Event is FINISHED

古市憲寿×先崎彰容×丸山俊一 「“絶望の国”の“違和感”は“肯定”できるか?」 『ニッポンのジレンマ』スピンオフ

Description

1975年以降生まれの新世代がこの国の今を語り、討論する、NHK・Eテレ「ニッポンのジレンマ」。MCを務める古市憲寿さんと準レギュラー出演者の先崎彰容さん、そして番組を手がける丸山俊一プロデューサーによるクロストークイベントです。

テレビで切れ味良いコメントで人気を博し、社会学者として様々なルポルタージュを上梓、ノンフィクション作家としても活躍する古市さんと、日本思想が専門で、先人の知恵を読み解き、幅広い教養を武器に鋭い論考で日本社会を斬る先崎さん、そして教養エンタメから新感覚のドキュメントまで、幅広いジャンルで数多くの異色番組を開発し続ける丸山さんの組み合わせから、一体、どんな話が飛び出すか?

今時代の転換期にあって言論空間の新たな展開は?討論番組、教養番組の新しい姿は?

番組制作の裏話をまじえ、それぞれの著書のキーワード、「絶望の国」「違和感」「肯定」などをきっかけに、ざっくばらんに今という時代を、自由闊達に語り合います。今、ジレンマを越えていく道は?

古市憲寿プロフィール

1985年東京都生まれ。若者の生態を的確に描出し、クールに擁護した著書『絶望の国の幸福な若者たち』(講談社)などで注目される。日本学術振興会「育志賞」受賞。著書に日本社会の様々な「ズレ」について考察した『だから日本はズレている』(新潮新書)などがある。最新刊の『保育園義務教育化』(小学館)では、女性が置かれた理不尽な状況を描き、その解決策を示す。

先崎彰容プロフィール

1975年東京都生まれ。東京大学文学部倫理学科卒。東北大学大学院博士課程を修了、フランス社会科学高等研究院に留学。20164月より日本大学危機管理学部教授。専門は日本思想史。著書に『ナショナリズムの復権』(ちくま新書)、『違和感の正体』(新潮新書)他。

丸山俊一プロフィール

1962年長野県生まれ。慶大経済学部卒業後、NHK入局。教養番組部ディレクターなどを経て現在NHKエンタープライズ番組開発エグゼクティブ・プロデューサー。過去に「英語でしゃべらナイト」「爆問学問」「ソクラテスの人事」など企画制作。 現在「ニッポンのジレンマ」「ニッポン戦後サブカルチャー史」「欲望の資本主義」他をプロデュース。 著書に『すべての仕事は「肯定」から始まる』(大和書房)他。 藝大、明学大で教壇にも立つ。

Event Timeline
Fri Nov 18, 2016
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,534 Followers