Event is FINISHED

アイデアソン:AgIC 導電性インクで茶室の「火」をデザインする 「シーン x マテリアル」の視点で試みる、テクノロジーと文化の融合

Description

正式なお申し込みは下記のMTRL KYOTOイベントページよりお願いします。
https://mtrl.net/kyoto/events/160928_agic-ideathon/


本イベントは、「茶室」を舞台に、AgICを用いた新しいプロダクトや表現、コミュニケーションデザインを考えるアイデアソン。「亭主が客をもてなす」場である茶室において火や電気が使われる場面を、AgICの機能や特性を活かしてアップデートすることを試みます。

AgICについて
電子回路といえば、金属の線をつなぎ合わせて作るもの。そんな既成概念を打ち壊すのが、AgICのプリンテッド・エレクトロニクス技術。アーティストや、最先端を行く開発者から、注目を浴びています。

テーマ
「茶室の火」


古来は火、今はそれに代わるものとして電気。日本文化において「火」が使われる場面で、AgICを用いた表現を考える。平面から電気をつくるデザインで、茶室という宇宙における新たな「用の美」を生み出す。


INFORMATION

アイデアソン:AgIC 導電性インクで茶室の「火」をデザインする

「シーン x マテリアル」の視点で試みる、テクノロジーと文化の融合

日 時 2016/10/16(日) 13:00〜17:00

場 所 MTRL KYOTO

参加費 1,000円 

定 員 15名

企 画 MTRL KYOTO / AgIC


タイムテーブル

 13:00 座学 - 素材を知る時間(AgICについて / 茶室について)

 14:00 グループワーク  -少人数のチームで

      ① 茶室において電気が求められる場面を探す

      ② シーンを決めて、デザインコンセプトを考える

      ③ コンセプトを形にする、ダーティープロトタイピング

 15:00 発表 -チームごとにプレゼンテーション

 16:00 講評・審査

こんな人におすすめ

・電気を用いた新しいプロダクトの開発に携わる人

・照明やヒーターなど、光や熱を制御するシステムやパーツの製造に携わる人

・「回路が描ける」導電性インクでの表現に興味があるグラフィックデザイナー

・「コミュニケーションの場面から新しい表現を考える」ことに興味があるプロダクトデザイナー

・工芸やアートにおいて、最新のテクノロジーを試すことの必要性や意義を感じるクリエイター・職人


GUEST

杉本 雅明(AgIC株式会社 取締役)


大久保 文之(RAWS代表)

「ニッポンを伝え、ニッポンを愉しむ。」
RAWS代表。国内外問わず、日本伝統の文化をテーマにしたエキシビション・ パフォーマンス・インスタレーションをプロデュース。様々なジャンルのマイスターが参加するエキスパート集団<RAWS>を主宰。日本の芸道や伝統芸能にインスパイアされたプロダクトデザインの企画から空間デザイン、建築設計を行う。
日本古来の茶室や集合施設での文化発信をはじめ、ニューヨーク、ミラノ、シンガポールなど海外での茶会・展示の運営や講演活動も積極的に行う。代表を務めるアートギャラリー<ringsArt>では古美術、現代美術をカテゴライズせず「茶ノ湯」と「美術」の数寄な関係性を発表している。自身も家業である1937年創業のおおくぼ畳店の三代目を襲名。

Event Timeline
Sun Oct 16, 2016
1:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Venue Address
京都府京都市下京区本塩竈町554 Japan
Directions
https://mtrl.net/kyoto/access/
Organizer
AgICのインク、回路マーカー、電子回路学習キット、回路用紙、ユーザーコミュニティー
8 Followers