Event is FINISHED

行動経済理論を活かしたマーケティング勉強会《実践篇》
~「知ってる」と「使えてる」では大違い。効きめのあるプロモーションやコミュニケーションとして実践するには~

Description
行動経済学は、2002年にノーベル経済学賞を受賞した経済理論。一言でいえば、“人間の判断のクセを科学的に体系化した理論”です。
最近では、米国オバマ大統領が「今後の我が国政策には行動経済理論を考慮する」と公式に発言、日本でもセブン&アイH.の前会長鈴木敏文氏が在任中に同理論の本を自ら出版するほどの評価がされており、世の中全般(ビジネスはもちろん行政や教育)に活用される場面が増えてまいりました。
当勉強会では、人の行動を促すための実践的なコミュニケーションのポイントを具体的にお話いただきます!プロモーションやマーケティングに携わっていらっしゃる方はもちろん、営業や人事など、人と関わる業務に携わる皆さんが“知っておいて損は無い”ノウハウを厳選します!!

■アジェンダ 
1.錯覚は目や耳で起こっているんじゃありません。
2. “ストーリー”を考える前に、まずは知っておきたい。
3. 「AIDMA」や「AIDEES」の過信と誤謬。
4.アンケート調査結果の罠。
5.ビッグデータ時代のターゲティングと行動経済理論。
6.人工知能やロボット工学へも応用。
7.質疑応答、ディスカッション


■プロフィール

露木 聡(つゆき さとる)氏
ナッジ株式会社 代表取締役 

行動経済学会/日本認知心理学会/IoT推進コンソーシアム等に参加。複数の広告制作プロダクションでコピーライティング業務を経た後、メーカー内でマーケティング担当マネジャーとして従事。プロモーションプランナーとしてフリーランスで独立後、2010年、ナッジ株式会社を設立。マーケティング・コミュニケーションに関する企画から施策運営に関わる業務にて活動中。
プロモーション施策はもとより、ブランド立ち上げや新商品・サービス企画のサポートも行う。


■参加者へのメッセージ
 
IoTや人工知能によるディープラーニングなど、最先進のICTのマーケティングやプロモーションへの活用が話題となっている現在。その一方で、マーケティング・コミュニケーションにおいて今、脳科学や認知心理学など、”人間の判断(思考)特性”に関する理論が注目されています。
人間が選択や行動する際には、自身でも気づいていない錯覚や偏向(バイアス)に囚われてしまっていることがあるとされています。この特性を踏まえずに、せっかくの商品の良さやサービスの便益を伝えようとしても、徒労に終わるばかりか、ビジネスではコストの無駄、機会損失を招きかねません。今回の勉強会では、これらの理論を人の経済活動に特化して体系化された『行動経済学』にスポット当ててご説明。プロモーションやマーケティング、そのほかビジネスコミュニケーションの様々なシーンで実践的に活用できるノウハウに関し、ご参加いただく皆さんと一緒に楽しくディスカッションしていければと存じます。どうぞお気軽にご参加ください。

<個人情報の取扱いに関して>

お申込みいただきました個人情報は、下記の株式会社NTTドコモ・ベンチャーズのプライバシーポリシーに基づき、本セミナーの関連情報の提供に利用するとともに、株式会社NTTドコモ・ベンチャーズが今後主催・共催るイベント情報の提供に利用いたします。

なお、無断でその他の第三者に個人情報を提供することはございません。
個人情報に関する詳しい取り扱いについては、下記をご覧ください。
株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ プライバシーポリシー

Event Timeline
Thu Sep 15, 2016
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
NTTドコモ・ベンチャーズ ラウンジ
Tickets
無料
Venue Address
東京都港区赤坂一丁目12番32号 アーク森ビル31階 Japan
Directions
■南北線「六本木一丁目駅」3番出口より徒歩1分 ■南北線・銀座線「溜池山王駅」13番出口より徒歩3分
Organizer
ドコモ・イノベーションビレッジ
2,297 Followers
Attendees
55 / 55