Event is FINISHED

東京@ミニフォーラムJUDO3.0

Description
インドネシア・バリ島に道場を作り、バリの子供達に柔道を無償で指導されるかたわら、インドネシアと日本の柔道交流を長年実施されてきた仙石常雄先生をお招きして、柔道を通じて世界とつながる教育のこれからについて語り合います。

以下に関心がある皆様、ぜひご参加ください。

・柔道とグローバル教育
・海外に道場を作って柔道を教えること
・柔道教育の可能性
・インドネシア

【場所】
文京シビックセンター4階 区民会議室B(36名収容)
(講道館隣り)
東京都文京区春日1‐16‐21

・東京メトロ後楽園駅・丸の内線(4a・5番出口)南北線(5番出口)徒歩1分
・都営地下鉄春日駅三田線・大江戸線(文京シビックセンター連絡口)徒歩1分
・JR総武線水道橋駅(東口)徒歩9分
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html

【スケジュール】
19:00開場
19:30開始
・仙石先生のお話、
・自由トーク
21:30終了

【費用】
無料
※本フォーラムは、「海を渡って柔道をしたら世界が変わった」実行委員会のメンバーの会費・寄付により運営されております。

【申し込み方法】
本ページからチケットを取得ください。
または、以下のフォームにご記入ください。
https://goo.gl/forms/VcA8t7gXKHFpnzwH3
※facebookをご利用の方は、上記フォームにご記入のうえ、このイベントページで「参加予定」にしてください。

【内容】
トークとワークショップ

トーク
・仙石常雄先生
・「海を渡って柔道をしたら世界が変わった」実行委員会の「柔道→世界一の学校」構想(by酒井重義)

※スピーカー
仙石先生
講道館柔道8段
元 警視庁柔道指導室 柔道師範
元 警察大学校 術科教養部 助教授
元 講道館指導員、講道館技研究員
1977年より1979年までの2年間、国際交流基金の派遣によりインドネシアへ自身初となる海外柔道指導に赴く。
その後、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカなど世界各地40以上の国々で柔道を指導。
2005年4月10日より2007年4月9日までの2年間、JICA専門家としてインドネシアに再び赴任、活動する。
http://www.judo.or.jp/p/17324

酒井重義
 「海を渡って柔道をしたら世界が変わった」実行委員会代表
宮城県石巻高校柔道部卒。東北大学、同大学院法学研究科修士課程修了。元弁護士。柔道三段。都内で弁護士として活動後、近年の脳科学などから、社会をよくするポイントは「運動」と「つながり」を軸にした教育・福祉・医療の再構築にあるとの認識に至り、本プロジェクトを約10年前から構想。発達障害児向けの運動福祉施設の経営などを経て、2015年1月、本委員会を設立。

ワークショップ
自由トーク
以下の「柔道→世界一の学校」構想などもネタにして。
----------
2020年東京オリンピック
日本各地の希望する道場に
世界中から、これからの未来を担う柔道家10,000人が集う。
そして、日本の子供たちと一緒に柔道をして同じ釜の飯を食べる
こんな「おもてなし」ができないか?

オリンピックという一生に一度の機会を生かして
日本の柔道クラブと世界の柔道クラブを一気につなげ、
草の根柔道交流のグローバルネットワークを構築する。
現在、子供達が異国で柔道する機会はほぼありません。

しかしこれができたら、2020年以降、
子供たちは、所属のいかんを問わず、
世界中どこでも柔道ができるようになります。
実現するにはどうしたらいいか?

2020年に向けてワクワクドキドキの日々を過ごしませんか?
詳細こちら
https://peraichi.com/landing_pages/view/judo3npofounding
---------

イベントの詳細はこちらを
https://www.facebook.com/events/562919017233435/
Event Timeline
Tue Nov 15, 2016
7:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
文京シビックセンター
Tickets
チケット(無料)
Venue Address
東京都文京区春日1‐16‐21 Japan
Organizer
海を渡って柔道をしたら世界が変わった
57 Followers