Event is FINISHED

【11/13 文ラボ】文章を音読して書き写す、大人のための国語教室「文ラボ」太宰治の短編「雪の夜の話」をみんなで読もう!《初心者・一人参加大歓迎》

Description

*こちらのイベントは「Peatix」または「店頭」による事前決済制です。お支払いが確認出来次第、受付完了となりますのでご注意ください。
(当日お席がございましたら店頭お支払いも受け付けさせていただきます。)

このイベントは、読/書部にご参加の方は無料でご参加いただけます。

本好きの、本好きによる、本好きのための夢の部活「月刊天狼院書店」編集部、通称「読/書部」。ついに誕生!あなたが本屋をまるごと編集!読書会!選書!棚の編集!読書記事掲載!本にまつわる体験のパーフェクトセット!《5月1日創刊&開講/一般の方向けサービス開始》

太宰治のこと、別にそれほど好きではなかったんです。
前に読んだことがあるのは、高校生のころに、「人間失格」を一度。面白いは面白いけど、なんだか暗い人だなあ、と思い、それ以来、あまり太宰の作品に手を伸ばすことはありませんでした。

だから、文ラボの課題を探していて、「走れメロス」を取り上げようと思った時も、ただ「教科書でやったから」「懐かしいから」と、単純にそれだけの理由で選んだのです。太宰が特別好きだというわけでもなく、まあ、教科書に載ってた定番といえば、「走れメロス」だよね、的に、直感的に決めてしまったのです。

なのに、裏切られました。
完全に、予想をはるかに超えて、改めて読む走れメロスは、面白かった。

文ラボは、文豪の文章を音読し、書き写すことによって、自分の体に文豪の息遣いをなじませるイベントです。
音読のパートでは、中学や高校の授業でやったように、句読点ごとにみんなで文章を音読するのですが、もう、「走れメロス」を読んだ時の衝撃といったら、ありませんでした。

これは、音読してこそ面白い作品だ。音読するから、みんなで読むから、面白いんだ。

「走れメロス」の本当の面白さとは、声に出し、人と共有することで、本当に理解できるのではないか、と。文章が次々に変わっていく臨場感、本当に走っているかのような心地の良い文章のリズムなど、さまざまな要素が組み合わさり、緻密に計算し尽くされてつくられた小説であるかのような、そんな衝撃を受けたのです。
これほどに舌触りの良い文章が存在したのかと、私は心の底から驚きました。

さて、そのときの回に参加されていた方お一人から、あるリクエストをいただきました。

太宰治の「雪の夜の話」。新潮文庫「ろまん燈籠」に収録されている、短編です。
恥ずかしながら、私はこの短編を読んだことがなかったので、そのリクエストをいただいてから早速、目を通してみました。

おお、なるほど。これはたしかに、文ラボによさそうだ、と思いました。
口語調の文章。きっと口に出して読んだら気持ちがいいだろうな、と。

毎回、教科書に載っている「定番作品」をやる文ラボですが、今回は、この「雪の夜の話」にしたいと思います。

太宰治の文章の軽快さ、わくわくする、あの感じ。きっと一度、ご参加していただければ、わかると思います。

文ラボには、基本的にはいつも、本が好きな人、文学が好きな人が集まりますが、私は、このイベントには、必ずしも文学好きの人だけがくるべきであるとは思わなくなってきました。

というのも、文章を声に出して読む、そして原稿用紙に書き写すという作業は、ストレス発散になるのです。とても。
一時間半、集中して、文章に没頭する時間を持つと、心の中がスッとして、頭の中が軽くなったような気分になるのです。
私は、この気持ちよさを、より多くの人に体験して欲しいと思います。
というよりも、私個人的に、みんなで太宰治を読みたい!!笑

ということで、次回の文ラボのテーマは、リクエスト作品、太宰治「雪の夜の話」。

きっと、本の読み方や、考え方が、少し、変わると思います。
文ラボ、とても気持ちのいいイベントです。

どうぞ、楽しみに当日お越しいただければと思います。

【概要】
日時:11月13日(日)11:30〜13:00

▼コンテンツ

11:30〜11:40 自己紹介

11:40〜12:10 「雪の夜の話」をみんなで交代で音読しよう!

12:10〜12:20 休憩

12:20〜13:00 「雪の夜の話」を原稿用紙に書き写そう!

定員:20名様
参加費:1,000円+1オーダー
持ち物:
・太宰治「ろまん燈籠」(当日、店舗でご購入も可能です*数に限りがあります)
・お気に入りのペン(書き写す時用)
・原稿用紙
*イベントで使いますので、お持ちでない方は店頭にて「ろまん燈籠」をお買い求めください。すでにお持ちの方は必ずお持ちください。
*天狼院の原稿用紙「Mk-Ⅱ(マークツー)」をお買い求めのお客様は500円引きで参加いただけます。(マークツーの在庫が残り少なくなっております。手に入らない場合がありますのでご了承ください)
*原稿用紙をお持ちでない方にはコピー用紙(白紙)をお渡しします。が、原稿用紙のマス目に字を埋めていくのが文ラボの醍醐味ですので、なるべくお持ちいただければと思います。
*プラチナクラスの方は参加費半額(500円+1オーダー)でご参加いただけます。
*「月刊天狼院書店」編集部(読/書部)の方は参加費無料(別途1オーダー)でご参加いただけます。
場所:天狼院書店「東京天狼院」


*CLASS天狼院プラチナクラスについて→ 【破格の割引サービス】「CLASS天狼院」誕生〜最上ランク「プラチナクラス」は全店合計100名様限定〜《詳細・決済ページ》:http://tenro-in.com/tsushin/15866

本好きの、本好きによる、本好きのための夢の部活「月刊天狼院書店」編集部、通称「読/書部」。ついに誕生!あなたが本屋をまるごと編集!読書会!選書!棚の編集!読書記事掲載!本にまつわる体験のパーフェクトセット!《5月1日創刊&開講/一般の方向けサービス開始》

【注意事項】

・参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。
・本イベントの内容の著作権は、天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で、固く禁じます。

【お支払い】
「Peatix」または「店頭」による事前決済制
※お支払いが確認出来次第、受付完了となりますのでご注意ください。
(当日お席がございましたら店頭お支払いも受け付けさせていただきます。)

【天狼院書店へのお問い合わせ】

お問い合せ
TEL:03-6914-3618
*こちらのイベントは「Peatix」または「店頭」による事前決済制です。お支払いが確認出来次第、受付完了となりますのでご注意ください。
(当日お席がございましたら店頭お支払いも受け付けさせていただきます。)

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618
Event Timeline
Sun Nov 13, 2016
11:30 AM - 1:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京天狼院
Tickets
【一般】*別途1オーダー ¥1,000
【プラチナクラス】*別途1オーダー ¥500
Venue Address
東京都豊島区南池袋3−24−16 2F Japan
Directions
池袋駅から徒歩12分/東池袋駅から徒歩4分/都電雑司が谷駅から徒歩2分
Organizer
天狼院書店
1,320 Followers