Event is FINISHED

國田圭作×磯部光毅「これからマーケティングはどこに向かうのか」『人を動かすマーケティングの新戦略 「行動デザイン」の教科書』(すばる舎)刊行記念

Description
8月19日に、すばる舎から『人を動かすマーケティングの新戦略 「行動デザイン」の教科書』が出版されました。

この本は、博報堂行動デザイン研究所所長である國田圭作さんが、数々のブランドマーケティング、商品開発、流通開発などのプロジェクトを通じて得た「消費者の行動を誘発するしかけ」を惜しげもなく収めたものです。

今回、同書の刊行を記念して、『手書きの戦略論 「人を動かす」7つのコミュニケーション戦略』(宣伝会議)の著者でもある、アカウントプランナーの磯部光毅さんをお迎えして、お二人の考える「これからのマーケティング像」について、それぞれのマーケティング論やコミュニケーション戦略論を交えながら、お話いただきます。

業界関係者はもちろん、広告やコミュニケーションに興味のあるすべての方にオススメの内容です!

【出演者プロフィール】
國田圭作(くにた・けいさく)

博報堂行動デザイン研究所所長。1959年生まれ、1982年東京大学文学部卒業後、(株)博報堂に入社。以来、一貫してプロモーションの実務と研究に従事。2013年より現職。大手ビールメーカー、大手自動車メーカーをはじめ、食品、飲料、化粧品、家電などのブランドマーケティング、商品開発、流通開発などのプロジェクトを手掛ける。2006年に行われた第53回カンヌ国際広告祭の部門賞(プロモライオン)で審査員を務める。

磯部光毅(いそべ・こおき)
磯部光毅事務所 アカウントプラナー。1972年生まれ。1997年慶応義塾大学法学部政治学科卒業後、(株)博報堂に入社。ストラテジックプランニング局、制作局を経て2007年独立。主な仕事にサントリー「JIM BEAM」「ザ・プレミアム・モルツ」「伊右衛門」「伊右衛門特茶」、トヨタ自動車「G's」、ダイハツ「タント」、コーセー、KDDI、Google、味の素、AGF、花王、ティファニー、ブリヂストン、三井不動産、カルビーなど。ブランドコミュニケーション戦略を核に、事業戦略、商品開発からエグゼキューション開発まで統合的にプランニングすることを得意とする。受賞歴にニューヨークフェスティバルAME賞グランプリなど。著書に『手書きの戦略論 「人を動かす」7つのコミュニケーション戦略』(宣伝会議)、『ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる』(共著、宣伝会議刊)などがある。
http://www.isobekoki.com/

【出演】
國田圭作(博報堂行動デザイン研究所所長)
磯部光毅(アカウントプラナー)

【日時】
2016年9月28日(水)
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-09-07 11:20:20
More updates
Wed Sep 28, 2016
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,538 Followers