Event is FINISHED

中川五郎×戌井昭人「俺たちのブコウスキーが帰ってきた!」『ワインの染みがついたノートからの断片 -未収録+未公開作品集-』(青土社)刊行記念

Description
チャールズ・ブコウスキーがこの世を去ってから20年以上経った今年、突如として彼の新刊『ワインの染みがついたノートからの断片』(青土社)が発売されました。詩や小説、書簡集を含め、すでにアメリカ本国では100冊に及ぶ著作があるといわれているブコウスキーですが、生活のためにパルプ雑誌やタブロイド紙に書きまくった文章はまだまだ存在します。本書は、そんなテキストを蒐集する熱心な人物によって2008年にアメリカで編まれた未収録&未公開作品集です。

 スタイルとは何の盾もないことだ。  
 スタイルとは何の見せかけもないことだ。  
 スタイルとは究極の自然らしさだ。  
 スタイルとは無数の人間がいる中でたった一人でいるということだ。
 —————チャールズ・ブコウスキー(本書より)

酒、競馬、セックス、そして詩……。お馴染みのモチーフを散りばめた身辺エッセイから、風変わりなローリング・ストーンのコンサート評、敬愛する作家についての書評や序文、そして師と仰ぐジョン・ファンテの作品との出会いから晩年の彼との交流を綴った文章まで。正気と狂気のあわいで、孤独と怒りを抱えて、暴力と放浪の日々をすごした男が、唯一無二のことばで、ときにパンクにときにやさしく描きだす、社会の片隅で生きる者たちの物語の数々は、ブコウスキーが直接耳元で囁いているような「声」が感じられる、ファンには堪らない内容です。

この作品集の刊行を記念して、翻訳を手がけた中川五郎さんと鉄割アロバトロスケット主宰で作家の戌井昭人さんをお迎えして、トークイベントを開催します。中川さんは、日本で初めてブコウスキーが紹介された『詩人と女たち』をはじめ、『くそったれ!少年時代』『死をポケットにいれて』など彼の著作を数多く翻訳し、日本語でのブコウスキーの文体を確立させ影響を及ぼしたひとり。一方、ブコウスキーのファンを公言する戌井さんは、ご自身でも駄目男を主人公にした独特な作品を著しています。ブコウスキーの魅力はどこにあるのか、また現在の時点から彼の作品と人生をどのように評価できるのか、ブコウスキーについて徹底的に語りつくす一夜です。

【出演者プロフィール】
中川五郎(なかがわ・ごろう)


1949年大阪生まれ。フォークシンガー、訳詞家、音楽評論家、小説家、エッセイスト、翻訳家。主な訳書にチャールズ・ブコウスキー『詩人と女たち』『くそったれ!少年時代』『死をポケットにいれて』(いずれも河出文庫)、ハワード・スーンズによる伝記『ブコウスキー伝』(河出書房新社)、『ボブ・ディラン全詩集1962-2001』(ソフトバンククリエイティブ)、ボブ・ディラン『追憶のハリウッド'60s もうひとつのディラン詩集』(青土社)など多数。1990年代の半ば頃から活動の中心を歌うことに戻し、新しい曲を作りつつ、日本各地でさかんにライブを行なっている。アルバムに『終わり・始まる』(1969年 URC)、『25年目のおっぱい』(1976年 フィリップス)、『また恋をしてしまったぼく』(1978年 ベルウッド)、『そしてぼくはひとりになる』(2006年 シールズ・レコード)など。

戌井昭人(いぬい・あきと)
1971年東京生まれ。1995年玉川大学文学部演劇専攻卒業。文学座付属演劇研究所を経て、97年にパフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」を立ち上げる。小説家デビュー作となった2009年の「まずいスープ」から14年「どろにやいと」に至るまで、過去5度の芥川賞候補に選出。14年「すっぽん心中」で川端康成文学賞受賞。16年、酒好きの脇役俳優を主人公にした小説集『俳優 亀岡拓次』(文春文庫)が横浜聡子監督によって映画化された。

【出演】
中川五郎(フォークシンガー/訳詞家/音楽評論家/小説家/エッセイスト/翻訳家)
戌井昭人(俳優/劇作家/小説家)

【日時】
2016年12月7日(水)
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink

Event Timeline
Wed Dec 7, 2016
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,564 Followers