Event is FINISHED

市川真人×高橋源一郎×東浩紀「震災から文学へ ゲンロンカフェ編」 @takagengen @hazuma

前売は2500円(1ドリンク付き)。なんとゲンロン友の会または学生証のご提示で2000円(1ドリンク付き)に!講義後のバータイムもお楽しみ下さい!
Description
当日券は3000円 (1ドリンク付き)です。
ゲンロン友の会または学生証のご提示で2500円(1ドリンク付き)になります。

【イベント概要】
『福島第一原発観光地化計画』は、被災地復興の本なのか?

震災が傷つけたのは人・モノだけではない。

行 き交う言葉に起った大きな異変をいちはやく捉え、『恋する原発』を著した高橋源一郎。『早稲田文学』ディレクターとして特集「東北・日本・世界」、続いて「震災とフィクションの“距離”」を送り出した市川真人。試行錯誤を経て『福島第一原発観光地化計画』を世に問うた東浩紀。2012年4月に新宿・紀伊國屋サザンシアターで開催された鼎談「震災から文学へ」の三人が再結集し、震災後の文学の使命と可能性をもう一度問い直す。

太宰治、坂口安吾、吉本隆明、石原慎太郎、ジャック・デリダ、バルガス・リョサ……誰もが知っていたはずの著作者たちに意外な側面が見出された前回から一年半、言葉はどう変わってきたのか?
そして福島第一原発観光地化計画の文学的意義はどこにあるのか?

文学と社会が切り結ぶ最前線。

【登壇者プロフィール】

市川真人(いちかわ・まこと)
1971年東京生まれ。文芸批評家・雑誌「早稲田文学」プランナー/ディレクター・早稲田大学兼任講師。TBS系情報番組「王様のブランチ」のブックコメンテーター等も務める。『日本2・0』で論考「文学2・0  余が言文一致の未来」を、「genron etc.」にコラム連載「賭博:夢:未来」を執筆。著書に『芥川賞はなぜ村上春樹に与えられなかったのか』『紙の本が亡びるとき?』など。




高橋源一郎(たかはし・げんいちろう)

1951年生まれ。作家・明治学院大学教授。朝日新聞に「論壇時評」連載中。近著に『銀河鉄道の彼方に』(集英社)、『ぼくらの文章教室』(朝日新聞出版)など。
twitter ID: takagengen


東浩紀(あずま・ひろき)
1971年生まれ。東京都出身。哲学者・作家。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。株式会社ゲンロン代表、同社発行『思想地図β』編集長。著書に『存在論的、郵便的』(新潮社、第21回サントリー学芸賞)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(講談社)など多数。2013年7月、編集長をつとめた『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β4-1』を刊行。
twitter ID: hazuma

【注意事項】


  • チケットキャンセルの場合の払い戻しは受け付けられません。予めご了承ください。
  • 本イベントはインターネットでの動画配信(ゲンロンカフェ完全中継チャンネル)を予定しており、ご来場のお客様の映像が映り込む可能性がございますので、ご了承のほどお願い致します。
  • 当日、ゲンロン友の会会員証または学生書提示で500円キャッシュバックいたします(併用不可、学生証は国立公立学校または学校法人が発行したもの)。
  • お席はチケットの申込順ではなく、当日会場にお越し頂いた順番でご案内致します。
  • チケット料金に含まれるのは当講座1回分の受講料です(通し券ではありません)。
  • チケット料金は税込価格です。
  • 開場は18:30です。
  • 講演、イベントの無断録画・録音はご遠慮ください。
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2013-10-29 02:46:13
More updates
Sat Nov 16, 2013
7:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ゲンロンカフェ
Tickets
前売分 1drink付 ※当日、友の会会員証/学生証提示で500円キャッシュバック ¥2,500
Venue Address
東京都品川区西五反田1-11-9 司ビル6F Japan
Organizer
ゲンロンカフェ
4,801 Followers