Event is FINISHED

大友良英+Asian Music Network トーク&ライブ

Description
11月25日(金) トーク&ライブ 
大友良英とアジアからの招聘アーティストによる音楽ライブ&トークイベント 
時間: 19:00-21:00(18:30受付開始) 
会場:市民会館おおみや 小ホール(さいたま市大宮区下町3-47-8)
定員:180名
出演:大友良英、dj sniff、ユエン・チーワイ、アーノント・ノンヤオ、デュト・ハルドノ、牧野貴  
※入場無料/自由席/予約優先
https://saitamatriennale.jp/event/2095

<プロフィール>

大友良英 / OTOMO Yoshihide (Japan)

1959年、横浜市生まれ。東京都在住。音楽家。ギタリスト、ターンテーブル奏者、作曲家、映画音楽家、プロデューサー。10代を福島市で過ごす。即興演奏やノイズ的な作品からポップスに至るまで、世界中で多種多様な音楽をつくり続けている。さまざまな背景を持つ人たちとの協働による参加型プロジェクトにも力をいれており、2011年の東日本大震災を受け「プロジェクトFUKUSHIMA!」を立ち上げるなど、音楽におさまらない活動でも注目される。近年は「アンサンブルズ」と名付けたコラボレーションを軸に展示する音楽作品や特殊形態のコンサート、また、ターンテーブルを用いたインスタレーションなどにより、美術の分野においても高い評価を得ている。2012年、芸術選奨文部科学大臣賞芸術振興部門、2013年、東京ドラマアウォード特別賞、レコード大賞作曲賞ほか数多くの賞を受賞。

招聘アーティスト

アーノント・ノンヤオ/Arnont NONGYAO(Thailand)

1979年、バンコク生まれ。大学で絵画を専攻しながらも、音響、映像、インスタレーション、サイトスペシフィックアートとパブリックアートを含む、様々な手法を作品に取り入れた活動を行っている。振動に関心を持ち、振動に関する多様な実験的なアートプロジェクトに取り組んでいる。

デュト・ハルドノ/Duto HARDONO(Indonesia)

アーティスト、実験音楽家、教育者。コラージュやドローイングの2次元に留まらず、日常品、使い捨ての楽器、レコードやカセットテープなどの既製品を動的に取り入れる。大衆文化、コンセプトアートや反アート運動から着想を得て、ダークヒューモアとアイロニーを帯びた作品を展開している。

牧野貴/MAKINO Takashi(Japan)

映画作家。2004年より単独上映会を開始。フィルム、ヴィデオを駆使した、実験的要素の極めて高い、濃密な抽象性を持ちながらも、鑑賞者に物語を感じさせる有機的な映画を制作している。前衛音楽家と共同作業においても、世界的に高い評価を獲得している。数多くの国際映画祭で受賞。

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-10-29 06:53:40
More updates
Fri Nov 25, 2016
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
市民会館おおみや 小ホール
Tickets
参加費無料

On sale until Nov 24, 2016, 6:00:00 PM

Venue Address
さいたま市大宮区下町3-47-8 Japan
Directions
大宮駅から徒歩15分
Organizer
Ensembles Asia Special/ Saitama triennale
204 Followers