Event is FINISHED

”実現したいこと”への信頼を集める事業報告を作ろう ~実績と未来への意思をつなぐストーリーが伝わるレポートの作り方

Description

組織やプロジェクトが何をしてきて、これから何をしていくのか。それが、どのような価値を社会や顧客にもたらすのか。
事業を運営する人には、それを支援・協力してくれる人に対して説明する責任があります。

組織・事業の実績や考え方を事業の関係者(ステークホルダー)と分かち合うのが、アニュアル・レポート(年次報告書)の役割です。

これまで報告書というと「実績」について数字とその考察をまとめるのが主な役割と考えられてきました。
それは実績と収益が信頼の最大の根拠となったからです。
しかし、社会の変化が激しく、先が見通せない時代には、昨日まで業績の良かった企業が、突然悪化してしまうかもしれません。企業が持続していくためには、実績と数字だけでは不十分と考えられるようになり、実績だけでなく、目指していること、姿勢、リスクの考え方までを一貫したストーリとして伝えることが求められるようになりました。それが、「統合報告書」と呼ばれる動きにつながっています。

この統合報告書の考え方は、大企業だけではなく、中小企業にも、NPO、社会起業家らにとっても、とても使える概念です。

現状から、自分の「実現したいビジョン」に、どのように道筋をつくっていくのか。そのために自分たちの考えと、実績・現状、ビジョンへの道筋をどう結びていくのかという戦略ストーリーを伝えていくことによって、投資、助成金、寄付などを集めていくためのコミュニケーション・ツールとしての報告書の可能性を考え、自分たちでも使いこなせるように工夫してみませんか?

このゼミでは、「概論講座」で、現状と未来をつなぐ報告書に求められることは何かを考えます。そのうえで、「ワークショップ」では、統合報告書の考え方を、小規模な組織が使いこなすための視点とフレームワークを使って、自分たちの活動でどう活かすのか考えていきます。

年度の真ん中にあたる今の時期から、今期のレポートについて何を、どう準備していけばいいか、共に考えてみませんか?

<プログラム>

〔概論講座〕「次への信頼を高めるレポートをつくるには?」 (10:00~12:30)

〔ワークショップ〕「戦略的なレポートづくりのために」 (13:30~17:00)

8つの視点からレポーティングに必要なことを先行事例を踏まえて学び、自分たちの団体ではどう進めていけばいいか、落とし込んでいきます。

    1. 実現したい成果、社会的インパクトと価値創造を考える
    2. 自分たちの6種類の資本を整理しよう
      (資金、ハード、知識、人、社会・関係、自然)
    3. ビジョン実現への長期戦略ストーリーをつくる
      (どのように6種類の資本を強化すれば実現できるのか?)
    4. ステークホルダーが「知りたい事」を整理しよう
    5. 事業のリスクを整理しよう
    6. ビジネスモデルをまとめよう
      (関係性、インプット・アウトプット・アウトカムから考える)
    7. 事業の実績と見通しをまとめる視点
    8. レポートで伝えるコアをまとめよう
    9. ふりかえり:次のレポートづくりに向けて何を準備する?

講座詳細はこちら

Event Timeline
Updates
  • タイトル は ”実現したいこと”への信頼を集める事業報告を作ろう ~実績と未来への意思をつなぐストーリーが伝わるレポートの作り方 に変更されました。 Diff 2016-09-12 04:51:50
More updates
Sun Sep 25, 2016
10:00 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
エンパブリック根津スタジオ
Tickets
一般(午前・午後) ¥12,500
午前:概論講座のみ ¥4,500
Venue Address
東京都文京区弥生2-12-3 Japan
Directions
千代田線 根津駅1番出口1分
Organizer
エンパブリック
380 Followers
Attendees
8 / 15