Event is FINISHED

写真の現在地と、恵比寿——飯沢耕太郎×中島佑介×沖本尚志

Description
恵比寿に拠点を構える写真評論家・飯沢耕太郎さんと、POSTディレクターの中島佑介さん、そしてお二人と交流深い編集者・沖本尚志さんをお招きし、金曜の夜に写真と写真集について語ります。トークセッションに加え、ポートフォリオレビューも開催!


日本のデジタルカメラ普及率は75%以上と言われているように、カメラを片手に歩く日本人の姿は多く見られます。さらに、スマートフォンでより簡単に綺麗な写真が撮れる今、写真はわたしたちの日常の一部になりました。それは若い世代にまで「撮る」文化が根付いた証とも言えます。

また、SNS等によって、本という形でなくとも自由に写真を見て楽しめるようになりました。国内の雑誌で写真集が多く特集された1990年代や、amazonなどネット上でこれまで高額だった写真集を低価格で購入できるようになった2000年代に比べ、今あえて「写真集」を手に取ることのハードルは、逆に高くなっているのかもしれません。それでも写真集の刊行は世界に比べ多いと言われている日本で、写真集は今だれに、なにを伝えようとしているのでしょうか。

今回は、amuと同じ恵比寿に拠点を構え、これまでの写真、写真集人気を牽引した一人でもある写真評論家の飯沢耕太郎さんと、多くの写真集を取り扱うPOSTのディレクターであり、写真集の出版も行う中島佑介さんをお招きし、写真と写真集の今とこれからについてお話いただきます。さらに、お二人と交流も深く、写真雑誌『PHOTO GRAPHICA』を立ち上げるなど、多くの写真雑誌や写真集を編集する沖本尚志さんにも加わっていただきます。


※ポートフォリオレビューをご希望のかたは、参加申し込み時のアンケートにてご明示ください。なお、希望者多数の場合は抽選となりますので、予めご了承ください。


【ゲスト】

飯沢耕太郎(写真評論家)

きのこ文学研究家。主な著書に『写真美術館へようこそ』(講談社現代新書1996)、『デジグラフィ』(中央公論新社 2004)、『きのこ文学大全』(平凡社新書 2008)、『写真的思考』(河出ブックス 2009)、『深読み! 日本写真の超名作100』(パイインターナショナル 2012)、『きのこ文学ワンダーランド』(DU BOOKS 2013)などがある。

写真集食堂 めぐたま http://megutama.com/


中島佑介(POSTディレクター)

2002年にlimArtをスタート。2011年には出版社という括りで定期的に扱っている本が全て入れ代わるブックショップ「POST」をオープン。恵比寿の店舗では常に入れ替わる本棚に加え、ドイツのSTEIDL社のメインラインナップが常に並ぶオフィシャルブックショップとなっている。 現在はPOSTのディレクターとして、ブックセレクトや展覧会の企画、書籍の出版、その他Dover Street Marketのブックシェルフコーディネートも手がける。 2015年からはThe Tokyo Art Book Fairの共同ディレクターに就任。

POST http://www.post-books.info

limart http://www.limart.net



沖本尚志(編集者)

産業系新聞社、Macintosh情報誌編集部等を経て、2001年にMdN入社。2005年、写真雑誌『PHOTO GRAPHICA』を立ち上げる。現代写真と写真表現の探求をテーマに、毎号ひとりの写真家を取り上げ掘り下げるスタイルを確立。ホンマタカシ、篠山紀信、佐内正史、荒木経惟、杉本博司、森山大道、川内倫子、野口里佳などの作家を特集する。2011年、同誌の休刊にともない同社を退社。現在、フリーの編集者として、編集や雑誌への寄稿などを行う。2012年9月、自主出版レーベル「silverbooks」を立ち上げ、写真家・野村恵子の写真集『Soul Blue_此岸の日々』を発行。


【聞き手】

吉田知哉(コンセント 出版事業推進室)

編集者・クリエイティブディレクター。編集者としてデザイン関連書を主に手掛ける。主な作品として『ブルーノ・ムナーリの本たち』(東京ADC賞受賞)、森岡督行『BOOKS ON JAPAN 1931–1972 日本の対外宣伝グラフ誌』など。クリエイティブディレクターとして、米・ニューヨークTDC、独・iFデザインアワード、英・D&ADなどで入賞。ビー・エヌ・エヌ新社前編集長。株式会社コンセント出版事業推進室室長。本とその周辺のネットメディアDOTPLACE共同編集長。

Event Timeline
Fri Sep 23, 2016
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
amu
Tickets
参加費 ¥1,000
Venue Address
東京都渋谷区恵比寿西1-17-2 Japan
Organizer
amu
743 Followers