Event is FINISHED

キャリア不安を乗り越える発想の変え方と支援の在り方

Description
キャリア不安を乗り越える発想の変え方と支援の在り方
しなやかにタフネスに生きる、支え合うためには

グローバル化や技術革新など企業を取り巻く環境は大きく変化し、企業も働く人も変革し続けることが求められます。
特に職場における仕事のやり方の変化から、社員間のコミュニケーションが図りにくくなり、職場の人間関係や自らのキャリア形成に悩む社員が急増し、働く人は不安を抱くことが少なくありません。
その不安を不安のまま終わらせずに、最適な働き方の実現、人間関係の構築、そしてキャリアを描けるように節目節目にどう考え乗り越えていけばいいのか?
また人は支え合って生きていくもので、困っている周りの人をどのように支援していけばいいのか?

本セミナーでは、こうした課題に取り組んできたゲストの方お二人をお招きして、明日からの過ごし方、人生について考え対処する方法と支援する方法をを学んでいきたいと思います。

■本イベントのターゲット
・職場・キャリアの不安に対処する方法を知りたい方
・自分の部下や、自分が担当する組織にて、職場・キャリアの不安への支援をしていきたい方
・キャリアカウンセリングやメンタルタフネスについてもっと知りたい方

■参加によって得られること
・マクロなトレンドを踏まえて、なぜこの時代に職場・キャリアの不安が高まっているかを構造的に理解できます
・職場・キャリアの不安に対して、どのように対処すればいいかの具体的な処方箋が理解できます
・ちょっとしたスランプから脱出できる、具体的な方法を理解することができます

■当日の概要
1:【レクチャー】「不安の正体とその脱し方」須東朋広
2:【レクチャー】「今の職場からいきいきと立ち上がるには!-ひとりのキャリアカウンセラーから見えること-」浅川正健様
3:【レクチャー】「アスリートから学ぶ誰でもできるスランプ脱出法ーメンタルタフネスの基本と使い方ー」松下信武様
4:【パネルトーク】キャリア不安を乗り越える発想の変え方と支援の在り方~しなやかにタフネスに生きる、支え合うためには~

■スピーカーのプロファイル

須東 朋広(すどう ともひろ)

一般社団法人組織内サイレントマイノリティ 代表理事
多摩大学大学院 経営情報学研究科 客員教授(組織行動論)、専修大学 経営学部 非常勤講師(キャリア論)、HR総研 客員研究員
2003年、最高人事責任者の在り方を研究する日本CHO協会の立ち上げに従事し、事務局長として8年半務める。 2011年7月からはインテリジェンスHITO総研リサーチ部主席研究員として日本的雇用システムの在り方の研究から中高年の雇用やキャリア、女性躍進、障がい者雇用、転職者、正社員の調査研究活動を行う。 2016年7月から、今までの研究活動から組織内でなんらかの理由で声を上げられない社員が、イキイキ働けるためのドゥタンク機関『一般社団法人組織内サイレントマイノリティ』を立ち上げる。


浅川 正健(あさかわ まさたけ)
浅川キャリア研究所 所長。伊藤忠商事に入社後、1990年人事部に異動。1997年からディビジョン・カンパニー制のもと、カンパニーの人事・総務チーム長を4年経験。2000年12月キャリアカウンセラー資格(CDA)取得。2001年7月キャリアカウンセリング室創設。現在は、独立し企業内キャリアコンサルティングの普及啓発に従事。

松下 信武(まつした のぶたけ)
ゾム代表取締役。1944年、大阪府生まれ。京都大学経済学部卒。日本電産サンキョー・スケート部メンタルコーチ。日本オリンピック委員会強化スタッフ。専門は情動心理学。得意分野はエグゼクティブコーチングとアスリートのメンタルコーチングなど。著書は『「凡人が一流になる「ねたみ力」』『メンタリング・ハンドブック』(共著)ほか。

概要

日時:10月26日(水) 19:00-21:30 (18:30 開場)  

場所:東京都品川区西五反田1-11-1 アイオス五反田駅前ビル 3Fセミナールーム

アクセス:JR五反田駅より徒歩3分

会費:2,000円

主催:一般社団法人 組織内サイレントマイノリティ
共催:インクルージョン・ジャパン株式会社

申込方法:本ページの「チケットを申し込む」より参加登録へお進みください

※定員になり次第、締切とさせていただきます

■FAQ

Q:当日は飲食などの用意はありますか?

A:食事等のご用意は、ありません。夕食時間と重なる開催ですので、事前にお済ませいただくなどお願い致します。


■「 一般社団法人組織内サイレントマイノリティ 」について

組織内サイレントマイノリティとは日本企業において「何らかの理由」により仕事で力が発揮できなくなり、尊厳を失い、不安感や疎外感を抱え、声を上げられなくなった働く人たちのことを言います。

「何らかの理由」とは「いつまでも」「どこにでも」「なんでも」といった3つの労働条件を満たせ、『会社の思い通りに働ける人』です。いわゆる日本企業では正社員(無限定)と呼ばれています。「会社の思い通りに働いてくれた」恩賞として役職が与えられ、定年までの安泰が得られるといったシステムが成り立っていました。しかし、様々な制約や加齢、使いにくいことを理由に『会社の思い通りに働ける』ことができないという烙印を押された人が企業内で生まれてきました。

企業において重要な仕事(判断業務・意思決定業務)は役職者に、成長実感できるような仕事は若手有望者に、烙印を押された人たちは、極端ですがその他業務が割り当てられ、仕事に対してやらされ感や疎外感を持つようになります。そして将来へ不安を抱き、企業において声を上げられない状態に陥ります。こうして組織内サイレントマイノリティが生まれていきます。

マジョリティ化する組織内サイレントマイノリティの本音や実態を社会へ発信することにより、様々な方々が自身の行動を省みて、考え方や行動のマインドセットと働く人同士がモチベーションを高め合い、イキイキ働ける社会を実現していきます。

Event Timeline
Updates
  • タイトル は キャリア不安を乗り越える発想の変え方と支援の在り方 に変更されました。 Diff 2016-10-26 09:41:49
More updates
Wed Oct 26, 2016
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京都品川区西五反田1-11-1 アイオス五反田駅前ビル 3Fセミナールーム
Tickets
一般 ¥2,000

On sale until Oct 24, 2016, 11:50:00 PM

Venue Address
東京都品川区西五反田1-11-1 Japan
Organizer
職場での働き方研究会
244 Followers