Event is FINISHED

NAKANOで地域×アニメとは何かを学ぶ集中セミナー (講師:山本寛、柿崎俊道、武者慶佑、徳武秀明)

Description

10年後の地域観光を見据えて、「漫画・アニメ・ゲーム」を使った振興策に興味のある地域の代表者、実務者、企業幹部の皆様に、是非、ご臨席賜りますよう、お願い申し上げます。

鷲宮神社の初詣客を10万人から47万人にまで増やしたアニメ『らき☆すた』の山本寛監督の登壇が決定。「聖地巡礼」プロデューサー、アニメタイアップの仕掛け人、地域密着型アニメのプロデューサーらを講師に迎え、地域組織の担当者、政府関係者、および交通・宿泊・観光系の企業幹部を対象する集中セミナーを、10月22日(土)中野区産業振興推進機構ICTCOにて開催します。


“サブカルの街”東京・中野にて、中野区後援イベントの一環として「聖地巡礼」などで注目を集める「漫画・アニメ・ゲーム」タイアップに必要な知識を学ぶ1日4コマの集中セミナーです。


開催日

2016年1022


1限目 「アニメとタイアップする」とはどういうことか?(武者慶佑)

時間13:00~14:00

ドコモ、マイクロソフト、ライフカード、カンロ等の企業とアニメ・コンテンツのタイアップを多数手がける講師を招き、アニメ業界のビジネスを踏まえた、アニメタイアップの基本的な考え方や、円滑かつ効果的なタイアップ方法について紹介します。

講師 武者慶佑(株式会社シェアコト アニメコンテンツマーケティングプランナー)

1982年生まれ宮城県仙台市出身。青山学院大学卒。コンサルティング会社、広告代理店、ソーシャルメディアマーケティング会社を経て2012年より株式会社シェアコトにて企業プロモーション×アニメコンテンツの企画を専門に行うアニメコンテンツマーケティング部門の立ち上げを行う。

アニメコンテンツの定量的な分析を通して、アニメコンテンツを企業ソリューションとして考え、ドコモ、マイクロソフト、GMOインターネット、レキッドベンキーザジャパン、アサヒ飲料、ライフカードなど、業界を越えてのタイアッププロモーション企画をプロデュース。日本動画協会主催のアニメビジネスパートナーズフォーラム、コンテンツ東京2015など登壇多数。「アニメビジエンス」にて連載中。


2限目 「聖地巡礼」で地域を元気にする秘訣とは?(柿崎俊道)

時間 14:15~15:15

元アニメ雑誌の編集・ライターで、「聖地巡礼」と呼ばれるアニメの舞台となることで来街者を呼び込む施策についての著書を執筆している講師を招き、「聖地巡礼」についてのアウトラインや成功事例、失敗事例を学びます。

講師 柿崎俊道(株式会社聖地会議 聖地巡礼プロデューサー)

主な著書に『聖地巡礼 アニメ・マンガ12ヶ所巡り』(2005年刊行)。埼玉県アニメイベント「アニ玉祭」をはじめ、地域発イベント企画やオリジナルグッズ開発、WEB展開などをプロデュース。また、雑誌や書籍、ガイドブックの編集者としても活動している。編集・執筆にBNN新社『Works of ゲド戦記』、講談社『頭文字D』ファンブック、同『聖☆おにいさん』ガイドブックなど多数。現在、コンテンツツーリズムのキーマン達との対談をまとめた不定期刊「聖地会議」シリーズを企画・発行している。


3限目 「地域×アニメ」実例紹介① 鷲宮・仙台(山本寛)

時間 15:30~16:30 

地域とアニメコンテンツのタイアップ事例として、アニメの演出的な観点から、「聖地巡礼」というキーワードを生み出した鷲宮の『らき☆すた』や仙台と良好な関係を気づいた『Wake Up,Girls』の監督に話を聴きます。

講師 山本寛(アニメーション演出家・監督)

1974年生まれ。大阪府出身。京都大学文学部卒業後、京都アニメーションに入社。演出を木上益治氏に師事。『POWER STONE』で初演出、以降『週刊ストーリーランド』『あたしンち』等数多くの作品に携わる。

2006年に『涼宮ハルヒの憂鬱』のシリーズ演出として参加。『涼宮ハルヒの憂鬱』の劇中歌で使用された『恋のミクル伝説』の作詞 やエンディング曲の演出なども手掛ける。このエンディングアニメーションは「ハルヒダンス」現象として世界中で大ブームとなる。

2007年、『らき☆すた』で初監督。同年アニメ制作会社Ordetを設立、代表取締役社長となる。アニメーション以外にも数多くのメディアで講演、執筆活動など多彩な才能を発揮する。2010年に実写映画として『私の優しくない先輩』 を監督し、2010年度TAMA映画賞最優秀新進監督賞を受賞。「月刊アニメディア」での連載小説『アインザッツ』が出版される。2011年3月11日に起こった東北地方太平洋沖地震以降は、復興支援やチャリティー活動にも積極的に参加している。


4限目 「地域×アニメ」成功事例② 石川・黒部(徳武秀明)

時間 16:45~17:45 

地域とアニメコンテンツのタイアップ事例として、地域タイアップでのアニメを多数制作するPAワークス社の取り組みについて紹介します。

講師 徳武英章(一般社団法人PARUS事務局長 埼玉アニメツーリズム検討委員)

映画やドラマを中⼼に複数の宣伝プロモーションに携わり、 ⾓川書店グループが主催した映画のプロジェクト「⽇本映画エンジェル⼤賞」、 映画企画ファンド「CINEMA INVESTMENT」の事務局業務を担当。

2005年以降、東京国際映画祭の関連企画で 映像業界の⼈材育成を⽬的としたコンテンツマーケットやビジネスマッチング事業など 延べ1000⼈以上のクリエイターや業界関係者の ネットワーキングイベントの事務局運営を担当。

経済産業省、⽂化庁、観光庁などの映像産業振興を⽬的とした事業を複数担当。 また映画、アニメ、TVドラマのストーリー分析・評価・開発 及びグローバル・マーケティングの⾯から コンテンツをローカライズするためのコンサルティングも⾏っている。


場所

中野区産業振興推進機構ICTCO(中野セントラルパークイースト1F

東京都中野区中野4-10-1

http://ictco.jp/


注意事項 免責事項

・時間帯ごとの入れ替え制となります。複数コマに参加される場合は各コマのチケットか4コマ通し券をご購入ください。

・本サイト以外でもチケットの販売を行っている為、在庫があっても申し込み締め切りとなる場合があります。

・会場内は禁煙となります。お煙草は公共の喫煙所等でお吸いください。

・プログラムは予告なく変更となる場合がございますのであらかじめご承知ください。

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-10-05 08:44:53
Sat Oct 22, 2016
1:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
中野セントラルパークイースト1F ICTCO
Tickets
13:00-14:00 武者慶佑 ¥3,000
14:15-15:15 柿崎俊道 ¥3,000
15:30-16:30 山本寛 ¥3,000
16:45-17:45 徳武英章 ¥3,000
4コマ通し券 ¥9,000
Venue Address
東京都中野区中野4-10-1 中野セントラルパークイースト1F(北側入口) Japan
Organizer
Acperience.LLC
258 Followers