『年忘れ!お江戸劇場 Theニッポンの大宴会!』

Description

クリスマスの夜に江戸時代にタイムスリップ!?
きものや和風な生活にご興味ある方、お着物関係のお仕事の方、純和風な大宴会を楽しみたい、普段着物を着る機会がない、着物を着てみたいと思っているだけのキモノ全くの初心者さんも上級者さんも、一緒に着物遊びしませんか?
旨い酒と美味しい食事、太鼓やお三味線でどんちゃん騒ぎ♪

単なる飲み会ではありません!余興がたっぷり。

日本髪に黒留袖の粋な芸者の踊りや勇猛果敢な武将の踊り♪
日本のこころである民謡舞踊や色っぽい新日本舞踊♪
普段滅多に見る機会のない様々な日本の舞踊は、宴会にもってこいの楽しいモノばかりをラインナップし華を添えます。


「日本舞踊って堅苦しいものじゃなかったの??」と。
CDでなく生のお三味線や太鼓もさぞかしワクワクドキドキされる事でしょう!

お酒もまわってきた頃には威勢の良い和太鼓に合わせてみんなで盆踊りを踊りましょう♫
知らぬ同士が仲良くなれるのが、盆踊りやお座敷のマジック♪

江戸時代さながらの『THE・ニッポンの大宴会!』で今年の疲れをすべて忘れ、明るく楽しく新しい出会いを!

スペシャルゲストはこちらの皆さまです!


「牛深ハイヤ節」 東京牛深ハイヤの会


牛深ハイヤ節は熊本県天草市にある牛深に江戸時代から伝わる民謡舞踊で、全国40ヶ所以上に伝わっているハイヤ系民謡のルーツとなっている元祖ハイヤ節です!
牛深に寄港した船乗りたちは、陽気な「ハイヤ節」を肴に酒宴を開き、その思い出を「牛深三度行きゃ三度裸、鍋釜売っても酒盛りゃしてこい」と唄い、次の港へと伝えていったそうです。
それが全国各地に伝わり、その土地土地の民謡にハイヤを取り入れた事から「牛深ハイヤ節」がハイヤ系民謡のルーツと言われています。

「石見神楽 大蛇(おろち)」 石見神楽東京社中


天の岩戸にアマテラスオオミカミが隠れてしまったときに、アメノウズメが舞ったのが神楽の起源とされています。
石見神楽(いわみかぐら)とは、島根県西部の石見地方に古くから伝わる里神楽で、神社の祭礼に夜を徹して奉納される伝統芸能です。
今回は石見神楽の演目の中でも特に有名なスサノオノミコトの八俣の大蛇(やまたのおろち)退治です。
17メートルもある大蛇と戦うスサノオの迫力ある舞をとくとご覧ください!

常磐津三味線 常磐津齋櫻

銀座と人形町の三味線教室を運営され、書道家とのタイアップなど各地で精力的にイベントを行い、古典芸能の楽しさを伝える活動をされています。

その他にも日本舞踊の地方さんとして華やかな舞台に出演されたり、テレビ出演で片岡鶴太郎さんに三味線のお稽古をしたりと様々な方面で活躍中です!


和太鼓奏者 太鼓打ちシンゴ

2015年にメキシコ、パナマなど中米5カ国を回るツアーに参加。

アイドルグループ【嵐】の東京ドームコンサートに参加するなど、国内外で活躍中の和楽器アーティストです!



ぜひこの興奮を生で体感してください!皆様のご参加お待ちしております!

【日時】
平成28年12月25日 16:30開場17:00宴会スタート
【参加費】
男性10,000円 女性8,000円 飲み放題
子供2,000円
【会場】
雲光院浄土宗 龍徳山 雲光院)
徳川家康公の側室 阿茶局(あちゃのつぼね)が眠る菩提寺です。
阿茶局は武家出身の女だけに、馬術や武芸にも優れ、才知も比類なく長けていましたので、側室でありながら、家康公の懐刀として信頼を得、戦場や政治の中枢にも身を置きました。
政権奪取への緒戦への随行はもとより、大阪冬の陣、夏の陣では、和睦の使者として歴史に残る活躍をされました。

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-11-21 08:10:30
More updates
Sun Dec 25, 2016
5:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
男性 ¥10,000
女性 ¥8,000
子供 ¥2,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Dec 24, 2016.

Venue Address
東京都江東区三好2-17-14 Japan
Directions
地下鉄都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」徒歩5分
Organizer
深川おどり
1,089 Followers