Event is FINISHED

IT経営フォーラム2016in福岡

Description

【現在326名登録あり】

IT経営フォーラム2016in福岡

『地方ビジネスが成長する為の経営戦略』

2014年に人口急減・超高齢化という日本が直面する大きな課題に対し、政府一体となって取り組み、各地域がそれぞれの特徴を活かした自律的で持続的な社会を創生できるよう、内閣官房『まち・ひと・しごと創生本部』が設置されました。地方における人口の減少、高齢化は労働需給のひっ迫による人手不足という最大のリスクがあります。
中小企業にとっては少子高齢化による若年労働層の減少は一朝一夕に解決する問題ではなく、その場しのぎの対症療法ではない中長期的な人材戦略の重要性が増しています。そういった中小企業の悩みを、ITの側面でどのように解決できるのか?
今回はこれからの『九州・福岡』における地方創生をテーマに経営戦略のヒントとなるIT経営フォーラムを開催します。今後の企業経営をITの分野で解決していくヒントがここにはあります。

300名の経営者様と一緒に考え、地方の最新事例などを元に、企業経営を変革していきませんか?

 【日時】 20161111() 12:5018:00(開場12:00~)

 【費用】 参加無料

 【定員】 事前登録制 300名限定(現在232名申込済)

【参加資格】IT業界の方、ITを経営に活かしたいと考えている方

(経営層、営業、システム、マーケティングに関連する方)


Facebookイベントページ】

WEBページ】
http://www.jp-cloudia.co.jp/cloud2016/


【講師・講演内容】

オープニングセッション

『クラウドの未来』

ITの活用で企業の未来は変わる〜

株式会社テラスカイ
グローバルアライアンス部長
ジェイソン・ダニエルソン
(厚切りジェイソン)

1986年生まれ、2007年ミシガン州立大学工学部卒。シカゴGE Healthcare ITに入社し、並行にイリノイ大学アーバナーシャンペーン校の大学院を卒業。2010年にビックマシーンズ日本法人の立ち上げに参加、カントリーマネージャーに就任。2012年、株式会社テラスカイに入社し、米国法人TerraSky Inc.を設立。同年より、グローバルアライアンス部長と米国法人の副社長を担当。

第一講座

『地方の中小企業になぜ今クラウドが必要なのか』 

クラウディアジャパン株式会社

代表取締役

瀬戸口 将貴

大手通信会社に入社し、法人営業部門の取締役として 2008 年にクラウド型営業支援システムである Salesforce を導入。導入 1 年で前年比粗利額 132%アップを実現し、そ の実績を見込まれて Salesforce 九州ユーザー会会長に就任。 2013 年にクラウドに特化したシステムインテグレータであるクラウディアジャパン株式会社を設立。代表取締役 に就任。九州を中心にクラウドサービスの普及を推進している。 主にクラウドツールを活用した営業部門の生産性向上などを得意としており、すでに100社を超える企業へノウハウと技術を提供している。

本フォーラムの主催者であり、クラウディアジャパンは20164月に株式会社テラスカイと業務資本提携により地方での存在感を増している。

第一講座 

『大企業の事例から学ぶこれからのIT活用の在り方とは』

株式会社テラスカイ

代表取締役社長

佐藤 秀哉

1963年新潟県生まれ。87年東京理科大学理工学部卒業後、日本IBMに入社し、営業職に従事。2001年米セールスフォース・ドットコム日本法人の立ち上げに参画し、執行役営業統括本部長。05年システムインテグレーターのザ・ヘッド社長に就任。06年同社から分離独立したヘッドソリューションの社長に就任。072月テラスカイに社名変更。15430日マザーズ上場。

マザーズ上場時これからの期待値が非常に大きく、株価の急上昇が非常に話題になった。

第一講座 

『データー活用から見えてきた、企業の抱える課題解決法』 

株式会社サーバーワークス

代表取締役

大石

1973 新潟市生まれ 1996 東北大学経済学部卒業 丸紅株式会社入社後、インターネット関連ビジネスの企画・営業に従事 2000 当社設立、代表取締役に就任。

「クラウドで、世界をもっと、はらたきやすく」というビジョンを掲げ、企業の業 務システムのクラウド移行に注力している。

第二講座

『インバウンド戦略は2.0から3.0へ』

~インバウンドビジネスにおけるマーケティング戦略最前線~

株式会社ジャパンインバウンドソリューションズ

代表取締役

中村 好明

1963年、佐賀県生まれ。上智大学出身。2000年㈱ドン・キホーテ入社。広報・IR・マーケティング・新規事業の責任者を経て、087月、社長室ゼネラルマネージャー兼インバウンドプロジェクトの責任者に就任。137月、㈱ジャパン インバウンド ソリューションズを設立、その代表に就任。ドン・キホーテグループに加え、国・自治体・民間企業のインバウンド分野におけるコンサル業務、教育研修事業、プロモーション連携事業に従事。

著書

『ドン・キホーテ流 観光立国への挑戦』

(メディア総合研究所、2013年)

『インバウンド戦略』

(時事通信社、2014年)

『観光立国革命』

(カナリアコミュニケーション、2015年)

『空室が日本を救う!』

(共著、ダイヤモンド社、2016年)

第三講座

『企業のイノベーションは地方ですでに始まっている』

〜地方ビジネスだからこそIT活用がカギ〜

株式会社セールスフォース・ドットコム

執行役員

安田 大佑

2000年にDELL入社。法人向け中堅中小企業部門、コンシューマー部門の営業マネージャー、中国大連にて日本向けオペレーションサイトのマネジメントを経て、ITメーカー中心としてセールス・マーケティングのアウトソーシングする米国企業MarketStar Corporation日本代表に就任。その後、クラウド型メッセージング・Webセキュリティを展開する世界シェアトップであるメッセージラボ(現シマンテック.cloud)ジャパンコーポレートセールス シニアマネージャー。2011年よりセールスフォース・ドットコムに入社、現職に至る。

第三講座

『企業のイノベーションは地方ですでに始まっている』

〜世界2億人以上に使われている

Evernoteが語るEvernote Businessの魅力〜

エバーノート株式会社

日本・アジア太平洋地域

ビジネスアカウント担当ディレクター

積田 英明

16歳で単身アメリカに渡り、大学時代までサンフランシスコ、シリコンバレーで過ごす。San Jose State Universityにてコンピューターサイエンスを専攻。2007年日本マイクロソフト()に入社。Technical Account Manager として、同社のエンタープライズ向けクラウドサービスを導入している大手顧客企業の技術サポートを担当。2012年よりEvernote (Japan) にて、法人向け新クラウドサービス「Evernote Business」の立ち上げに従事し、世界同時リリースの成功に寄与。NTTドコモ社と世界初の代理店契約を締結し、地方にもクラウドを活用いただけるようにSMBに特化した2番目の代理店ビジネスモデルのパートナーシップを発表し、日本とアジア太平洋地域におけるパートナーシップ・営業を担当し、Evernote Business の拡販に努める。

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-11-04 04:13:54
Fri Nov 11, 2016
12:50 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
電気ビル共創館 みらいホール4F
Tickets
完全事前登録制チケット

On sale until Nov 10, 2016, 12:00:00 AM

Venue Address
福岡県福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 Japan
Directions
地下鉄渡辺通より徒歩2分
Organizer
クラウディアジャパン株式会社
210 Followers