Event is FINISHED

【ワークショップ】 海外に日本の発酵食の素晴らしさを伝えよう!麹のない国での味噌作り奮闘記

Description

タイ在住で、日本の発酵食文化の伝道師としてご活躍中の発酵マイスター大西孝典さんをお迎えして、海外での日本の発酵食の伝え方をレクチャーいただきます。

大西さんは、日本の食材が手に入りにくいエリア在住の日本人や、日本食文化に興味のある外国人に対する発酵食品製造のレクチャー、啓蒙活動を行っていらっしゃいます。

ニーズは、麹作りに始まり、味噌作り、醤油作り、味醂、どぶろく、漬物等々、多岐に渡ります。

現地の材料を使って日本の麹や味噌、醤油、味醂等の作り方の手法を紹介するという少し荒業的な手法は、実際に日本に在住している方でも、特に発酵食品の製造の経験が少ない方たちにとっては、きっとお役に立つのではないでしょうか?

また、今後日本の味噌などが世界にもっと認知され、日本人以外の人々に浸透するためには何が必要か、といった発酵食品の国際情勢の考察などについてもレクチャー頂きます。

大西さんがアジア諸国を回る中で、ご自身の想像以上に外国の方たちも日本の味噌に興味を持っているということに驚かれたそうです。

しかし、味噌汁は好きだか、味噌がどうやって作られているのかが全くわからないという意見が多く、日本の味噌を本当に世界に広げるためには、まず麹作りを簡素化し、外国人にも実際に麹を作らせなくてはならない、と感じていらっしゃいます。

日本では余り知る事のできない海外の諸事情も報告も含め、楽しいお話を伺います。

タイ北部の納豆、タイの甘酒、魚醤類、タイの発酵ソーセージなど、日本では食べることのできない発酵食の試食もお楽しみに。

日時:1125日() 1330153015分前から入室可能)

場所:日本発酵文化協会東京会場(祐天寺(スーソヤマフジ)「旧豆種菌」)

→mapはこちら http://hakkou.or.jp/map.php

講師大西孝典講師プロフィールはこちら http://hakkou.or.jp/lectures/index3#koushi_53

定員:25

会費:3.780円(税込み)

ご試食:タイ北部の納豆、タイの甘酒、魚醤類、タイの発酵ソーセージなど

     (日本税関通過出来ない可能性もございますので、その際は試食変更となりますことをご了承ください

持ち物:筆記用具・ハンドタオル

受講者人数が10名様に満たない時は中止となる場合がございますのでご了承ください。

中止の場合は事前にご連絡いたします。

キャンセルに関しましては、仕入れの都合上、受講料全額分のキャンセル料が発生致します。



Event Timeline
Fri Nov 25, 2016
1:30 PM - 3:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
受講料 ¥3,780

On sale until Nov 22, 2016, 11:50:00 PM

Venue Address
東京都目黒区五本木1丁目6-3 Japan
Directions
祐天寺駅から徒歩約6分
Organizer
一般社団法人 日本発酵文化協会
860 Followers