無料:稼ぐ農業ビジネスを学ぶ。お試し就農支援付き

Description

農業ビジネス従事者から直接学ぶ!

キックオフイベントには総勢100名が集結

第二ふるさと大学の農業ビジネス講座のキックオフイベントが9月4日に開催されました!
農業ビジネスや移住定住に興味関心が高い方々、総勢100名以上が集結しました!

引き続き講座参加者を募集中です!


イベントレポート



農家から農業ビジネスを学ぶ

講座のテーマは、「食」と「農」ビジネス

農家から農業ビジネスについて直接学びます

また講座と農業体験を通じて、農業の魅力を発見する事もできます。

そしていつの日か、第二のふるさとの地方に、
旗をたてに訪問してください。

その時には、たくさんの笑顔が迎えてくれるはずです。




こんな方に、おすすめの講座です!


・地域ビジネスを学びたい!
・地域で働くことに興味関心がある
・農業や食ビジネスの現場の声を聞きたい
・農業に興味関心がある
・宮崎県に興味関心がある
・新規就農者として地方への移住を検討中の方

参加していただいた皆様には、給料をもらいながら農業を学べるお試し就農支援についてご紹介させていただきます!また講座参加者限定でのイベントなども開催したします。


スケジュール


===============================

宮崎県の特産品などの試食イベント付き!

11月30日(水)「農産物を都心部へ販路開拓」

20時〜21時30分

黒木信吾

宮崎大宮高校卒、明治大学理工学部物理学科卒。
Webエンジニアとして社会人をスタートするも
ITだけに頼る事業のあり方に疑問を持ち、「ITを利用するが、現実体験に還元する」をモットーに
2014年株式会社KOMPEITOに参画。
現在、キユーピー株式会社および朝日新聞社との事業提携、史上初の全農からの資本提携を行い
地方の農業活性と、都心のオフィス活性化を目的とした野菜を配達する事業「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」を展開。
都内を中心に300社に導入。

===============================

宮崎県の特産品などの試食イベント付き!

12月4日(日)「魅せる農業に活きる!伝わる言葉」*試食イベント付き!

14時〜17時

野菜ジャーナリスト 篠原久仁子 プロフィール

大学卒業後、大手番組制作会社で、報道・ドキュメンタリー番組の企画・演出を手がける。野菜ソムリエ資格取得後の2009年、人と地域を野菜果物にまつわる情報でつなぐ日本初の「野菜ジャーナリスト」として独立。全国の産地を取材し、メディア出演、執筆、講演などを通して「美味しい」情報発信をしている。食の切り口から地域の魅力を伝えるイベントの企画・出演も多数。「野菜の便利帳~伝統野菜・全国名物マップ」執筆。
東京を軸に全国を取材しながら、野菜に魅せられるきっかけとなった信州の古民家で執筆や畑しごとをするデュアルライフを送っている。

食生活ジャーナリストの会 会員

日本野菜ソムリエ協会 ジュニア野菜ソムリエ講座講師

日本脚本家連盟スクール放送作家クラス講師


===============================

12月7日(水)「農家の収益力向上計画」

20時〜21時30分

郡 康貴

宮崎県の国富町の郡ファーム代表。パクチーなどの農産物や露地栽培を行う。その他レストラン経営をも行い生産者と消費者をつなぐ活動も行っている。


===============================

12月14日(水)「食の安全安心への追求」

20時〜21時30分

尾形俊司

生肉の加工販売などを行う岡崎牧場の尾形俊司企画推進部長。 牛が食べる草や野菜、店舗で提供される野菜など、飲食ビジネスを行うプロフェッショナルの視点から、農業を語る




【水曜日の講座のスケジュール】
19:30
開場

20:00
イベントスタート

21:30
名刺交換・交流会

22:00
完全撤収




【土曜日及びフィールドワークのスケジュール】
13:30
開場

14:00
第1部の講座スタート

14:45
パネルディスカッション

15:15
休憩

15:30
第2部のワークショップスタート

16:15
名刺交換・交流会

17:00
完全撤収


最後に、想い

宮崎県のオールスターといっても過言ではない、講師をあつめました

第二ふるさと大学は、講師と受講生という一方向の講座ではありません。

講師として登壇する人達の活動を知り、好きになって、応援する。そんな

交流を深める

事を最重要視した講座です。

この講座をつうじて、たくさんの人に宮崎県を好きになってもらいたいと思っております。

皆様どうぞ宜しくお願いします


第二ふるさと大学実行委員


主催:宮崎県

企画・運営:第二ふるさと大学(代表:齋藤潤一)


*ネットワーキングや営業を目的にした参加はお断りしております。

*満席の場合、多くの講座に参加できる方を優先的に案内させていただきます。

*内容と日程の変更及び2017年の予定は講義中に都度連絡させていただきます。

*個人情報は事務局で、厳重に管理いたします。







終了しました

9月14日(水)「年商3億円の直売所の現場から」*終了しました。

20時〜21時30分

直売所店長 梶山剛

1977年生まれの38歳、岩手県出身。地元で高校までをすごし、卒業と同時に東京文化服装学院スタイリスト科に入学。在学中に、DJの道へ進み文化服装学院を中退。23まで都内でフリーターで生活を支えながら、師匠につきながらDJのセンスを学ぶ。結婚を期に妻の地元の宮崎県綾町へ移住する。

2012年9月綾手づくりほんものセンターの店長として着任。現在に至る。

===============================

9月21日(水)「Uターンして有機農業をはじめた理由」

20時〜21時30分

北野将英氏
親の農業の素晴らしさに気づき、Uターンして就農。「1次産業という基盤がしっかりしていてこそ、その先の2次、3次が生きてくる」という明確な考えを持っている。根本的に皆がハッピーであり続ける、出口が見える 事業としての農業のシステム化を模索中。


===============================

10月1日(土)「農業体験」

発祥は戦国時代!歴史ある農園で収穫体験


三鷹市に拠点を構える「三鷹オーガニック農園」さんにて体験農業を開催します。


■特徴

・化学的な農薬や肥料、動物性堆肥を完全に使わない、無農薬・有機栽培及び自然農法栽培を行っていること。

・伝統野菜の種や、欧州のオーガニックシードを使用していること。

・東京都内でも珍しい品種や、栽培方法を実行されていること。


今回ご案内していただくのは、農園を経営しながら、就農支援や有機農業講座などを行われている金子さんです。


収穫体験をしながら、東京の農業の現状についても学びます。


■詳細情報

・開催時間:

11時〜14時(予定)


・集合場所:

「三鷹オーガニック農園」さんに直接集合してください。

住所:三鷹市上連雀9-16(第1農園~第4農園)


※アクセス

(中央線)吉祥寺駅、三鷹駅、武蔵境駅、(京王線)調布駅からバス(小田急)が出ています。


バスのルートについて

(1)吉祥寺駅からは、(吉06)調布駅北口行き、(吉07)よみうりランド行き(休日のみ)、(吉01)武蔵境駅南口行き(大沢西野経由)、「医師会館」下車。


(2)三鷹駅南口からは、朝日町行き、朝日町3丁目行き、車返団地行き、「医師会館」下車。


(3)武蔵境駅南口からは、(吉01)吉祥寺駅行き、(境92)吉祥寺駅中央口行き、「野崎」下車。調布駅からは、(吉06)吉祥寺駅行き、「野崎」下車。


停留所からの行き方

(1)「医師会館」で下車された方は、バス進行方向に進み、さぬき麺機株式会社の敷地内を直進し、行き着いた先が農園入り口です。


(2)「野崎」で下車された方は、バス進行方向に進みながら、さぬき麺機株式会社の敷地内を直進し、行き着いた先が農園入り口です。

===============================


10月19日(水)「地域の特産品を販路開拓する方法について」

20時〜21時30分

黒木洋人

宮崎県日向市にUターン移住し、ミニトマト(施設)、へべす(露地)スッキー二(露地)などを行う。


家業の農業を継ぐため、農業の専門学校へ。二年間の学生生活の中に季節の移り変わりとともに旬の野菜を自分たちの手で栽培し収穫し食べる。


「こんなに美味しいものを自分の手で作りだせることができるんだと感動」

そしてこの感動を誰かに伝えたいと思い、農業にのめり込む


現在は、カフェ運営も行い、「へべす」の販路開拓など、様々な事業に挑戦し、失敗や改善を繰り返しながら農業の魅力を伝えている。


===============================


宮崎県の特産品などの試食イベント付き!

11月5日(土)「食と地域の情報発信」

14時〜17時 

NPO法人高千穂アカデミー

神楽で有名な高千穂町のワケモンで組織するNPO法人。「この地域で暮らす人を増やす」をビジョンに活動中。2016年秋に「高千穂郷食べる通信」を創刊。過疎地の起業家育成プロジェクト「宮崎ワケモン会議」も主催 http://takachiho.in/


今回のゲストは、世界農業遺産に選定された宮崎県の高千穂郷・椎葉山地域から!

高千穂郷・椎葉山地域は、九州山脈の中心に位置します。

自治体は、高千穂町、五ヶ瀬町、日之影町、諸塚村、椎葉村で、5町村にまたがる山間の地域です。

昨年度末に国連の機関から「世界農業遺産」の認定を受けた場所。

中には年間150万人が訪れる高千穂峡、日本最南端のスキー場、村まるごとSFC認証を受けている村など、観光資源も豊富です!


今回は、今、農業業界でもっと熱い場所から、東京銀座にゲスト3名に来ていただきます!



===============================


11月16日(水)「移住して新規就農した体験談」
20時〜21時30分

藤原 光生

熊本県出身の藤原光生さんは、綾町へ就農し独立して間もない生産者。農薬や除草剤を使用しない栽培方法にこだわっており、土を育てるために、牛糞堆肥や米ぬか、そして町内のお豆腐屋さんから回収したオカラを混ぜて手づくりした自然発酵肥料を畑に撒いています。(JR九州Webサイトより


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-11-29 02:42:21
More updates
Sep 14 - Dec 14, 2016
[ Wed ] - [ Wed ]
8:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
銀座ファーマーズラボ
Tickets
全講座及びフィールドワーク申し込み
9月14日(水)「年商3億円の直売所の現場から」
9月21日(水)「Uターンして有機農業をはじめた理由」
10月1日(土)農業体験 *都内を予定 FULL
10月19日(水)「地域の特産品を販路開拓する方法」
11月5日(土)「食と地域の情報発信」
11月16日(水)「移住して新規就農した体験談」
11月30日(水)「農産物を都心部へ販路開拓」
12月4日(日)「魅せる農業に活きる言葉」
12月7日(水)「農家の収益力向上計画」
12月14日(水)「食の安全安心の追求」

On sale until Dec 14, 2016, 8:00:00 PM

Venue Address
東京都千代田区有楽町2丁目10−1 Japan
Directions
アクセス JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」京橋口・中央口より徒歩1分 地下鉄有楽町線「有楽町駅」D8出口「銀座一丁目駅」2出口より徒歩1分 地下鉄丸ノ内線・銀座線・日比谷線「銀座駅」C9出口より徒歩3分 地下鉄千代田線「日比谷駅」D8出口より徒歩8分 都営三田線「日比谷駅」D8出口より徒歩5分
Organizer
MACHI LOG by まちづくりGIFT
4,211 Followers