NELIS 次世代リーダーサミット2017

Description

NELIS次世代リーダーサミット


20171月、世界16か国から35名の次世代リーダーが京都に集う


カナダ、米国、メキシコ、コスタリカ、コロンビア、ブラジル、英国、ザンビア、ナイジェリア、モーリシャス、インド、中国、オーストラリア、ニュージーランド、そして日本・・・


ゲスト:岡田武史氏(FC今治オーナー)
    野中ともよ氏(NPO法人ガイア・イニシアティブ代表)


持続可能な社会・経済・未来を実現しようと、それぞれの立場で奮闘している実践者彼ら(28歳~40歳)とともに、これからの地球社会の行方リーダーシップの 本質、そして、社会イノベーションの在り方を探求しませんか。

2017114日、15日、京都市の立命館大学朱雀キャンパスにて開催する初の 「次世代リーダーサミット」で、ぜひ世界のソーシャル・イノベーターと直接触れ合っていただき、ともに新しい時代を築いていただきたいと思っております。


            一般社団法人NELIS 共同設立者 秋村田津夫
                            山本昌仁
                            ピーター D. ピーダーセン

【プログラム】

*プログラムは変更となる可能性があります

2017.1.14(土)

13:00-13:30 オープニング・セッション
13:30-14:15 全体セッション① 場の設定 Why NELIS?
         NELISの目指す世界(将来像)
         Global Sustainability Dashboardの初公開
14:15-14:40 休憩
14:40-16:30 テーマ別ワークショップ① NELISイノベーション・ラボ Part1
         NELISメンバーによる同時開催のワークショップ
         サステナビリティ・イノベーションの最前線を追求する(5つの分科会)
16:30-16:55 休憩
16:55-18:20 全体セッション② チャレンジ・セッション
         NELISの若手リーダー6〜8名と既にリーダーとして多くの修羅場を
         経験したメンター2人の対面セッション
         ・岡田武史氏(FC今治オーナー)
         ・野中ともよ氏(NPO法人ガイア・イニシアティブ代表)

2017.1.15(日)

09:00-09:30 ロビーにてネットワーキング
09:30-10:20 全体セッション③ 次世代リーダーシップとは?
         世界100人の若手リーダー+30人の専門家(メンター)の
         グローバルオンライン調査の結果公表
         その展望、問題意識、そして求めるものを明らかにする
10:20-10:45 休憩
10:45-12:35 チーム別ワークショップ② NELISイノベーション・ラボ Part2
         NELISメンバーによる同時開催のワークショップ
         サステナビリティ・イノベーションの最前線を追求する(5つの分科会)
12:35-13:45 休憩(各自昼食)
13:45-15:15 共創ワークショップ③ 革新的解決策の探求
         企業+一般参加者+NELISメンバー(5つのワークショップ)
15:15-15:35 休憩
15:35-16:40 全体セッション④ 大陸別パイオニアのビデオインタビュー
         環境・サステナビリティの世界的パイオニア5名による問題提起
         アジア・オセアニア・アフリカ・欧州・北米・南米
16:40-17:30 クロージング・セッション 新しい”イノベーション”の地平
         次世代リーダーサミット全参加者による「協奏」+「共創」
         NELISの展望と次年度計画
        

【NELIS参加者】

Tatiana Fukamati/ブラジル

エンパシー(共感力)と社会変革の関係性をテーマとして、The Empathy Revolutionと称する研修プログラムを主宰している他、共感力をコア・コンセプトとする新しいPR会社Humans Agencyの創業にも携わる。


Shravan Shankar/インド

社会起業家。チェンナイ市を中心として、インドの若手起業家のためのコワキング・スペースを次々に設置している他、インドの産業界向けのサステナビリティ戦略コンサルティングも行う。


Yosuke Kurihara/日本

ITベンチャーウフル(東京本社)にて、コンセプターとして日本の企業と行政機関・地方自治体に対して、社会イノベーションやITに関わるテクノロジー・イノベーションのプロジェクトを推進している


Kazunori Kobayashi/ニュージーランド・日本  

働く人のウェルビーングとサステナビリティをテーマにニュージーランドにてKaupapa Instituteを主宰。マッセイビジネススクールにて博士の研究を進めている。


Matilda Manning/オーストラリア

メルボルン市でC40 (大都市の気候変動対策ネットワーク)の担当者を経て、現在は同市の水道局Melbourne Waterのシニア・プランナーとして、気候変動と水の安定供給など、water resilienceの業務に従事する。


Billy Nkoma/ザンビア

日本の社会的企業One Planet Caféの一員として、ザンビアのバナナ生産による副産物を有効利用し、「バナナ・ペーパー」を製造、和紙メーカーなどとの協業により、サステナブル・ペーパー日本および世界に向けて展開する


Lisa Wong/英国

日興アセットマネジメントにてグリーン・ボンドの開発に取り組、現在は、世界で初めてグリーンボンドやソーシャルインパクトボンドの運用に特化するロンドンのAffirmative Investment Managementインパクト投資部門のトップを務める。


Lawrence Afere/ナイジェリア

有機農業・食品製造ネットワークSpringboardの創立者として、ナイジェリアの若者を中心に500人以上の生産者・製造者を束ね、雇用の機会を提供していると同時に、農家と農村起業家を育成・支援している。


Okocha Nkem/ナイジェリア

フィンテックのソーシャル・ベンチャーMamamoni社の創業者兼CEOナイジェリアの農村および都市部のスラム街に住む女性たちのための職業・金融訓練とマイクロクレジット(モバイル・ローン)の仕組を広く提供している。


Mariana Gomez/コロンビア

文化人類学と生物学の研究を背景に、コロンビアやアンデス地域全般において、先住民との活動に取り組む。生態系の保全と文化の継承のためのネットワーを主導している他、資源開発プロジェクトに対する先住民の人権活動を支援する。


Ryan C. Sequeira/インド

アーバン・モビリティの専門家として、ニューデリのDelhi Integrated Multi-Modal Transit Systems社にて、都市の交通システムとカーボン・フットプリントや安全性に取り組むのみならず、持続可能なインフラ全般も活動テーマとする。


Caitlin Vavasou/米国

森林管理・木材のサプライチェーンに関わる企業や組織のサステナビリティ評価を行う米国のSCS Global Services社にて、品質認証システムの開発や内部評価の責任者を務める。


他23名参加予定



*当日、学生の運営スタッフも募集しております。
 興味のある方はinfo@nelis2020.netまでご連絡ください。

Event Timeline
Jan 14 - Jan 15, 2017
[ Sat ] - [ Sun ]
1:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
立命館大学 朱雀キャンパス
Tickets
一般 ¥30,000

On sale until Jan 10, 2017, 12:00:00 AM

Combini / ATM payment will be closed at the end of Jan 9, 2017.

Venue Address
京都府京都市中京区西ノ京朱雀町1 Japan
Organizer
NELIS 次世代リーダーのグローバル・ネットワーク
10 Followers