Event is FINISHED

女子欲研の習い事 ~森本真二さんに習う陶芸 ハレの日の祝い皿 (20センチ大)と小物~

Description

森本さんの作品は日常使いの器や花器を中心に、黒釉、 赤織部、 黒釉に加え、天目釉など、作陶の幅の広さと存在感に定評があります。プロの陶芸家の手ほどきによる器作りは、初心者でも驚くほど完成度高いものに。釉薬は20種類以上から選べます。初回は新年などのハレの日のとき使う、祝い皿と小物を手びねりで作ります。日々の喧騒から離れ、土をこねながら、自分と向き合う優雅でたおやかな時間を過ごしてみませんか。


講師


森本真二(陶芸家) 

1987年より作家活動を開始。ヨーロッパ14カ国の研修を経て帰国。池田満寿夫や海外のアーティストのテクニカル・アドバイザーなども務める。京都を拠点に、大阪・ホテルリッツカールトンや阪神百貨店、京都・高島屋、東京・松屋銀座、玉川高島屋などで個展を開催。1998年に京都・山科から、自然豊かな亀岡・東別院に工房を移す。2015 年に 松屋銀座にて、20周年記念個展を開催。また、自身が主宰している陶芸教室では、丁寧な指導とプロ級の仕上がりに、リピーターが多い。

【最近美しいと思ったコト・モノ】工房を取り巻く自然、植物、動物


コーディネーター

山本貴代

女性生活アナリスト、「女の欲望ラボ」代表

静岡県出身。博報堂時代(1988~2009)は、CM制作と生活者研究に長く携わる。2009年より「女の欲望ラボ」代表。現在では日本女性~アジア10カ国の女性までをネットワークし、日々様々な手法で本音を引き出している。座右の銘:人生万事塞翁が馬。専門は、女性の欲望・心理・行動研究 。
著書に『女子と出産』(日本経済新聞出版社)、『晩嬢という生き方』(プレジデント社)、『ノンパラ』(マガジンハウス)、『探犬しわパグ』(NHK出版)。共著に『黒リッチってなんですか?』(集英社)『団塊サードウェーブ』(弘文堂)など多数。

【最近美しいと思ったコト・モノ】①見慣れた街にかかった雨上がりの虹と、それを見上げる幸せそうな街の人の顔
②同窓会で35年ぶりに蘇る人の記憶と変わらぬ友情
③夏の終わり、エステ後、蘇った自分の肌細胞のキメ


※ 受付開始時間:10:30
※ 駐車場はございませんのでお越しの際は公共交通機関をご利用ください。

お申し込みに際してのご注意事項

イベント参加のお申し込み、ならびに料金のお支払いはPeatixではなくワコールスタディホール京都のサイトとなります。「チケットを申し込む」をクリックするとワコールスタディホール京都のサイトに遷移いたします。

お支払い方法

クレジットカードによるお支払いのみです。
ご本人名義のクレジットカード(VISA、MASTERのみ)によるお支払いとなります。
お支払い方法は「一回払い」のみで、「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません。
※ お申し込み後の変更、キャンセル及び返金は承っておりませんのでご了承ください。

申し込み確認

申し込み完了メール(受講証)が届いた時点で申し込み完了となります。
申し込み完了メール(受講証)が届かない場合は、下記までお問い合わせください。

受講に際して

受講当日、受付にて申し込み完了メール(受講証)をプリントしてご持参いただくか、メールの画面をご呈示ください。

講座に関するお問い合わせ

ワコールスタディホール京都  075-556-0236
お問い合わせ受付時間:9:30-17:00 火曜~金曜(年末年始・祝日をのぞく)
※お電話やメールでの利用申し込みは受け付けておりませんので、ご了承ください。

当ウェブサイトで取得いたしますお客様の個人情報の取り扱いについては、当社の「個人情報の取扱について」をご確認ください。
Event Timeline
Sat Oct 29, 2016
10:00 AM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ワコールスタディホール京都
Tickets
7,560円 ※材料費込み ※ライブラリー・コワーキング1日利用券付き
Venue Address
京都市南区西九条北ノ内6 Japan
Directions
京都駅八条口より徒歩7分
Organizer
WACOAL STUDYHALL KYOTO (ワコールスタディホール京都)
109 Followers