Event is FINISHED

新雅史「東洋の魔女から2020年へ」 @arapyon

前売は2000円(+1ドリンク代500円。なんと!ゲンロン友の会会員証または学生証のご提示で1500円(+1ドリンク代500円)に!
Description
  • 当日券は2500円 (+1ドリンク代500円)です。
  • ゲンロン友の会会員証または学生証のご提示で2000円(+1ドリンク代500円)になります。
  • 開演前の17:30から、『「東洋の魔女」論』予習会を開催予定です。チケットをお持ちの方のほか、ゲンロン友の会会員のみなさまにご参加いただけますので、奮ってお越しください。

【イベント概要】


「東洋の魔女」――その主要メンバーは日紡貝塚チーム、つまり「紡績女工」である。
当時の「女工」の共通の想いは塀に囲まれた工場からの脱却だった。経営者は「女工」の想いを理解を示しつつも、工場にとどまってもらいたくてバレーボールを導入した。だが、バレーボールの発展は、経営者の予想をはるかに超えていた。バレーボールは「女工」にひろく受け入れられて、高等教育を受ける女性を打ち負かす「武器」となった。そして、「東洋の魔女」は、バレーボールでヒロインになることで工場からの脱却をはかろうとした。その脱却の先に主婦という夢が描かれていた。その物語に国民は熱狂したのだった。
ひるがえって今の日本にこのような昇華の物語が残されているだろうか。社会的にネガティブな烙印を押された存在が東京オリンピックに想いを託して涙を流す瞬間があるだろうか。この50年でヒーローとヒロインの物語がどのように変容したかを指し示すことができればと思う。

【登壇者プロフィール】


新雅史(あらた・まさふみ)
1973年福岡県生まれ。東京大学人文社会系研究科博士課程(社会学)単位取得退学。専攻は産業社会学・スポーツ社会学。現在、学習院大学大学院ほかで非常勤講師を務める。著書に、初の単著にして2012年5月の刊行以来版を重ねている『商店街はなぜ滅びるのか――社会・政治・経済史から探る再生の道』(光文社新書)がある。ベストセラーとなった同書は、「新書大賞2013」7位にランクイン。最新刊は『「東洋の魔女」論』(イースト・プレス)。共著に『大震災後の社会学』(遠藤薫編著、講談社現代新書)、『現在知vol.1郊外その危機と再生』三浦展・藤村龍至編、(NHKブックス)、などがある。

https://twitter.com/arapyon

【注意事項】


  • チケットキャンセルの場合の払い戻しは受け付けられません。予めご了承ください。
  • 本イベントはインターネットでの動画配信(ゲンロンカフェ完全中継チャンネル)を予定しており、ご来場のお客様の映像が映り込む可能性がございますので、ご了承のほどお願い致します。
  • 当日、ゲンロン友の会会員証または学生書提示で500円キャッシュバックいたします(併用不可、学生証は国立公立学校または学校法人が発行したもの)。
  • お席はチケットの申込順ではなく、当日会場にお越し頂いた順番でご案内致します。
  • チケット料金に含まれるのは当講座1回分の受講料です(通し券ではありません)。
  • チケット料金は税込価格です。
  • 開場は17:30です。
  • 講演、イベントの無断録画・録音はご遠慮ください。
Event Timeline
Updates
  • 副題 は 前売は2000円(+1ドリンク代500円。なんと!ゲンロン友の会会員証または学生証のご提示で1500円(+1ドリンク代500円)に! に変更されました。 Diff 2013-10-01 11:54:28
More updates
Thu Oct 17, 2013
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
ゲンロンカフェ
Tickets
前売分 1drink付 ※当日、友の会会員証/学生証提示で500円キャッシュバック ¥2,500

On sale until Oct 17, 2013, 3:00:00 PM

Venue Address
東京都品川区西五反田1-11-9 司ビル6F Japan
Organizer
ゲンロンカフェ
4,786 Followers