Event is FINISHED

【無料セミナー】清流の国ぎふ 自然をいかしたお店をはじめよう!

Description

古くから「飛騨の山、美濃の水」を表す「飛山濃水」の土地と呼ばれる岐阜県。県土の8割を豊かな森林が占めるのに加え、3,000m級の北アルプスが連なる飛騨地方、木曽三川に代表される美しい河川が流れ、海抜0mの水郷地帯が広がる美濃地域と、各地域には特色ある自然環境があり、飛騨の木工、東濃の陶磁器、美濃の和紙など、地域ごとの自然に育まれた、多様な文化や産業が根付いています。

今回のセミナーでは、岐阜県に移住し、自然をいかしたお店をはじめられたゲスト2名を迎え、岐阜県での暮らしぶりや仕事について聞くことができます。

【同時開催】個別移住相談、個別就職相談
※創業支援、創業するための準備、「創業とは?」の初めの一歩からお伝えします。

★★★トークゲスト★★★
【中村 大佑さん】   「この自然を見てほしいと思ったら、ゲストハウスができました」
岐阜県山県市在住。京都府出身。
山県市の地域おこし協力隊で農家レストランの立ち上げに参加後、ゲストハウス「ミヤマリトルバレー」開設。 移住を検討される方には、特別料金でお泊りいただいています。

子どもの出産を機に、地域おこし協力隊として、岐阜県の山県市にやってきた中村さん。
農家レストランの立ち上げに参加した後、移住支援につながるものをしたいという考えから、滞在できる施設としてゲストハウスを昨年開設。
豊かな自然と地域の人に恵まれて、シンプルに暮らす生き方をお話いただきます。

【田口 龍治さん】   「販売しているのは、麻に込められたメッセージ」
             麻は規制対象物のため、自由に栽培・販売できません。
岐阜県揖斐郡揖斐川町春日在住。
炭麻・草木染・和物仕立のお店「麻処 さあさ」主宰
先人の知恵をテーマに活動する。「春日古学び」代表としても活動中。

田口さんは麻を栽培をしていますが、用途が神事など伝統文化の保存に限られているため製品化できません。無店舗ショップ「麻処さあさ」では、田口さんがこだわって輸入した麻の糸をつくり、製品化して販売しています。
移住と同時に麻に魅せられ、そのこだわりにより全国から注文が来る田口さんの取り組みについてお話いただきます。

~~~~問い合わせ~~~~

清流の国ぎふ 移住・交流センター 相談員:岩瀬
080-7749-3317
gifu@gufusatokaiki.net






Event Timeline
Sun Nov 27, 2016
11:30 AM - 2:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ふるさと回帰支援センター 
Tickets
参加料
Venue Address
中央区有楽町2-10-1 東京交通会館8階  Japan
Organizer
ぎふトーク
25 Followers
Attendees
4 / 20