Event is FINISHED

大澤聡×杉田俊介×東浩紀「【論壇の現在地 #3】批評と運動のあいだで——ゼロ年代、ロスジェネ、非モテ」 @sat_osawa @sssugita @hazuma

Description

【イベント概要】

批評家の大澤聡がホスト役をつとめる討議シリーズ「論壇の現在地」。
第3回のゲストは杉田俊介。ロスジェネ論壇や非モテ論壇とはいったい何だったのか。
いま、運動と批評はどのような関係を切り結ぶのか。『フリーターズフリー』や『ロスジェネ』といった批評誌に中心的に参加してきた杉田をむかえ、大澤とゲンロンの東浩紀が激論を交わす。



ゼロ年代半ば、論壇は急速にローカル化していきました。ついには、中心も輪郭も喪失してしまう。「ロスジェネ論壇」、「非モテ論壇」、あるいは「ニート論壇」はその象徴でしょう。それらを総括しうる場所に私たちは位置しているはずだし、その過去にすっかり蓋をして先を急いだところで耐えがたい出来事を方々に産み落とし続けるだけではないのかという時代認識が今回の企画には込められています――そのかぎりでは、「ブログ論壇」や「ネット論壇」を検討したミニ討議「『現代日本のネット2001-2016』のために」(『ゲンロンβ6』)とまったく同じ問題関心にもとづいている。そして、整理や紹介を要する程度には当時の雰囲気も条件も忘れられてしまっている。
そこで、反貧困やロスジェネ、ストリートをめぐる一連のムーブメント、その背景に貼りついていた社会と実存の布置、あるいはそれを語る言説のアングル、そして2010年代におけるそれらすべての行方……などに逐一検討を加えていくことが今回の課題となります。『フリーターにとって「自由」とは何か』(2005年)以降、「フリーターズフリー」で実践的な活動を展開し、一時期の沈黙を経て一転、ここ数年は堰を切ったように渾身の文化評論を立て続けに発表、たとえば近く『非モテの品格』を世に問う杉田俊介さんは、これ以上ない適任者でしょう。
1990年代日本の思想シーンを牽引した『批評空間』の第Ⅱ期終刊号の共同討議は「批評と運動」と題されていました(2000年4月)。その前後に示された「可能なるコミュニズム」の試行的実装化がどんな展開と顛末を見たかは周知のとおり。その未完のプロジェクトを土壌として、ありえた可能性を批判的に追求する批評や運動のスタイルがゼロ年代にはいくつか見られました。フリーターズフリーもそのひとつ。2000年前後の批評シーンの強烈なインパクトとトラウマとが杉田さんの批評/実践を支えていたことはあきらかです。その感覚は3歳下の私にもよくわかる。けれど、もう少し下の世代となるとほとんど情報すら共有されていないらしい(責任は私たちの世代にある)。今回のイベントをはじめいくつかの機会をとおして、そんなギャップが多少なりとも埋められ、新たな対話の場をセッティングする契機になればと願っています。
ゼロ年代から現在にいたる批評シーンを中心的に取りあげた共同討議「平成批評の諸問題2001-2016」(『ゲンロン4』)の内容をばっちり補完する議論となるはずです。最終的には、杉田さんが従事してこられた介護の現場をはじめ、当事者やマイノリティ、承認、弱さなどの各問題系、あるいは2010年代の社会運動(反原発やSEALDs)の動向、さらには個別のサブカル作品などへも議論の射程は随時自在に広げられていくのではないかと、個人的にはイメージしています。ご期待ください。(大澤聡)


【登壇者プロフィール】

大澤聡(おおさわ・さとし)

1978年生まれ。批評家/メディア研究者。近畿大学文芸学部准教授。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。日本学術振興会特別研究員を経て現職。各種媒体にジャーナリズムや文芸に関する論考を発表。著書に『批評メディア論』(岩波書店)。


杉田俊介(すぎた・しゅんすけ)

1975年生まれ。批評家。自らのフリーター経験をもとに『フリーターにとって「自由」とは何か』を刊行するなど、ロスジェネ論壇に関わった。また20代後半より障害者ヘルパーをしてきた。近刊に『非モテの品格——男にとって「弱さ」とは何か』(集英社新書)がある。他の著書に『無能力批評』『宮﨑駿論』『長渕剛論』など。


東浩紀(あずま・ひろき)

1971年生まれ。東京都出身。哲学者・作家。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。株式会社ゲンロン代表、同社で批評誌『ゲンロン』を刊行。著書に『存在論的、郵便的』(新潮社、第21回サントリー学芸賞)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(講談社)、『弱いつながり』(幻冬舎)など多数。



【チケットについて】

  • チケット料金は税込価格です。
  • ゲンロン友の会会員証または学生証のご提示で、当日の入場受付時に500円のキャッシュバックをいたします。会員割引と学生割引の併用はできません。学生証は国立公立学校または学校法人が発行したものに限ります。
  • お支払い後のキャンセルは受け付けることができません。あらかじめご了承ください。


【入場・座席について】

  • 開場は開演1時間前の18時となります。
  • 座席はチケットの申し込み順ではなく、当日ご来場いただいた順のご案内となります。
  • 座席は人数分ご用意しておりますが、ご来場の時間によっては見づらい席になる可能性がございます。お早めのお越しをおすすめいたします。
  • ゲンロン友の会上級会員(クラス30以上)の方は、クラスに従って座席予約のサービスがございます。ご利用の方は会員番号を明記のうえ、info@genron.co.jpにご連絡ください。


【そのほか】

  • イベントは延長となることがございます。途中、10分程度の休憩を挟みます。
  • イベント中、客席は禁煙となります。
  • 未成年の方、車でご来場の方にはアルコールを提供できません。
  • 18歳未満の方は23時以降の参加はできません。
  • 保護者が同伴しない18歳未満の方は22時以降の参加はできません。
  • 本イベントはインターネットでの動画配信を予定しております。ご来場のお客様は映像に映り込む可能性がございます。
  • イベント中の無断録画・録音はご遠慮ください。
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-10-08 05:37:58
More updates
Sat Oct 29, 2016
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
前売券 1ドリンク付 ※当日、友の会会員証/学生証提示で500円キャッシュバック ¥2,600
友の会会員限定最前列席 前売分 1ドリンク付、共有サイドテーブル・電源あり ※ キャッシュバックはありません ※複数予約される場合はお連れの方が会員でなくても結構です ¥2,600
Venue Address
東京都西五反田1-11-9 司ビル6F Japan
Directions
JR・都営浅草線・東急池上線五反田駅西口から徒歩3分 東急池上線大崎広小路駅から徒歩4分 五反田駅西口を出て左側(池上線寄り)の通りを大崎広小路方面に直進し、橋を渡った先にある「天下一品」「松屋」と同じビルの6Fです。
Organizer
ゲンロンカフェ
4,801 Followers