Event is FINISHED

『WORK SHIFT』読書会

Description

未来読書会とは

未来読書会は、本を通して自らの未来のため新しい価値を創造していく場としてのコミュ二ティーです。
大好きなことで生きていこう”をモットーに、本を中心にして異なる考えの人達が話し合い、良質なコミュ二ケーションを通し自らの新しい価値と10年後の自分を創造していくことを目指しています。


10月は『WORK SHIFT』
毎月1冊のテーマ本を参加者で一緒に読み、意見交換シェアを行います。
今月の課題本は2013年にビジネス書大賞に選ばれた『WORK SHIFT』です。

【日程】

【参加費】
500円

【開催場所】
都内公共施設
(詳細は申し込み後、返信メールにてご連絡します。)

最寄り駅
 半蔵門線 水天宮前駅
 日比谷線 人形町駅
 浅草線  人形町駅
 東西線  茅場町駅

本書の冒頭にはこう書かれています。

"「漫然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、 「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。
どちらの人生になるかは、〈ワーク・シフト〉できるか否かにかかっている。"

世界的に働き方が激変している今、これまでとは違う働き方が求められています。
極端に言えば、その働き方によって 下流民か自由民に二極化します。

下流民にならないために今、〈3つのシフト〉が必要です。
その〈3つのシフト〉は是非、本書で確認してみてください。


【課題本紹介】
"下流民か、自由民か。地球規模で人生は二極分化する"

2025年、私たちはどんなふうに働いているだろうか?
ロンドン・ビジネススクールを中心とした、「働き方コンソーシアム」による、 世界規模の研究が生々しく描き出す2025年のに働く人の日常。
「漫然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、 「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。
どちらの人生になるかは、〈ワーク・シフト〉できるか否かにかかっている。

働き方が変わる! 〈5つのトレンド〉
●テクノロジーの発展
●グローバル化
●人口構成の変化と長寿化
●個人、家族、社会の変化
●エネルギーと環境問題

働き方を変える! 〈3つのシフト〉
●ゼネラリスト→連続スペシャリスト
●孤独な競争→みんなでイノベーション
●金儲けと消費→価値ある経験

「食えるだけの仕事」から意味を感じる仕事へ、 忙しいだけの仕事から価値ある経験としての仕事へ、勝つための仕事からともに生きるための仕事へ。
覚悟を持って選べば、未来は変えられる。

◆著者紹介
リンダ・グラットン(Lynda Gratton)
ロンドン・ビジネススクール教授。
経営組織論の世界的権威で、英タイムズ紙の選ぶ「世界のトップビジネス思想家15人」のひとり。
ファイナンシャルタイムズでは「今後10年で未来に最もインパクトを与えるビジネス理論家」と賞され、 英エコノミスト誌の「仕事の未来を予測する者トップ200人」に名を連ねる。


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-10-24 13:22:43
More updates
Thu Oct 27, 2016
7:30 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
都内公共施設(人形町)
Tickets
参加費 ¥500
Venue Address
人形町 Japan
Organizer
未来読書会
263 Followers