Event is FINISHED

映画「Given」10.15 上映会

Description

Given「 ギブン」上映会のご案内

愛する家族の病気や死.......  思いもよらなかった「現実」と向き合う3つの家族。
どん底に突き落とされてもふと気が付くこと。それは?
明日への勇気をもらえる「ギブン」は、3人の障害をもつこどもとその家族の日常を追ったドキュメンタリー。あなたの探していたものが見つかるかもしれません。


日時:10 月15 日(土)13:30 ‒ 16:30 ( 開場12:30 )

13:30 -15:00  映画「Given」上映
 ( 休憩 )
15:30 -16:30  トークイベント

主催:映画「Given」10.15 上映委員会
会場:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 3F
   東京都 千代田区 西神田3-5-2 千代田ファーストビル西館 3F
募集人員:200 名(申し込み先着順)
    人工呼吸器装着の方もぜひお越しください。(ご希望の方は別室での鑑賞も可能です)
参加費用:大人1,000 円 ( 介護が必要な方は、介護者おふたりまで無料)
     学生(大学、高校、中学)500円
     小学生以下 無料


お問合わせinfogiven1015@gmail.com まで


①映画「Given (ギブン)」上映  -いま、ここ、にある しあわせ-

13:30 -15:00

一人一人の幸せは、それぞれが求めるものです。

幸せをみんな平等に受け取れる社会づくりも必要です。

難病の子供を持つ家族は何を語ってくれるのでしょうか?



②トークイベント 「多様性」を受け入れる社会に必要なことは?
15:30 - 16:30

今、性、年齢、民族性、身体障害の有無などあらゆる多様性を尊重する社会づくりが求められています。私たちはどのように考え行動すべきなのでしょうか? 映画Given」の監督、高橋夏子氏、りべるたす株式会社 代表取締役、伊藤佳世子氏、独立行政法人国立病院機構八戸病院小児科医長 河原仁志氏により、難病ケアのこと、多様性を受け入れる環境づくりについて語ります。

高橋夏子氏

藤沢ケーブルテレビ、フジテレビにて医療番組チーフディレクターを経て映画監督、フリーディレクターとして活躍。『検証ニッポンの医療』がグッドデザイン賞新領域デザイン部門にて受賞。食品ロスに関する特集『もったいないお化けはどこへ行った?』などが好評を博す。医療現場の取材を中心に、環境、教育などの特集を担当。 NHKの番組、NPOや企業等の映像制作も手がける。

伊藤佳世子氏

千葉県千葉市在住。法律事務所勤務後、国立病院機構の介護職員として勤務。2008年りべるたす株式会社設立、代表取締役(在宅障害福祉サービス事業所管理者)、4月から社会福祉法人りべるたす理事長、介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士、相談支援専門員。千葉大学大学院人文社会科学研究科博士前期課程修了,第47NHK障害福祉賞第2部門(障害のある人とともに歩んでいる人)優秀賞受賞。 「りべるたす」ホームページはこちらから http://www.libertas-mail.jp/

河原仁志氏

国立病院機構八戸病院小児科医長・臨床研究部長 1982年から小児科医師(小児神経専門)。小児神経疾患一般を診療、特に筋ジストロフィー患児・者、重症心身障害児・者、各種難病患児・者を診てきた。患者の芸術活動へのサポートも行い、ミュージシャン、作家などとも親交がある。摂食嚥下障害にも取り組み、レントゲンを使わない嚥下機能測定器の開発をしている。小児科学会専門医、小児神経学会専門医、摂食嚥下リハビリテーション学会評議員 著作多数

























































Event Timeline
Sat Oct 15, 2016
1:30 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
Tickets
大人 ¥1,000
学生(大学、高校、中学) ¥500
小学生以下
Venue Address
東京都千代田区西神田3丁目5番2号千代田ファーストビル西館 Japan
Directions
JR総武線 水道橋駅 西口 徒歩4分
地下鉄 神保町駅 A2出口 徒歩3分
地下鉄 九段下駅 5・7出口 徒歩4分
Organizer
映画「Given」10.15上映委員会
26 Followers