Event is FINISHED

Bean to Bar Summit 2016《クラフトチョコレートムーブメントを語る》

Description
クラフトムーブメントの流れを受けてアメリカで始まった”Bean to Bar”。日本でも2014年ごろから増え始め、今では30を超えるクラフトチョコレートメーカーがあります。
Bean to Barとは、豆の選別・焙煎・摩砕・調合・成形まで全て手作業で行う、チョコレートの新しいジャンルです。製法や豆にこだわって作られ、ワインやコーヒーと同じように育った土地(原産国)やその年の気候、作り手が違えば、味も香りも違ってきます。
カカオ豆からチョコレートをつくる新たな動きに携わる関係者が集まり、アメリカで、ヨーロッパで、アジアで、そして日本で盛り上がりをみせる”Bean to Bar”について熱く語っていただきます。

日時2016年9月4日(日)18:00-20:00(開場 17:00)

会場ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前

参加費3000円(税別) フリードリンク1杯、DCソーシングレポート付

《内容》
Part 1: 18:00-18:30
基調講演

Part 2: 18:30-20:00
パネルディスカッショ
US、ヨーロッパ、アジア、日本からのBean to Bar関係者によるトークセッション
 1) "Bean to Bar"とは?
 · US発祥のクラフトムーブメントとしてのBean to Bar
 · Bean to Barにおける挑戦
 · Bean to Bar業界の歴史とトレンド
 2) ソーシング
  · カカオビジネスのこれまで/これから
  · ファインカカオとは?
  · エコ/ソーシャルビジネスとしてのソーシング
 3) カカオ豆とチョコレートの品質管理
  · 上質なカカオ豆の評価方法
  · Bean to Barチョコレートの品質管理/維持
  · カカオ豆の選別のデモンストレーション

【モデレーター】
宇田川裕喜(コンセプトデザイナー / 株式会社バウム 代表取締役)

【基調講演スピーカー】
Samuel Maruta(Marou / ベトナム)

【パネリスト】
 Dylan Butterbaugh(Manoa Chocolate / ハワイ)
 Lorenzo Datei(Packint / イタリア
 生田渉(株式会社 立花商店 / 日本)
 Samuel Maruta(Marou / ベトナム)
 山下貴嗣Minimal -Bean to Bar Chocolate- / 日本)
 Greg D'alesandre(Dandelion Chocolate / US)

*内容・パネリスト共に変更する可能性がございます。予めご了承ください。

《お問い合わせ》
e-mail:event@dandelionchocolate.jp
Tel:03-5833-7271

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-08-31 05:12:38
More updates
Sun Sep 4, 2016
6:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前
Tickets
参加費 ¥3,240

On sale until Sep 3, 2016, 11:59:00 PM

Venue Address
東京台東区蔵前4-14-6 Japan
Organizer
ダンデライオン・チョコレート
1,020 Followers