Event is FINISHED

本屋<で売ってない本>大賞 ♯本屋とデモクラシー

Description

Peatixのチケットは満席につき、受付を終了しました。

店頭・電話で引き続き受け付けております。

TEL:03-5373-3371

_________________________________________________________________


9月に渋谷でキックオフイベントが行われた 「#本屋とデモクラシー」の第二弾が、

「高円寺フェス」でにぎわう10/29(土)、高円寺にやって来る!


「本が売れない」が常識になりつつある現在においても、
オルタナティブな出版の世界は熱を失ってはいない。

書店で扱っている本になくて、
東京アートブックフェアやコミティアで売れていく本にあるものは何か。

発信できずにいられない人たちがつくった、
日本・世界のZINE、リトルプレス、ローカルメディアなどを取り上げ、
オルタナティブな出版の世界についてコッテリと語り合う。


■日程
10/29
(土)17:00開始 18:30頃終了予定 (16時半開場)

■チケット

1,500円(1ドリンクオーダー制)

■ご予約

①Peatix ②店頭受付 ③電話03-5373-3371にてご予約を承っております。


■ご登壇者(五十音順)

都築響一さん(編集者、写真家)
仲俣暁生さん(編集者、文筆家)
ミネシンゴさん(編集者、『美容文藝誌 髪とアタシ』編集長)

■ご登壇者紹介

【都築響一さん】

1956
年、東京生まれ。
雑誌『POPEYE』『BRUTUS』(マガジンハウス)の黎明期に編集者として活躍。
その後も『TOKYO STYLE(筑摩書房)ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』等、

大手メディアが取り上げないリアルを切り取る作品を次々に生み出す。
現在では週刊メールマガジン『ROADSIDERS’weekly』を配信し、日本および世界のロードサイドを巡る取材を続けている。


【仲俣暁生さん】

1964
年、東京生まれ。
情報誌『シティロード』、『WIRED日本版』などの編集部を経て、

1997年より2005年まで『季刊・本とコンピュータ』の編集部に参加(200305年は編集長)。

同誌終刊後、現代文学論、出版メディア論などの執筆のかたわら、フリーランスで書籍やウェブサイトの企画・制作・編集にたずさわる。

09年より株式会社ボイジャーと出版の未来を考えるWebメディア「マガジン航」を創刊、15年より編集発行人を務める。


【ミネシンゴさん】

1984
年、神奈川生まれ。

夫婦出版社「合同会社アタシ社」代表社員。

東京、神奈川で美容師4年、美容専門出版社 髪書房にて月刊Ocappa編集部に2年在籍したのち、 2011年にリクルート入社。

リクルート在籍中に「美容文藝誌 髪とアタシ」を創刊。

フリーペーパーKAMAKURA 副代表、「渋谷のラジオ」パーソナリティ。

近い将来、鎌倉逗子に住みたい働きたい学@BUKATSUDO モデレーター。湘南小商い作戦会議@湘南T-SITEモデレーター。

編集を軸に、ローカル、美容、場づくりの仕事をしている。

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-10-19 09:29:45
More updates
Sat Oct 29, 2016
5:00 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
文禄堂高円寺店イベントスペース
Tickets
参加費1500円+ワンオーダー制※当日受付精算
Venue Address
東京都杉並区高円寺北2-6-1高円寺千歳ビル1F Japan
Organizer
文禄堂高円寺店
662 Followers