Event is FINISHED

『少年少女のための文学全集があったころ』出版記念 松村由利子さんトークショー

Description
 児童文学に夢中だった著者が、子ども時代の思い出を振り返りながら綴ったエッセイ集『少年少女のための文学全集があったころ』(人文書院 1800円+税)は、児童文学への愛情と読書体験の歓びに溢れる一冊です。「メアリー・ポピンズ」、「赤毛のアン」、「クマのプーさん」など、誰もが知る名作にまつわるエピソードが語られる一方で、翻訳にほどこされた仕掛けや翻訳者の想いが著者によって紐解かれ、大人になったからこそ理解できる翻訳文学の味わい深さに気づかせてくれます。

 こちらの出版を記念して、著者の松村由利子さんをお招きしたトークショーを10月1日にブックスキューブリック箱崎店で開催いたします。

 松村さんは福岡のご出身で、新聞社勤務を経て、現在は沖縄県石垣島在住。歌人としても活躍されています。トークイベント当日は、児童文学や翻訳、そして松村さんの読書体験について、本には収まりきらなかったお話を伺います。

 皆様のご参加をお待ちしております。


『少年少女のための文学全集があったころ』出版記念
松村由利子さんトークショー

日時:2016年10月1日(土)19:00開演(18:30開場)
会場:カフェ&ギャラリー・キューブリック
(ブックスキューブリック箱崎店2F・福岡市東区箱崎1-5-14
JR箱崎駅西口から博多駅方面に徒歩1分)
入場料:1500円(ワンドリンク付・要予約)
話し手:松村由利子
聞き手:大井実(ブックスキューブリック)
*終演後にサイン会有
*終演後に著者を囲んで懇親会を行います。
(軽食と2ドリンク付・参加費2000円/要予約)

松村 由利子(まつむら・ゆりこ)

1960年、福岡市生まれ。朝日新聞、毎日新聞記者を経て2006年からフリーランスのライターに。著書に『31文字のなかの科学』(NTT出版、科学ジャーナリスト賞)、『与謝野晶子』(中央公論新社、平塚らいてう賞)など。歌集に『大女伝説』(短歌研究社、葛原妙子賞)など。
Event Timeline
Sat Oct 1, 2016
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
カフェ&ギャラリー・キューブリック
Tickets
イベント予約/¥1500(当日会場払)
懇親会予約/¥2000(当日会場払)
Venue Address
福岡県福岡市東区箱崎1-5-14 ベルニード箱崎2階 Japan
Organizer
ブックスキューブリック箱崎店
1,142 Followers