Event is FINISHED


K.I.T.プロフェッショナルミーティング 『AI/ビッグデータ時代に対応する次世代知財制度の構築に向けた産官学の取り組みと課題』

Description
近年、世界経済を取り巻く環境は、数多くのイノベーションの実現により急激に変化しています。我が国でも、このような環境変化に的確に対応し、過去の成功体験を超えてイノベーションを軸とした新たな経済モデルを築き、国際競争力を強化していかなければならない時代が到来しています。そこで今回のKITプロフェッショナルミーティングでは、いま最も注目されるAIやビッグデータに関するイノベーションに対して、どのような知的財産制度を構築すべきかについて、産業界、官公庁、大学の各分野から6名の豪華ゲストをお招きし開催します。

セミナー前半の基調講演では、特許庁長官の小宮義則氏と、東京大学名誉教授の中山信弘氏のお二方にご講演いただき、後半は、日本でも有数の企業である富士通、NEC、楽天、キヤノン、各社の取り組みについて、パネリストの皆さまからプレゼンテーションをしていただきます。第4部のパネルディスカッションでは、内閣府知的財産戦略本部において議論され、平成28年4月にまとまられた「次世代知財システム検討委員会報告書」の内容に関連して、具体的な取り組みの方向性や法的課題、さらには実際の研究開発に伴う問題点や次世代知財制度への期待や要望について議論を行います。尚、本セミナーは特許庁の後援を受けて開催します。他では聞くことのできない大変貴重な機会ですので、ぜひ皆さまのご参加をお待ちしております。

■第1部:『第4次産業革命と知財システム』 小宮 義則 氏

■第2部:『次世代知財制度に向けた法的課題』 中山 信弘 氏

■第3部:『各社のAI/ビッグデータの取り組みと次世代知財制度への期待』 亀井正博氏、谷幹也氏、今枝真一氏、長澤健一氏

■第4部:『パネルディスカッション』 加藤 浩一郎 教授(コーディネーター)

【登壇者】
特許庁 長官
小宮 義則 氏

東京大学 名誉教授
金沢工業大学 客員教授
中山 信弘 氏

富士通株式会社
法務・コンプライアンス・
知的財産本部
シニアエキスパート
亀井 正博 氏

日本電気株式会社
技術イノベーション戦略本部・
本部長(兼) IoT戦略室・
エグゼクティブエキスパート
谷 幹也 氏

楽天株式会社
法務部シニアマネージャー
今枝 真一 氏

キヤノン株式会社
知的財産法務本部長
常務執行役員
長澤 健一 氏

写真
K.I.T.虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科
加藤 浩一郎 教授

【参加申込】金沢工業大学KIT虎ノ門大学院のイベント参加ページまたはPeatixよりお申し込み下さい。Peatix枠は15名としております。

Event Timeline
Thu Oct 13, 2016
3:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
K.I.T.虎ノ門大学院
Tickets
無料
Venue Address
東京都港区愛宕1-3-4愛宕東洋ビル13階 Japan
Directions
銀座線虎ノ門駅、日比谷線神谷町駅、三田線御成門駅より徒歩6分。JR新橋駅より徒歩15分。
Organizer
金沢工業大学K.I.T.虎ノ門大学院
170 Followers
Attendees
7 / 15