Event is FINISHED

ジオメディアサミット名古屋2016〜ジオメディアと防災・減災〜

Description

ジオメディアサミット(GMS)とは、2008年に有志にて始まった、ジオメディア業界(位置情報・地図情報)を盛り上げるという目的の為、オープン、中立、交流重視というモットーを掲げ開催している日本最大の位置情報フリーカンファレンスです。


昨年に引き続き、今年も名古屋にて開催します。
今年は、中京圏減災研究の最先端である「名古屋大学減災連携研究センター」が開催会場です。
 http://www.gensai.nagoya-u.ac.jp/

普段は一般的には使用できない特別な施設で、当日お早めにお越しいただければ
地震メカニズムの紹介や、家庭防災グッズ・備蓄品の展示などがあり、
シミュレーター(BiCURI)にて、熊本地震・南海トラフ地震などの揺れの再現も
体験できるそうです。
これを機に、今一度、防災・減災について、考える良い機会となればと考えております。

どの方も参加できますので、お気軽にお申し込み下さい。
なお、お席には限りがあり、開催日直前に多数申し込みが予想されます。
お早めにお申し込みをお願いします。
※イベントページを集約したため、チケット枚数を見直しています。
※お席は自由ですが、先着順となります。お席が足りない場合、
立ち見となる可能性がございます。ご了承下さい。
なお、会場前席は登壇者席となっております。


懇親会も開催します
本山駅周辺で、別途当日ご連絡させていただきます。
→会場は「うおごころ」となります。参加者は受付時に参加費を徴収させていただきます。
http://r.gnavi.co.jp/sm03hghe0000/map/


ジオメディアサミット名古屋2016 〜ジオメディアと防災・減災〜
 主催:ジオメディアサミット名古屋 運営有志一同
 後援:Code for Nagoya、位置情報サービス研究機構


今回のテーマは「ジオメディアと防災・減災」

近年、異常気象による災害が増加し、
東海地方も直撃する大規模地震の発生なども予測されるなか、
災害への備えを新たなレベルで高度化することが問われています。
今回のジオメディアサミットでは、そうした課題解決に向けて
取り組んでいる事例をご紹介したいと考えております。

※講演者都合により内容が変更になる場合があります。

また今回は特別にグラフィックレコーディングを実施します。
 グラフィックレコーダー 松井 大様

グラレコとは、会議での議論やカンファレンスの流れを視覚化し、
参加者へ共有する手法です。
参加者の思考発話内容をリアルタイムで
視覚的にわかりやすく伝えることができるので、
アイディア創発の場や、
会議での合意形成を促します。
こちらもどうぞご期待下さい。


【当日のスケジュール】

・18:00−18:25 開場・受付


18:25−18:30 はじめに
 GMS名古屋代表 伊藤 永


・18:30−18:35 開会挨拶
 名古屋大学 教授、位置情報サービス研究機構(Lisra)代表理事 河口信夫様


・18:35−18:55 講演1:「広域災害における被災者支援をめぐる課題について
 名古屋大学減災連携研究センター 特任准教授 阪本真由美様

 http://www.gensai.nagoya-u.ac.jp/?p=45


・19:00−19:20 講演2:「(仮)防災タウンページの取り組みについて」
 NTTタウンページ 東京23区版 編集長 今宮智未様


・19:25−19:45 講演3:「河川系防災情報の配信 ~オープンデータの利活用について」
 アジア航測 空間データ解析センター 地理情報課 服部たえ子様

 

・19:45−19:55 休憩


(ライトニングトーク)
ジオメディアサミット名物、ライトニングトーク大会です。
1人5分のプレゼンで、位置にちょっとでも関係していれば内容は
サービス紹介・研究発表・世の中を変えてやる宣言何でもOKです。


・19:55−20:00 LT1:「ブラトヨハシとブラタハラ」
 Code for Mikawa 木村博司様


・20:00−20:05 LT2:「PM2.5と黄砂と花粉を地図で」
 迷子ラボ  岩澤直樹様
 Twitter ボット「気象マップbot」をご紹介いたします。
http://maigolab.hatenablog.com/archive/category/%E6%B0%97%E8%B1%A1%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97bot


・20:10−20:15 LT3:「崩壊地名APIを使ってみた」
 LivLog.LCC 青島英和様


・20:15−20:20 LT4:「過去の空間情報の活用―三河地震を事例として―
 ナカシャクリエイテブ株式会社
 (名古屋大学減災連携研究センター受託研究員) 中井春香様


・20:25−20:30 LT5:「平成28年度熊本地震 Yahoo!地図の取り組み」
 ヤフー株式会社メディアカンパニー 生活メディア事業本部 堤 浩一朗様


・20:30−20:35 LT5:「リアルタイム浸水予測に向けた時空間補正」
 名古屋大学 特任助教 未来社会創造機構 廣井 慧様


・20:40−20:45 総評、閉会挨拶
 名古屋大学 教授、位置情報サービス研究機構(Lisra)代表理事 河口信夫様
 http://lisra.jp/

 最後は集合写真!


・21:00- 懇親会(うおごころ)
参加者は受付時に参加費を徴収させていただきます。
http://r.gnavi.co.jp/sm03hghe0000/map/


ハッシュタグ:#gms_2016
公式Twitterアカウント:@geomediasummit


注意事項

・会場内、および、館内は、飲食禁止、禁煙となります。
・会場内にWi-Fi環境がありませんので、ご了承下さい。
・自動車の駐車場はありません。公共交通機関をご利用下さい。

登壇者の方々へ
・プロジェクターでの表示が可能です。VGA、HDMIでの接続が可能です。
・当日、開演前、休憩時間にてPC接続等を事前確認お願い致します。


その他お問い合わせは、
ジオメディアサミット名古屋代表:伊藤(itohisa0708@gmail.com) まで御連絡ください。

(その他)
ご参考までに、東京方面、大阪方面終電をご案内しておきます。詳細は各社HPをご確認下さい。
<東京方面> 名古屋大学駅 21:28→21:30 本山駅 21:34→21:50 名古屋駅 22:12→23:45 東京駅
<大阪方面> 名古屋大学駅 22:18→22:20 本山駅 22:26→22:42 名古屋駅 22:58→23:45 新大阪駅


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-10-21 05:26:15
More updates
Fri Oct 21, 2016
6:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
セミナー参加(無料)
Venue Address
愛知県名古屋市千種区不老町 Japan
Directions
地下鉄名古屋大学駅 2出入口より北へ5分
Organizer
Code for Nagoya
133 Followers