Event is FINISHED

映画『エヴォリューション』先行上映イベント at 原美術館 "一夜限りの「幻想の館」”

Description
映画『エヴォリューション11月26日(土)の公開に先駆け、品川区の原美術館で一夜限りの先行上映イベントの開催が決定。上映後のトークゲストには、写実的手法を駆使した精緻な絵画で知られる画家の諏訪敦氏と「美術手帖」編集長の岩渕貞哉氏を迎え“有機的な夢”としての映画『エヴォリューション』を解剖する。

1938年に個人邸として建てられた原美術館は、西洋モダニズム建築と緑豊かな庭が美しい現代美術館。現在は、篠山紀信展「快楽の館」が開催中で、作品は全て同館をロケーションにした、撮り下ろしの新作。壇蜜氏など33名のモデルによるヌード写真で構成され、美術館は「快楽の館」に変貌を遂げている。

今回のイベントでは、映画『エヴォリューション』の上映&トークにあわせ、篠山紀信展「快楽の館」、森村泰昌氏や宮島達男氏、奈良美智氏の常設展示も楽しむことができる

原美術館で、アートで幻想的な夜を過ごしてみてはいかがだろうか。


映画『エヴォリューション』先行上映イベント at 原美術館
一夜限りの「幻想の館」
見えないものを見る―“有機的な夢”としての映画『エヴォリューション』


【日時】2016年11月 23日 (水・祝) 17:30開場/18:00開映 
    映画上映後トーク 20:30頃終了予定
【会場】原美術館ザ・ホール(東京都品川区北品川4−7−25原美術館内)
【ゲスト】諏訪敦(画家)、岩渕貞哉(『美術手帖』編集長)

※当日の映画の上映は、壁面に投影しての上映となりますので予めご了承ください。
※篠山紀信展「快楽の館」は11:00~18:00まで。イベント終了後ご覧いただけませんので、展示をご覧になりたい方は、お早めにお越しください。再入場可。
※当日はマスコミによる取材が入りますので、あらかじめご了承下さい。


◆諏訪敦(すわ・あつし)
画家。プロジェクト化された絵画の特異さで知られ、綿密な取材に裏付けられた高密度な絵画は、対象に内在する社会的な問題を浮上させ、歴史に回収されない個の手触りを浮上させる。

◆岩渕貞哉(いわぶち・ていや)
『美術手帖』編集長。1975年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。2002年から『美術手帖』編集部に在籍、2008年より現職。2015年に立ち上げた、『美術手帖 国際版』およびアートニュースサイト「bitecho[ビテチョー]」の編集長も務める。

      

原美術館/篠山紀信展「快楽の館」
【期間】2016年9月3日(土)から2017年1月9日(月・祝)
【会場】原美術館(東京都品川区北品川4−7−25)

篠山紀信「快楽の館」2016年 ⓒKishin Shinoyama 2016


原美術館

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-11-11 14:18:06
More updates
Wed Nov 23, 2016
5:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般(篠山紀信展「快楽の館」入場料込) ¥2,500

On sale until Nov 22, 2016, 11:59:00 PM

Venue Address
東京都品川区北品川4−7−25 Japan
Organizer
UPLINK
5,584 Followers