Event is FINISHED

特別対談:長澤 均 x 中原昌也「人生は映画に追いつけない!それでも僕らは必死にエロティック映画を追いかけている。」

Description

展覧会「ポルノ・ムービー・エステティカ/ポルノ・ムービーの映像美学」関連イベント
特別対談:長澤 均 x 中原昌也「人生は映画に追いつけない!それでも僕らは必死にエロティック映画を追いかけている。」
18:00開場/18:30スタート  入場料 ¥1,500+1drink (展示観覧料込)
-
ハリウッド古典からカルト/ジャンク映画まであらゆる映画を見続けてきた作家・ミュージシャンの中原昌也氏は、長澤氏と飲めばふたりで延々と映画の話ばかりという旧知の仲。『シンデレラ2000』など誰にも顧みられなかったB級ソフトコア映画となると熱く語れるふたりが、ポルノ・ムービー100年の歴史を辿りな がら、ヨーロッパの作品やB級エロティック映画作品の話題を織り込み、本に書かれた部分を超えて縦横無尽にエロティック映画史を語り尽くす。
-

長澤 均(ナガサワ ヒトシ)

グラフィック・デザイナー/ファッション史家。美術展や本の装丁、CDジャケットなどのデザインのかたわらファッション史・カルチャー史に関する論考を執筆している。著作に『流行服 洒落者たちの栄光と没落の700年』(ワールドフォトプレス)、『昭和30年代 モダン観光旅行 ~絵はがきにみる風景・交通・スピードの文化』(講談社)、 『BIBA スウィンギン・ロンドン1965-1974』(ブルース・インターアクションズ)、 『パスト・フューチュラマ ~20世紀モダーン・エイジの欲望とかたち』(フィルムアート社)、『倒錯の都市ベルリン ~ワイマール文化からナチズムの霊的熱狂へ』(大陸書房)など。


​中原 昌也(なかはら まさや)
1970年東京生まれ。88年より音楽制作を開始し、90年から97年まで"暴力温泉芸者"、以降は"Hair Stylistics"名義で活動。音楽活動と並行して映画評論も手がける。98年に初の小説集『マリ&フィフィの虐殺ソングブック』を発表。著書に『あらゆる場所に花束が…』(01年、三島由紀夫賞)、『名もなき孤児たちの墓』(06年、野間文芸新人賞)、『中原昌也作業日誌』(08年、ドゥマゴ文学賞)などがある。

-

※注意事項
当日のご入場はご来場順となります。
席/立ち見兼用のチケットとなりますので、全てのお客様がご着席頂けない可能性があります。予めご了承のうえ、ご着席希望の方はお早めにお越し下さい。

Event Timeline
Thu Sep 22, 2016
6:30 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
前売り ¥2,000
Venue Address
東京都渋谷区神宮前3-20-13 Japan
Organizer
VACANT
1,029 Followers