Event is FINISHED

TABF2016 Talk Event「アムステルダム⇄東京 グラフィックデザインのいま」

Description

日時:2016年9月19日(月)12:30~14:00 

登壇者:

若林亜希子(グラフィックデザイナー、アムステルダム在住)
桑原真理子(アーティスト、アムステルダム在住)
藤田裕美(グラフィックデザイナー)
米山菜津子(グラフィックデザイナー)

参加費:無料

Presented by torch press

デザイン都市として世界的に知られるオランダ。そんなオランダの首都アムステルダムで活躍する日本人がいます。若林亜希子は2013年から2016年初めまでイルマ・ボーム・オフィスに在籍し、現在もアムステルダムで自身のデザイン活動を行っています。桑原真理子は映像を中心としたアーティスト活動をアムステルダムで行い、今回のTHE TOKYO ART BOOK FAIRにあわせてアーティストブック『石屋さん・ストーンディーラー』を若林亜希子によるデザインで刊行します。

二人の来日を記念して、アムステルダムと東京をつなぐグラフィックデザインのいまについて、トークイベントを開催いたします。若林とも交流があり、自身で出版レーベルを手がけるグラフィックデザイナーの藤田裕美と米山菜津子をゲストに招き、オランダと日本のアートブックを取り巻く環境の違い、あるいはそれぞれのデザインにおける特徴や意義など、2都市の視点を通して、グラフィックデザインのいまを探ります。

*トークイベントのあと、桑原真理子『石屋さん・ストーンディーラー』のサイン会を行ないます。
*イベント会場にて「FUJITA」と「YYY PRESS」の書籍販売も行ないます。


若林亜希子(わかばやしあきこ)

グラフィックデザイナー。アムステルダム在住(猫二匹と同居)。1979年生まれ。長野県出身。ヘリット・リートフェルト・アカデミー、グラフィックデザイン科卒業。イルマ・ボーム・オフィス勤務を経てフリーランスデザイナーとして活動。印刷物系を中心に、自主的プロジェクトも並行して行っている。www.akikowaka.com


桑原真理子(くわはらまりこ)

アーティスト。アムステルダム在住。1983年東京都生まれ。 父が日本人、母がオランダ人。19歳の時にオランダへ渡る。2011年、ヘリット・リートフェルト・アカデミー(アムステルダム)、グラフィックデザイン科卒業。精神疾患患者、元ホームレス、オイリュトミストなど、特定のグループに属する人々とのコラボレーションから作品を制作している。http://marikokuwahara.com/


藤田裕美(ふじたひろみ)

1982年東京生まれ。デザイン事務所を経て、2010年に独立。以降、雑誌、書籍などエディトリアルを中心に活動。2011年、「WIRED」日本版のスタートと同時に、アートディレクターに就任。2015年に出版レーベル「FUJITA」を設立、中村翔大画集「OH MOUNTAIN!!」を発行。hiromifujita.tokyo


米山菜津子(よねやまなつこ)

グラフィック・エディトリアルデザイナー。1981年東京生まれ。雑誌や広告のアートディレクションを手がけるデザイン事務所を数社経て、YONEYAMA LLC.を設立。書籍、カタログなどを中心にクライアントワークを手がけるほか、YYY PRESSという出版レーベルを運営し、オムニバス書籍『GATEWAY』を発行している。

Event Timeline
Mon Sep 19, 2016
12:30 PM - 2:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
「EVENT SPACE」at THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016
Tickets
座席予約
Venue Address
東京都港区北青山1-7-15 京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス Japan
Organizer
THE TOKYO ART BOOK FAIR
504 Followers