Event is FINISHED

社会保険労務士事務所 人事労務アシスト #1

Description
セミナー概要
このセミナーでお伝えすること
Ⅰ.人材不足は倒産とは無関係?!
Ⅱ.少ないコストで自社に合う人材の採用
Ⅲ.残りたいと思う企業であるために採用担当者がするべきこと
Ⅳ.人材採用、人材育成に活用できる助成金情報

■こんな人にお勧めです
「欲しい人材が集まらない」
「人材がなかなか定着しない」
そんなお悩みをお持ちの中小企業の社長さま、経営者さま

■期待できる効果
★採用コストの削減
★離職率の低下
★助成金獲得


■セミナーの詳細
「常に人手不足」を感じているが、人が入らない、増えない。
繁忙期は大変だが「これまでもやってこられたから、これからも今いる人に頑張ってもらおう」と、何も対処せずにいる経営者の方はたくさんいます。

常に人が足りていないという状況は、現在働いている社員に負担をかけ「いつも自分だけ忙しい」という潜在的な不満と、「会社はこのままで大丈夫だろうか」という不安感を与える環境を作ります。

社員の早期退職という結果に結びつき、社外にも広まり、いつしか会社に対する評価は下がってしまいます。

社員の退職が普通のことになり、常に人が足りていない「慢性的な人手不足」という状況をつくりだします。

会社側は、欠員がでた場合「できる社員」を採用しさえすれば業務は円滑に回ると考え、高い費用をかけて人材を採用することはできます。

しかし、苦労してお金をかけてできる人を採用しても定着しないと感じることはありませんか?

低コストで会社にとって必要な人材を採用し定着することを実現するために、自社の採用方法や社内育成方法についていま一度考え直してみませんか?

このセミナーでは、「求める人材を採用するための方法」「コストを最小化する助成金の活用方法」をお伝えします。


■講師

社会保険労務士・助成金コンサルタント 久保田 慎平

東京・神奈川の従業員数がもうすぐ10人になる中小企業を中心に就業規則の作成・変更から従業員への説明会までをサポートする専門家。過去に手掛けた就業規則・社内規定の数は約100件以上。

大学を卒業後、大手の警備会社に入社。そこで待っていたのは月100時間を越える残業の日々。長時間労働の影響で退職と採用を繰り返す悪循環を目の当たりにする。
警備会社退職後、従業員数7名のイベント会社に転職。ここでは「上司の許可があるまで帰れない」など、中小企業特有のルールの曖昧さに振り回される。この経験から「ルールがない」「ルールが曖昧」なことが従業員にとって大きなストレスになることを実感。

就業規則や社内ルールを整備して従業員へしっかり伝え、共有することが人材定着や会社の発展につながるという考えのもと日々活動している。


キャリアコンサルタント 大野 美樹

人生とキャリアを考える人をサポートすることを目的に『オフィスSunny-spot 』を立ち上げ、これから働く人の就職・転職の支援や企業内で働く方のキャリア形成支援、メンタルヘルス研修や個別相談などを行う。また、中小企業様向けに採用支援・代行業務や助成金コンサルティング業務を行っている。

学校卒業後、大手生命保険会社での営業職・管理職の経験と大手コンピューターメーカー子会社のパソコンインストラクターの経験を経て総合人材サービス企業にて、派遣事業部、人材紹介事業部の業務に携わる。ここでの営業(コーディネーター)経験から、それぞれの今後の人生を考えながらキャリア形成をすることが大切であり、その目標を持つことでそれぞれが自分の仕事を、人生を楽しく過ごすことにつながると実感した。

その後キャリア・カウンセラーとして、ハローワークや大学キャリアセンターで就職相談を累計1,200件以上のカウンセリングを行い行政機関、職業訓練校での就職支援セミナー、各種講座を200回以上実施。


Event Timeline
Fri Sep 30, 2016
4:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
セレフィ桜木町 セミナールーム
Tickets
セミナー参加費 ¥3,000
Venue Address
神奈川県横浜市中区花咲町1-46-1 GSプラザ桜木町駅前202 Japan
Organizer
社会保険労務士事務所 人事労務アシスト
1 Follower