Event is FINISHED

ハフィントンポスト&朝日新聞メディアラボ主催「はぴテク ~テクノロジー&ハピネス~」vol.01

Description

「はぴテク ~テクノロジー&ハピネス~」vol.01

■概要・コンセプト

現代において、日々新しいテクノロジーが生み出されては、私達の生活も変化していきます。その変化のスピードは私達が慣れるより早く加速度的に進んでいくため、そういったテクノロジーに対して、どう向き合っていくかがますます問われていくでしょう。

このトークイベントは、毎回、最先端のテクノロジーに明るいゲストをお呼びして、そのテクノロジーが示唆する本質的なテーマについて、司会のハフィントンポストの編集長の竹下降一郎さんが尋ねていきます。

しかし、テクノロジーそのものの可能性など小難しくなりがちな話というよりは、いかにそれを使って我々が幸せになれるか?ということを、お茶の間感覚で話してもらい、参加者でシェアできるような場を目指します!

■日時■

日時:2016年11月15日 18:50〜21:00
(その後、会場にて簡単な懇親会を行います)
場所:朝日新聞メディラボ渋谷分室(渋谷区神宮前6-19-21 ホルツ細川ビル4F
参加費:事前振込み1800円  当日2000円  
定員:30人予定

■司会■

竹下降一郎 (「ハフィントンポストジャパン」編集長)

慶應義塾大法学部政治学科卒。2002年に朝日新聞社に入社。経済部でツイッターを使った選挙の世論分析プロジェクト「ビリオメディア」の中心メンバーとなったほか、2014年~2015年のスタンフォード大客員研究員をへて、朝日新聞社のR&Dや新規事業を展開する「メディアラボ」でビジネス開発に携わる。2016年6月より現職。

■ゲスト■

小島由香(FOVE 代表取締役 / 共同創業者]

目の動きで仮想世界を自在に操作する、世界初の視線追跡型VR用ヘッドセット「FOVE」を開発。ソニー・コンピュータエンタテインメントのゲームプロデューサーとして、プレイステーション3の制作リードを務めていたが、物語の未来はゲームの双方向性にあると信じ、視線追跡と顔認識技術を最大限利用した仮想世界での非言語コミュニケーションを提唱。ソニーを退社しFOVE創業。KickStarterキャンペーンで48万ドル強を集め、6月にはサムスン・ベンチャーズからの資金調達を実施するなど製品化への動きを加速している。

http://www.getfove.com/jp/

■こんな人にお薦め、こんな話が聞けるはず■

・専門的なテクノロジーの話には明るくないが、今の自分の仕事の参考のために知りたい。
・小島さんがVR技術と出会って感じた可能性
・多くの人にとってテクノロジーによって広がる可能性とは何か?
・テクノロジーと物語の関係性
・VRとはなにか?これからどう盛り上がっていくか?

■主催■
「ザ・ハフィントンポスト ジャパン」 http://www.huffingtonpost.jp/
「朝日新聞メディラボ」http://www.asahi.com/shimbun/medialab/
「P」http://www.produce-party.com

Event Timeline
Tue Nov 15, 2016
6:50 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
朝日新聞メディラボ渋谷分室 
Tickets
事前申し込み ¥1,800
当日券 ¥2,000
Venue Address
渋谷区神宮前6-19-21 ホルツ細川ビル4F Japan
Organizer
クリエイティブな人のための知的教養講座『P』
595 Followers