、成熟社会の都市価値を研究する島原万丈と、子供時代の空想地図作りから始まった地図マニアとしての趣味が高じて、現在地理に関する様々な執筆講演活動を行う今和泉隆行が、池袋の街を舞台に現実と空想を行き交わせ「東京芸術祭」が池袋にもたらす可能性などを縦横無尽に語り合う。

【0場(ゼロバ)】

舞台公演では「幕」と「場」という言葉を使い、進行の区切りとするが、「0場」とは、舞台の幕が上がる前の状態を指す用語。このトークイベントでは、芸術祭や芸術祭が社会に及ぼすことなどについて自由に語り合う前庭的な「広場」として「0場」を開催する。


※内容は変更になる可能性がございます。

Event Timeline
Dec 6 - Dec 8, 2016
[ Tue ] - [ Thu ]
7:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
WACCA IKEBUKURO 4階ギャラリー
Tickets
12月6日(火)19:30 林千晶×宮城聰 FULL
12月7日(水)19:30 齋藤貴弘×伏谷博之
12月8日(木)19:30 島原万丈×今和泉隆行 FULL

On sale until Dec 6, 2016, 2:00:00 PM

Venue Address
東京都豊島区東池袋1-8-1 Japan
Directions
各線池袋駅東口より徒歩3分
Organizer
東京芸術祭 2016
91 Followers