Event is FINISHED

西森路代×小俣悦子×松崎まこと「ああ美しき麗しの島の“青春映画”熱愛トーク!!」映画『私の少女時代』公開記念

Description
『藍色夏恋』『九月に降る風』『あの頃、君を追いかけた』『GF*BF』『若葉のころ』などなど、染み透るようなみずみずしさと切なさで、私たちを夢中にする台湾発の青春映画! その決定版として、昨年台湾年間興行収入第1位を記録した『私の少女時代』が、11月26日(土)から、「ココロヲ・動かす・映画社」の第1回配給作品として、新宿武蔵野館などで公開されます。

中国、香港、韓国などでも大ヒットを記録したこの作品のヒロインは、どこにでもいる平凡なOLのリン・チェンシン。仕事にも恋愛にも疲れた彼女はある時、長年憧れる大スター、アンディ・ラウの歌声を聞いた時に、“少女時代”の思い出が甦り……輝かしくもいたましい“あの頃”の恋。ホントに好きだった“あの人”は今どこに?

今回、『私の少女時代』の日本公開を記念して、台湾“青春映画”の熱愛トークイベントを開催いたします。

なぜ台湾の“青春映画”は、日本の私たちの心をも捉えるのか? なぜ登場するキャラ=俳優たちは、あれほど魅力的にスクリーンに映えるのか?そのワケを深掘りいたします!

語りべにお招きするのは、台湾・香港・韓国といった東アジア全般のエンタメ事情に精通するフリーライターの西森路代さんと、キネマ旬報社発行『台湾エンタメパラダイス』の小俣悦子編集長。MCは、映画活動家/放送作家の松崎まことが務めます。

今回ご来場いただいた方には、『私の少女時代』新宿武蔵野館の公開初日(11/26<土>)に実施する、主演のビビアン・ソン舞台挨拶付き上映チケットの特別優先販売を実施! お楽しみに‼︎

※『私の少女時代』公式サイト

http://maru-movie.com/ourtimes.html

【出演者プロフィール】

西森路代(にしもり・みちよ)
ライター。アジアのエンタ―テイメントと女性について主に執筆。俳優論やインタビューなど多数。著書に『K-POPがアジアを制覇する』、共著に『女子会2.0』『大人アイドルV6論』がある。現在、TBSラジオ文化系トークラジオ Lifeにも出演のほか、日経WOMANオンライン、messy、月刊サイゾー、マチボンなどに連載を持つ。

小俣悦子(おまた・えつこ)
『台湾エンタメパラダイス』(キネマ旬報社)編集長。東京都出身。出版社や編プロで十数年の勤務を経て、2008年よりフリーランスのライター&編集者に。 韓国・台湾などアジアのエンターテインメントを中心に編集・執筆。台湾が大好きで、2011年5月に『台湾エンタメパラダイス』(キネマ旬報社・刊)を企画・編集。 現在『台湾エンタメパラダイスvol.16』が発売中! 『私の少女時代』は台湾公開時、大阪アジアン映画祭、チャイナエアラインの機内、マスコミ試写と4回鑑賞して毎回号泣(笑)。

松崎まこと(まつざき・まこと)
映画活動家/放送作家。1964年東京生まれ。早大卒。 “放送作家”としては、TOKYO-MX「博士の異常な鼎談」「松嶋×町山/未公開映画を観るTV」WOWOW動画「町山智浩の映画塾」などを担当。 “映画活動家”としては、「水道橋博士のメルマ旬報」に『映画活動家日誌~“田辺系”先物買いガイド』を連載、FM栃木「FRIDAY MOVIE SHOW」などラジオやTV番組、様々な映画イベントに出演、楽天カードHPで配信中の“田辺系”監督4人を起用した短編動画や岩崎友彦監督の長編作品『手のひらを太陽に』のプロデュース等々、幅広く活動。 「田辺・弁慶映画祭」には、2007年の「第1回」から参加。“映研審査員”などを経て、2014年の「第8回」からは、コンペティション部門ティーチインのMCを務める。 映画評論家松﨑健夫とのユニット“松崎ブラザーズ”の“松崎A”。

【出演】
西森路代 (ライター)
小俣悦子(『台湾エンタメパラダイス』編集長)
松崎まこと(映画活動家/放送作家)

【日時】
2016年11月24日(木)
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink

Event Timeline
Thu Nov 24, 2016
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,558 Followers