Event is FINISHED

「あなたならどんなタイトルをつけますか?」

AIR3331レジデンスアーティスト 写真作家バク・スンウさんによるワークショップ
Description

AIR3331レジデンスプログラムにて滞在制作を行う韓国出身の写真作家スンウ・バクさんのワークショップに参加しませんか?


私たちは、日々、日常生活の様々な場面で写真を撮り思い出として記録しています。しかし、写真は確実な記録媒体だといえるのでしょうか?写真は常に同じ現実を映しているでしょうか?

思い出の記念写真も、撮った人や被写体のもとを一度離れると、もともとの意味や記憶が失われ、別の意味や解釈が可能になります。その時、ある瞬間の現実を記録しているはずの写真に新しいストーリーが生まれます。

あなたが撮影した写真を、ほかの誰かが見たとき。その人は何を思い、どんなタイトルをつけるのでしょうか?いつもの日常に、新しいストーリーが生まれるような、ワクワクするワークショップです!

===================================================================

【日程】10月20日(日)& 10月27日(日)※両日参加が必須です。

【時間】14:00 ~ 16:00

【会場】3331 Arts Chiyoda, 2F 207

【定員】15名

【費用】2,500円(カメラ代・現像代込み)※カメラは使い捨てカメラを使用します。

【お問い合わせ】3331 Arts Chiyoda, アーティスト・イン・レジデンス担当 

        電話 03-6803-2441/メール ws1@3331.jp

【協力】lomography+ 

===================================================================


【内容】

STEP 1. お申込みいただいた方に、カメラを郵送でお届けします。そのカメラをつかって、家族や友人との一コマなど日常スナップを撮影してください。

STEP 2. 撮影済みのカメラを持って、10月20日(日)に3331に集まります。ほかの参加者のみなさんとカメラを交換します。(スンウさん自身の作品についてもお話します)

STEP 3. 交換したカメラの写真が、郵送で届きます。届いた写真の中から数枚選び、その写真につけるタイトルを考えます。

STEP 4. タイトルを付けた写真を持って、10月27日(日)に3331に集まります。あなたが付けたタイトルを、皆の前で発表します。

*写真は撮影者の方が持ち帰ります。



【作家プロフィール】

1973年韓国大田(テジョン)生まれ。ソウル在住。バクは、ロンドンとソウルを活動の中心として写真制作を行ってきました。バクは、写真の中に隠されていて見えないものや、現実と非現実の境に注目することで、写真という媒体が持つ客観性や即時性、普遍性に疑問を投げかけます。(ウェブサイト:http://seungwooback.com/


AIR3331 アーティスト・イン・レジデンス「もうひとつの東京vol.3」の詳細は、特設サイトにてご確認ください → www.air3331/jp

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2013-10-09 11:13:09
More updates
Oct 20 - Oct 27, 2013
[ Sun ] - [ Sun ]
2:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費(両日込み/カメラ代・現像代込み) ¥2,500

On sale until Oct 19, 2013, 2:00:00 PM

Venue Address
アーツ千代田 3331 千代田区外神田6-11-14 Japan
Organizer
3331 Arts Chiyoda
966 Followers