Event is FINISHED

伊豆大島が舞台のバカンス映画『二十代の夏』 #3 横浜にぎわい座

Description

伊豆大島が舞台のバカンス映画『二十代の夏』上映会開催。


駆け出し小説家の主人公と島で出会った女性の恋。「二十代男性の未熟さ」という自己省察的な視点から、より高い精度で女性を見つめ直した映画。

監督と脚本は映画『ハッピーアワー』(濱口竜介監督)で助監督を務めた高野徹。主演は演劇集団「円」所属の戎哲史。

予告編を公開しました!>


【ストーリー】

駆け出し小説家のカズキ(28)は新作執筆のため、故郷の島で夏休みを過ごしていた。ひょんなことから、滞在していたペンションの管理をカズキは任されることになり、宿泊客のレイコ(28)とユカ(24)に出会う。カズキはレイコに昔付き合っていた女性の面影を見出し、いとも簡単に心奪われてしまう。ある晩、酒を飲んでいた3人はユカの奔放な振る舞いをきっかけに大きく衝突をはじめる。


【イントロダクション】

『島の女たち』という仮題の元、制作をスタートした本作は公益財団法人アーツカウンシル東京の助成プログラムに選出されるとともに、クラウドファンディングを通じた幅広い支援を得て、2015年晩夏に伊豆大島で撮影された。当初「女性のわからなさ」をテーマに制作が進められてきたが、撮影・編集を経てそのテーマは発展をとげ、「二十代男性の未熟さ」という自己省察的な視点を獲得し、より高い精度で女性を見つめ直すドラマとして成功している。


【トークショー】

六反征吾(陶芸家/Bar マスター)×高野徹(本作監督)


【開催概要】

日時:11月27日(日)17時00分~(16時30分開場)

会場:横浜にぎわい座(神奈川県横浜市中区野毛町3−110−1 カスタリア桜木町)

JR線・市営地下鉄線「桜木町」駅下車、徒歩3分、「野毛ちかみち」南1番口より80m

京浜急行線「日ノ出町」駅下車、徒歩7分

横浜市営バス、江ノ電バス「野毛大通り」下車


料金:1,000円

お問合せ:filmoshima@yahoo.co.jp

公式WEBサイト:http://summer20s.tumblr.com/

Event Timeline
Sun Nov 27, 2016
5:00 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
横浜にぎわい座
Tickets
一般チケット ¥1,000
Venue Address
神奈川県横浜市中区野毛町3−110−1 Japan
Directions
http://nigiwaiza.yafjp.org/access/
Organizer
伊豆大島が舞台のバカンス映画『二十代の夏』
645 Followers