Event is FINISHED

『ラッセンとは何だったのか?』  出版記念
いま、ここからのラッセン vol.2

Description

6月の刊行以来、各所で大きな反を呼んでいる籍『ラッセンとは何だったのか?』。本は、美史上で「タブ」とされてきたクリスチャンラッセンを、アト、メディア、哲学、精神分析、表象文化などさまざまなフィルドから俯瞰し、代によみがえらせた、格のあと生々しい籍です。

8/29(木)に催した第1回は、ヤンキ文化を中心に、日本美界の状、ラッセンをでる日本人の精神性、郊外カルチャー論など広範囲のトクから、わたしたちにひそむ「内なるラッセン」と向き合うとなりました。

2回となる今回は、執筆者より千雅也さん、大山エンリコイサムさん、著者の原田裕さんをお迎えし、哲学的かつ芸的かつ国的に、ラッセンを起点とした代の「ハイカルチャ」と「大文化」の受容と評価変遷について、空を越えてじます。代美象化しようとするメタ意とは、一体「の」意なのでしょうか。来者は、第1回とはまったくったポエトリな「価値観の乱交」に身を委ねることとなるでしょう。ご参加お待ちしております。

者プロフィ

千葉雅也(ちば・まさや)
1978
年生まれ。哲学/表象文化論。立命館大学先端総合学術研究科准教授、批評家。近作は、「あなたにギャル男を愛していないとは言わせない──『クー ル・ジャパノロジー』と倒錯の強い定義」(『思想地図β』第3号)、連載論考「アウト・イン・ザ・ワイルズ」(『現代思想』20125月〜)、「思考停 止についての試論──2013年のフランシス・ベーコン展」(『すばる』20136月)など。

大山エンリコイサム(おおやま・えんりこいさむ)
美術家。1983年、東京生まれ。慶應義塾大学卒業後、東京藝術大学大学院修了。グラフィティの視覚言語から抽出された「クイックターン・ストラクチャー (Quick Turn Structure)」というモチーフを軸に、ペインティングやインスタレーション、壁画などの作品を発表する。また現代美術とストリートアートを横断す る視点から、批評活動やシンポジウムへの参加も並行して行なう。2011年秋のパリ・コレクションではCOMME des GARÇONSにアートワークを提供するなど積極的に活動の幅を広げている。現在ニューヨーク在住。
http://www.enricoletter.net

原田裕(はらだゆうき)
1989
年山口生まれ。美家。主な活として、展に「原田裕展」(Art Space Hap2007年)、「原田裕展」(新地ギャラリ2007年)、キュレションに「ラッセン展」(CASHI2012年)、「心写真展」 22:00画廊、2012年)、考に「アラン」(武野美大学秀作品展出品、2013年)など。藝術大学大学院美研究科修士程先端芸現専攻在籍。

【出演】
千葉雅也(批評家)
大山エンリコイサム(美術家)
原田裕規(美術家)

【日時】
2013年10月17日(木)
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
http://bookandbeer.com/

【入場料】
1500yen + 1 drink order




Event Timeline
Thu Oct 17, 2013
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
当日現金支払(1500yen+500yen/1drink)
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,539 Followers