Event is SOLD OUT

Editors' Lounge #07〜「地域」の編集軸と「東京」の編集軸

Description

「編集」の可能性を探求する「Editors' Lounge #07」開催決定!


 「編集」とはいったい何でしょうか? 一般的には本を作るための職能と言われていますが、それはそれで決して間違いではないでしょうし、本を作るプロセスの中には多分に「編集」のエッセンスが集約されていることは確かです。しかし、出版以外の領域にも“編集的”なスキルを駆使している人たちは少なからずいて、案外、いろいろな制作の現場に「編集」は介在しているのではないかという気がします。

 現在、われわれを取り巻く情報環境はまさに千変万化の様相を呈しています。あるメディアは複数のメディアに分裂し、あるメディアは他のメディアと融合し、“メディアの多様化”などというレベルをはるかに超えた、流動性と揮発性が支配する極めてリキッドな状態と言えるでしょう。そうした時代の潮流に合わせて、いま、「編集」という概念を再定義する必要があります。編集者が駆使する「編集」というスキルの再認識と再構築が急務です。


 「Editors' Lounge」は、みなさんと一緒に「編集」の本質を探求し、その潜在的な可能性を模索し、その知見を共有/議論していく開かれた場です。メインテーマである「編集」はもとより、隣接問題である「メディア」「情報」「デザイン」「コミュニケーション」といった問題を共に考えていきましょう。そして、この「Editors' Lounge」が編集にまつわる新しいムーブメントとなり、大きなコミュニティーとなることを目指していきたいと思います。 

  • 日時:12月3日(土) 13時半開演(13:00開場&受付開始)
  • 場所:デジタルハリウッド大学
東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア 3F
  • 受講料:学生:2,000円、一般(先着20名様):2,500円、一般:3,000円
※受講料はすべて「税込」です。
学生チケットご購入の方は、当日受付にて「学生証」をご提示ください。
  • タイムテーブル

13:30~13:45(15分)

イントロダクション

13:45~15:15(90分)

齋藤隆太(株式会社サーチフィールド取締役FAAVO事業部責任者/MiyazakiStartupValley共同代表)×高橋幸治(Editors’ Lounge 発起人)

15:15~15:30(15分) 休憩

15:30~17:00(90分)

青木 優(株式会社MATCHA 代表取締役)×小路 輔FUJIN TREE GROUP CEO / 執行長×田中佑典(Editors’ Lounge 発起人)

16:50~17:00(10分) 休憩

17:00~18:00(60分) 懇親会


※受け付けの際にお名刺を頂戴した方には、
次回以降のご案内をメールにて送らせていただきます。 


地域に潜在するヒト/コト/モノの資産をいかに「編集」するのか?

ゲスト:齋藤隆太株式会社サーチフィールド取締役FAAVO事業部責任者/MiyazakiStartupValley共同代表)、モデレーター:高橋幸治


もうかなり以前から東京以外の地域の危機が叫ばれ、「地方創生」の名のもとに「地域デザイン」といった言葉がもてはやされましたが、「今やどこに住んでいても仕事はできる」はずのIT(Information Technology)の発達とは裏腹に、人口の分散はなかなか実現することなく、東京へのヒト/コト/モノの一極集中は進行するばかりです。もちろん2020年の東京五輪を見据えた観光政策は東京以外の地域への経済効果もそれなりに生み出しているのでしょうが、根本的な地域の問題の解決になるとは決して思えません。今回はそうした場当たり的な一過性の施策とはまったく異なる視点から、地域をテーマとしたクラウドファンディング「FAAVO」で独自の成果をおさめ、他にも地域にまつわるさまざまなプロジェクトを手掛ける株式会社サーチフィールド取締役の齋藤隆太氏をゲストにお迎えし、「地域」の編集軸はどこにあるのか、「地域」の編集者は誰なのか……といった議論を展開したいと思います。前半は齋藤氏によるプレゼンテーション、後半は高橋とのトークセッションを予定しており、「地域活性」にまつわる現状の問題点と可能性を探ります。


インバウンド時代に求められる「ローカルの編集」を探る

ゲスト:青木 優(株式会社MATCHA 代表取締役)、小路 輔FUJIN TREE GROUP CEO / 執行長)、モデレーター:田中佑典


2016年の訪日外国人観光客数が2000万人に迫る「インバウンド時代」と呼ばれる現在。グローバルに対して地域ごとの人や文化の特色を活かした個々の「ローカル性」の発信こそが求められています。“インバウンド”という言葉が世間に広く認知されるようになってからというもの、街には多くの外国人観光客が増え、経済効果は増加傾向にあります。ここからこの現象は更にどのような変化をみせ、我々はどのように対応すべきなのでしょうか。今回は訪日外国人向けWEB メディア『MATCHA』の代表である青木 優氏と、台湾と日本を行き来しながら日本のインバウンド事情に精通する「FUJIN TREE GROUP」CEO 小路 輔 氏を迎え、モデレーターの田中の3人で気になる今後のインバウンドの動向と、「ローカルの編集」の可能性をメディア/流通/観光……など様々な視点で探ります。


第一部ゲスト:齋藤隆太 Ryuta Saito

2008年株式会社サーチフィールド創業時に取締役として参画。ディレクション、セールスを中心に、クリエイター支援業務に携わる。2012年同社内の新規事業として「地域×クラウドファンディング FAAVO」を企画、リリース。現在では全国59のエリアで地方公共団体、金融機関、地方事業者、NPOなど様々な団体と協業しながら、地域にクラウドファンディングを根付かせる活動を行う。2016年、クラウドファンディング型ふるさと納税サイト「思いがとどく、ふるさと納税 FxG」リリース。プライベートで出身地にて「宮崎を世界で一番チャレンジしやすい街にする」MiyazakiStartupValleyの共同代表。


第二部ゲスト:青木 優 Yu Aoki

1989年東京生まれ。明治大学国際日本学部卒。株式会社 MATCHA 代表取締役。学生時代に世界一周の旅をし、2012年ドーハ国際ブックフェアーに従事する。デジタルエージェンシーagument5 inc.に勤めた後、独立。2014年2月より訪日外国人向け WEB メディア「MATCHA」の運営を開始。「MATCHA」は現在9言語、世界200ヶ国以上からアクセスがあり、様々な企業や県、自治体と連携し海外への情報発信を行なっている。

第二部ゲスト:小路 輔 Tasuku Koji

1979年埼玉県生まれ。JTBグループでインバウンド、ビジットジャパン関連の業務に従事する。2012年よりスタートトゥデイにてZOZOTOWN・WEARの海外事業を手掛ける(観光庁「官民連携事業」を実施、経産省「越境電子商取引連絡会議」に参画)。2014年にFUJIN TREE TOKYOを設立するともに、FUJIN TREE GROUPのCEO(執行長)に就任。日本と台湾のライフスタイル、ファッション、カルチャーの交流をテーマに活動中。

第一部モデレーター:高橋幸治 Koji Takahashi

1968年生まれ。編集者。日本大学芸術学部文芸学科卒業後、1992年、株式会社電通入社。CMプランナー/コピーライターとして活動したのち、1995年、株式会社アスキー入社。2001年から2007年まで「MacPower」編集長。2008年、株式会社Yes, I am.設立。以降、「編集=情報デザイン」をコンセプトに編集長/クリエイティブディレクター/メディアプロデューサーとして企業のメディア戦略などを数多く手がける。本業のかたわら日本大学芸術学部文芸学科、横浜美術大学美術学部にて非常勤講師もつとめる。ZDNet Japanにて「Rethink Internet:インターネット再考」を連載中。http://japan.zdnet.com/cio/sp_16rethink_internet/

第二部モデレーター:田中佑典 Yusuke Tanaka

1986年生まれ。福井県福井市出身。日本大学芸術学部文芸学科卒業。クリエイティブエージェンシー「Yes, I am.」でのアシスタントプランナーを経て、フリーランスへ。大学時代に自身で立ち上げたカルチャーマガジン「LIP」を、現在は日本と台湾をつなぐカルチャーマガジンとして刊行。アジアにおける今後の台湾の重要性に着目し、日本と台湾を行き来しながら、日台間での企画やプロデュース、執筆、クリエイティブサポートを行う。














Event Timeline
Sat Dec 3, 2016
1:30 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
デジタルハリウッド大学
Tickets
学生 SOLD OUT ¥2,000
一般(早割:先着20名様) SOLD OUT ¥2,500
一般 SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア 3F Japan
Directions
JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅 聖橋口から徒歩1分/東京メトロ 千代田線「新御茶ノ水」駅B2出口直結/東京メトロ 丸の内線「御茶ノ水」駅出口1から徒歩4分/都営地下鉄線 新宿線「小川町」駅B3出口から徒歩6分
Organizer
Editors’ Lounge 事務局
225 Followers